バンクーバーのチャイナタウンを歩く。治安は悪い

バンクーバーのチャイナタウンは、観光スポットとして知られる一方、治安の悪さで有名です。

ホームレスと薬物中毒者が集まる悪名高いヘイスティングスストリートと接しているからです。

もちろん、治安の悪くないエリアもありますが、ヘイスティングスストリート周辺のエリアは避けるのが鉄則。

この記事では、実際にバンクーバーのチャイナタウンを観光して感じた治安について紹介します。

目次

バンクーバーのチャイナタウンの場所

バンクーバーのダウンタウン、東側一帯に広がるエリアがチャイナタウンです。

観光名所のガスタウンとは、イーストヘイスティングスストリート(East Hastings St)を境に接しています。

目抜き通りはミレニアムゲート(中華門)がある、イーストペンダーストリート(East Pender St)。

チャイナタウンの中心には、孫文中国庭園(中山公園)という観光スポットがあります。

バンクーバーのチャイナタウンの行き方

最寄駅はスカイトレインのスタジアム・チャイナタウン駅(Stadium- Chinatown Station)。

駅を出てイーストペンダーストリート(East Pender St)を東に歩けば、目の前がチャイナタウンの入り口です。

ダウンタウンの中心にあるグランビル駅(Granville Station)やウォーターフロント駅(Waterfront Station)からも歩いていけます。

20分ぐらいで着くので、観光がてら街並みを楽しみながら、グランビル駅から歩いていくのもおすすめです。

バンクーバーのチャイナタウンの治安について

一応、観光スポットとしても有名なバンクーバーのチャイナタウンですが、治安の悪さでも有名です。

もちろん、目抜き通りのイーストペンダーストリート(East Pender St)沿いであれば、そこまで治安の悪さを感じることはありません。

ただ、イーストヘイスティングスストリート(East Hastings St)だけは要注意で、昼間でも近寄らないほうがいいです。

大量のホームレスや薬物中毒者が集まる異様なエリアで、はっきり言って危険です。

ホームレスだらけのイーストヘイスティングスストリート

チャイナタウンの北側、ガスタウンとの境を東西にのびるのがイーストヘイスティングスストリート(East Hastings St)。通称〝ヘイスティングスストリート〟です。

はっきり言いますが、この通りだけは近づかないでください。

真昼間から大量のホームレスや薬物中毒者がたむろしていて、アジア人が一人で行くのは危険です。

バンクーバーのヘイスティングストリートを歩きながら撮影したYouTube動画です。

道端に大量のゴミが散乱して、大勢のホームレスの人がたむろしています。

どれだけ異常な場所か一目でわかると思います。

こちらは、ヘイスティングスストリートのバス停。道端にいるのは全員ホームレスです。

この中を外国人、特にアジア人が一人で歩くのは、昼間であれ危険。撮影なんかすると、間違いなく絡まれますよ。

カーネギーコミュニティーセンター(Carnegie Community Centre)

左側の建物がチャイナタウンの北端にあるカーネギーコミュニティーセンター(Carnegie Community Centre)です。

配給などホームレスを支援している場所で、建物の前に大勢のホームレスが集まっています。

反対側から眺めるだけなら安全ですが、むやみに前を通るのはやめましょう。

チャイナタウン側からカーネギーコミュニティーセンターをのぞむ

チャイナタウンからメインストリート(Main St)を北に行くと、あきらかにホームレスの数が増えるのがわかります。

昼間でも近寄りたくない異様な雰囲気で、不用意に立ち入らないことをおすすめします。

日本だと大阪のあいりん地区(西成)が有名ですが、ヘイスティングスストリートは段違い、緊迫感が違います。

メインストリートとヘイスティングスストリートの交差点

ビルの下に人が集まっているのが見えますが、あれも全員ホームレスの人たちです。

道いっぱいにダンボールを広げて、みんな何かを売っています。

すこし離れたところから写真を撮っていますが、カメラを構えられる雰囲気ではありません。

ヘイスティングスストリート沿いのお店は、どこも頑丈な鉄格子を設置しています。

強盗対策だと思いますが、これだけでも治安の悪さがうかがえます。

薬物中毒が深刻な問題

日本のホームレスは高齢者が多く、街を歩いていても身の危険を感じることはありません。

一方、バンクーバーのホームレスは若い上に、気の狂った人が多くて怖いです。

これは若者の深刻な薬物中毒が原因です。

街中で意味もなく叫んでいる人や、あきらかにラリっている人、目がイっている人。

バンクーバーではそんな人をたくさん見てきました。

これはチャイナタウンの中ですが、薬物中毒のような若い女性が道端でなにかしています。

バンクーバーを歩いていると、街中でドラッグを打っている人に出くわすのも珍しくありません。

夕暮れのヘイスティングスストリート

これだけの数のホームレスがいることに衝撃を受けます。

なにか危害を加えられるんじゃないかという緊張感が尋常じゃありません。

なので、ヘイスティングスストリートには絶対近づかないようにしましょう。

逆にそこさえ避ければ、昼間ならチャイナタウンの中は安全で、一人で歩いて観光できます。

バンクーバーのチャイナタウンの観光スポット

ついでに、バンクーバーのチャイナタウンの観光スポットも紹介しておきます。

といっても、そこまで大した見所はないので、あまり期待しないほうがいいでしょう。

ミレニアムゲート(Millennium Gate)

