バンクーバー空港で食事なら「Pajo’s」のフィッシュ&チップス

バンクーバー国際空港は、食事ができるいいお店が意外とありません。

ちょっとしたフードコートやレストランはあるのもも、これぞバンクーバー名物みたいなお店はすくない。

今回は、バンクーバー名物のフィッシュ&チップスが食べられる「Pajo’s」を紹介します。

目次

バンクーバーの名物グルメ フィッシュ&チップス

「Pajo’s」は、バンクーバー名物グルメ、フィッシュ&チップスが評判のお店です。

バンクーバー周辺に4店舗構える人気店で、1985年にスティーブストンという小さな漁村にオープンしたのがはじまり。

もともとイギリスの植民地だったカナダでは、フィッシュ&チップスがよく食べられています。

余談ですが、スティーブストンには戦前カナダ最大の日系人コミュニティがありました。

あわせて読みたい
日系カナダ人の街「スティーブストン」をたずねて
日系カナダ人の街「スティーブストン」をたずねてバンクーバー南西の街、スティーブストン (Steveston)。ホエールウォッチングや缶詰工場が有名な小さな漁村ですが、かつてここにカナダ最大の日系人コミュニティがあ...

バンクーバー国際空港3階にある「Pajo’s」

地元バンクーバーでも評判の「Pajo’s」、バンクーバー国際空港にも店舗があります。

場所は3階国内線エリアにあるフードコード、横には「ウェンディーズ」と「freshii」が入っています。

「Pajo’s」のメニュー

「Pajo’s」では、3種類のフィッシュ&チップスが用意されています。

  • Pacific Wild Cod & Fries(タラ)
  • Pacific Wild Salmon & Fries(サケ
  • Alaskan Wild Halibut & Fries(オヒョウ)

値段は11.00ドル〜19.00ドルと決して安くはありません。お店のホームページからもメニューを確認できます。

タラのフィッシュ&チップス

注文したのは、一番安いタラのフィッシュ&チップス。さくさくでとても軽やかな。タラの身もやわらかく新鮮です。

素材の味を生かした薄味で、ケチャップをつけるとちょうどいいと思います。

フライドポテトもついてきて、すこし重めではありますが、空港で気軽に食べられるバンクーバー名物です。

まとめ

ということで、バンクーバー名物のフィッシュ&チップスが食べられる「Pajo’s」を紹介しました。

値段は高めですが、地元バンクーバーでも評判のフィッシュ&チップスが食べられます。

一応カナダ名物の1つなので、話のネタとしても食べてみるのもいいでしょう。

あわせて読みたい
【バンクーバー】チャイナタウンの治安を写真で紹介
【バンクーバー】チャイナタウンの治安を写真で紹介バンクーバーのチャイナタウンは、観光スポットとして知られる一方、治安の悪さで有名です。ホームレスと薬物中毒者が集まる悪名高いヘイスティングスストリートと接し...

この記事を書いた人

1990年生まれ | 編プロ→ポスプロ→VFXデザイナー→カナダワーホリ→セブ島IT留学→マニラ現地採用 | TOEIC875 | フィリピン生活・英語学習・日々の暮らしについて書いています。

目次
閉じる