バンクーバー空港で食事なら「Pajo’s」がおすすめ

バンクーバー国際空港は、意外といい感じのお店がありません。

ちょっとしたフードコートやレストランはあるんですが、これぞバンクーバー名物みたいなお店がなく。

と思っていたんですが、バンクーバー名物のフィッシュ&チップスを食べられるお店がありました。

地元でも人気のローカル店「Pajo’s」です。

バンクーバーでは有名な「Pajo’s」

フィッシュ&チップスが評判の「Pajo’s」。

1985年にバンクーバーの南、スティーブストンという小さな漁村にオープンしたのがはじまり。

現在ではバンクーバー周辺に4店舗構える人気店です。

もともとイギリスの植民地だった影響で、フィッシュ&チップスはカナダを代表するグルメの一つなんです。

ちなみに、スティーブストンには戦前カナダ最大の日系人コミュニティがありました。

日系カナダ人の街「スティーブストン」をたずねて バンクーバー南西の街、スティーブストン (Steveston)。 ホエールウォッチングや缶詰工場が有名な小さな漁村です...

バンクーバー国際空港3階にある「Pajo’s」

横には「ウェンディーズ」と「freshii」が入っていて、国内線側にある小さめのフードコード(サブウェイやスターバックスがある)ではありません。

「Pajo’s」のメニュー

カナダのフィッシュ&チップスは魚の種類を選べるのが普通で、「Pajo’s」でも3種類用意されています。

  • Pacific Wild Cod & Fries(タラ)
  • Pacific Wild Salmon & Fries(サケ
  • Alaskan Wild Halibut & Fries(オヒョウ)

下にいくにつれ値段が高くなり、$11.00〜$19.00からと決して安くはありません。

詳しく知りたい人は、お店のホームページからメニューを確認できます。

タラのフィッシュ&チップス

注文したのは、一番安いタラのフィッシュ&チップスです。

衣がさくさくでとても軽やか。タラの身もやわらかく新鮮です。

素材の味を生かした薄味なので、ケチャップをつけるとちょうどいいと思います。

ポテトもついてきて長旅に疲れた胃には向いてませんが、空港で気軽に食べられるバンクーバー名物です。

まとめ

バンクーバー空港で食事をするなら「Pajo’s」がおすすめです。

値段は高めですが、地元でも人気のフィッシュ&チップスが食べられます。

一応カナダ名物なので、話のネタとしても食べてみるのもいいでしょう。

【バンクーバー】チャイナタウンの治安を写真で紹介バンクーバーのチャイナタウンは、観光スポットとして知られる一方、治安の悪さで有名です。 ホームレスと薬物中毒者が集まる悪名高いヘイ...
ABOUT ME
宮本鉄馬
宮本鉄馬
アラサー。マイペース。人見知り。編集プロダクション→ポストプロダクション→映像デザイン会社→ワーホリでカナダ、現地就職に失敗→セブ島でIT留学、プログラマーを断念→フィリピンで働く。何気ない日々のことを書いています。