まずはチャイナタウンのランドマーク、ミレニアムゲート(Millennium Gate)と呼ばれる中華門。

目抜き通りのイーストペンダーストリート(East Pender St)にあり、チャイナタウンの入り口として機能しています。

建設されたのは2002年、チャイナタウンと中国人がバンクーバーで果たしてきた歴史を記念して建てられました。

反対側からみたミレニアムゲート。車道をまたぐように4本の柱に支えられ、門の下を車が通過します。

歩道側には獅子像が設置されていて、全体的な装飾はそこまで派手ではありませんが、遠くから見てもわかるぐらい立派です。

サム・キー・ビル(Sam Kee Building)

ミレニアムゲートのすぐ目の前にあるのが、サム・キー・ビル(Sam Kee Building)。

実はこの建物、「世界で最も薄い商業ビル」としてギネスブックに登録されています。

その幅は、1階部分が1.5mしかないそうで、ビルには「JACK CHOW INSURANCE」という保険会社が入っています。

もともとは、サム・キー・カンパニーという貿易会社があり、1913年に建てられた歴史的な建物(1980年代に改装)。

夜になるとネオンがついて、なかなか雰囲気があります。

イーストペンダーストリートに面して窓口があり、入場料(15ドル)を払うと中に入れます。

上海小路(Shanghai Alley)

このサム・キー・ビルの横に、上海小路(Shanghai Alley)という歴史的な細い路地があります。

1890年代には1000人以上の中国人がこのエリアに居住していて、中国系の映画館などもあったそう。

すぐ横には、広州小路(Canton Alley)という路地もあり、もともとこのあたりがチャイナタウンの中心でした。

観光しているときは全然知らなくて、写真を撮っていないのですが、気になる人は歩いてみてください。

西漢大銅鐘(West Han Dynasty Bell)という鐘があります。

中華文化中心(Chinese Cultural Centre)

ミレニアムゲートから歩いてすぐ、イーストペンダーストリート(East Pender St)沿いにあるのが、中華文化中心(Chinese Cultural Centre)です。

文字通り、バンクーバーにいる中国人の文化的な中心地で、その名に恥じない立派な建物です。

1階には中国系のお土産ショップなど、何軒もお店が入っています。

ただ、ウィッグ専門店など、すこし怪しい雰囲気のお店が多い。

ビルの中には、「中国系カナダ人軍事博物館」(Chinese Canadian Military Museum)があります。

第二次大戦でカナダ軍に従事した中国系兵士の記録を保存する目的で開設されました。

孫文中国庭園(Dr. Sun Yat-Sen Classical Chinese Garden)

中華文化中心(Chinese Cultural Centre)の裏にあるのが、孫文中国庭園(Dr. Sun Yat-Sen Classical Chinese Garden)。

