フィリピン人がサー、マムと言う理由

フィリピンは英語が公用語なので、多かれ少なかれみんな英語を話すことができる。

お店でも基本的に英語が通じないことはない。

ただ、北米と少し違うのが、フィリピンはよく“Sir”(サー)”Ma’am”(マァム)をよく使うこと。

目次

フィリピンで日常的に使われる”Sir”と”Ma’am”

フィリピンで生活していると、毎日のように “Sir”(サー)と”Ma’am”(マァム)を耳にする。

街を歩いていて “Excuse me sir!”と呼びかけられたり、これが女性だと “Excuse me ma’am!”になる。

お店で買い物すると、”Thank you sir”と店員に言われたり、毎日どこかしらでこの2つの敬称を耳にする。

北米では日常的に使われない

ただ、アメリカやカナダだと、”Thank you sir”とは日常生活ではあまり使われない。

ホテルやレストランなど利用者に敬意を表すために “Sir”が使われたりするが、あまり一般的ではない。

フィリピン人はなぜ”Sir”と”Ma’am”を使うのか

どうしてフィリピン人は頻繁に、”Sir”と”Ma’am”を使うのか。

それはフィリピンには年上の人を敬うという文化があるから。

タガログ語には、kuya(クーヤ)、ate(アテ)、po(ポ)と言った敬称が存在し、フィリピン人は小さい頃から年上の人に敬意を払うよう教育される。

なのでフィリピン人が英語を話すとき、タガログ語の敬称を英語にしたのが、”Sir”や”Ma’am”というわけ。

上司に対しても”Sir”や”Mr”を使う

職場でも部下は上司に対して”Sir”を使う。もしくは、名前の前に”Mr”をつける。

これはフィリピン人なりに、上司に対して敬意を払っているのだが、”Sir”を使われることによって心理的な距離感を感じることも。

これが欧米の会社だと、よっぽどの重役でもないかぎり”Sir”や”Mr”は使われず、上司であってもファーストネームで呼ぶのが基本的。

やはりフィリピンで生活していくうえでは、文化的な背景をしっかりと理解する必要がある

あわせて読みたい
フィリピンを代表するバラココーヒーとは? 日本ではあまり知られていないが、フィリピンはコーヒーの生産国である。 古くはスペイン植民地時代から栽培されていて、最も伝統的なのが「バラココーヒー」。 タガロ...
あわせて読みたい
なぜフィリピン人は日常的に祈るのか 国民の9割以上がキリスト教徒(クリスチャン)のフィリピンでは祈りが日常生活に浸透している。 食前に祈りを捧げるのはもちろん、教会の前を通るときですら十字を切る...
あわせて読みたい
外国人をからかうフィリピン文化 フィリピンに住んでいると様々なことを経験するが、たまに「もしかしてからかわれている?」と感じるときがある。 例えばお店の前でどれを注文しようか悩んでいるときに...
目次
閉じる