通称、中山公園という1986年に造園された明朝スタイルの中国庭園で、チャイナタウンでも一番有名な観光スポットです。

庭園の中心には鯉が泳ぐ池があり、その向こうにはバンクーバーの高層マンションが見えます。

高層ビルと庭園という、雰囲気でいえば東京にある日本庭園に似ています。

庭園は基本的に無料ですが、一部有料部分もあります。

庭園の入り口には、名前の由来にもなった〝中国近代革命の父〟孫文(孫中山)の銅像が設置されています。

DR. Sun Yat-Senというのは孫文の英語名。

革命の資金集めのため三度、バンクーバーに滞在した孫文を記念して作られたものです。

バンクーバーのチャイナタウンを歩いて観光

ここからは、バンクーバーのチャイナタウンの街並みを写真とともに紹介します。

実際に2日間に渡り歩いた旅行記で長いので、興味のある方だけどうぞ。

はじめてチャイナタウンに足を踏み入れたのは、夕暮れどき。

ダウンタウンを歩いているとミレニアムゲートを見つけ、偶然チャイナタウンに迷いこんだという感じです。

バンクーバーのチャイナタウンが、はじめての海外にあるチャイナタウンだったのですが驚きました。

日本の中華街とまったく雰囲気が違い、一言で言うとここだけ中国でした。

お店の看板が全部中国語で、中国に行ったことがない僕でも、これが本場だと感じられる独特の雰囲気。

日本の三大中華街(横浜・神戸・長崎)と、海外(北米)にあるチャイナタウンは完全に別物だと感じた瞬間でした。

日本の中華街は日本人向けに商売をしていますが、北米、バンクーバーのチャイナタウンは現地にいる中国人のために存在しています。

移民としてバンクーバーに渡り、白人からの差別と闘ってきた歴史があります。

それは自分たちの同胞を守るために築いたコミュニティーでした。

チャイナタウンは中国語で、唐人街と表記します。日本では中華街ですが、北米のチャイナタウンでは唐人街が一般的です。

ちょうどチャイナタウンの入り口付近ですが、鉄格子が設置されています。

治安が悪いエリアに隣接しているだけあって、ものものしい雰囲気です。

ガラスなんて簡単に割られるんでしょう。そもそも閉店している店が多く、ガランとした雰囲気です。

新しい中国からの移民は、リッチモンドなど治安のいい郊外を選ぶ傾向にあります。

そのため昔からあるダウンタウンのチャイナタウンは衰退していく一方で、これはトロントやニューヨークのチャイナタウンでも同じです。

治安がよくて住環境のいい郊外にチャイナタウンが移っていくのは時代の流れです。

レンガ造りの古いお店が多いのです。こちらは「The Chinese Herbal Store」という漢方やハーブのお店。

店の反対側には、チャイナタウンの歴史を描いたミューラル(壁画)。レトロな感じがいい味出してます。

「溫哥華三聯書店」( Sino United Publishing)という、中国の書籍を取り扱う書店。

中華文化中心(Chinese Cultural Centre)のすぐ隣にあり、中国語の本しかありませんでした。

その隣には、バンクーバー・フィルム・スクール(VFS)があります。業界では有名な専門学校で、3Dアニメーションや視覚効果など本格的なCGを学べます。

バンクーバーは〝北のハリウッド〟と呼ばれていて、映画やドラマのロケ地として有名なだけでなく、世界的なプロダクションも多数あります。

メインストリートのEast Pender St は、ゆるやかな登り坂になっています。

通りの両側には、レストランをはじめたくさんのお店が並びます。道端ではおっちゃんが物乞いをしていました。

チャイナドレスのお店もあります。

雑貨屋やお土産屋もあります。

メインストリートとはいえ、ところどころ空き家があり、衰退している感は否定できません。

「Chin Wing Chun Society」という1925年に建てられた歴史あるビル。

坂を登り切ると、メインストリート(Main St)にぶつかります。

目の前には、カナダの五代銀行のひとつCIBCの支店があり、すごく立派な建物です。

このメインストリートを北に行くと、ホームレスが集まるイーストヘイスティングスストリート(East Hastings St)なので要注意です。

あきらかに雰囲気が違うので、おかしいと思ったら引き返しましょう。

ヘイスティングスストリートに近づかなければ平和です。

地元の中国人の方が買い物するようなお店がたくさんあります。

ただ、お客さんはお年寄りの方が多い印象で、チャイナタウンも高齢化がすすんでいると思います。

店先にはたくさんの食材が売られていて、独特のにおいがします。

新華中心(SUN WAH CENTRE)というレンガ造りの立派なビル。

メインストリートから一本入った、キーファーストリート(Keefer St)沿いにあります。

その横には、これまたかなり年季の入ったビルがありました。

漢方のお店です。

どの店もこんなふうにオープンに売っているのですが、案の定、鳩が飛んできてつついてました。

「まん福」っていう日本のお弁当屋さんを発見。チャイナタウンにありますが、日本人の方がやっているお弁当屋さんです。

リーズナブルでボリューミーらしく、日本の味が恋しい方はぜひ。

バンクーバーに爆誕!心震える日本のお弁当屋さん「まん福(Manpuku) 」突撃取材

中国ベーカリーのお店。売っているパンは日本のに似ていて、安いのが特徴です。

中国語(厳密には広東語)で、パン屋は餅店といいます。

もともと広東省など中国南部からの移民が多かったという歴史が関係しています。

店先には中国の赤提灯。

ジュエリーショップあります。

「成昌食品中心」(SING CHONG FOOD CENTRE)という、お肉屋さん。

店頭には、ローストダックが吊るされています。チャイナタウンではおなじみの光景です。

べつのお肉屋さんでも、やっぱりローストダックが売っています。

近くで見ると、結構生々しいです。

3月とはいえ、まだ寒かったので、みんなダウンを着て買い物をしています。

派手な黄色と赤の看板。中国っていう感じです。

一周して、「The Chinese Herbal Store」に戻ってきました。

チャイナタウンを歩いて観光するだけなら、半日もあれば十分です。

閉店していますが「Peking Lounge」というアンティーク家具屋の前で、観光ガイドの人がなにやら説明していました。

北京は英語で、Beijing といいますが、昔はPeking(ペキン )といっていたそう。

日本ではいまだにペキンと呼びますね。孫文中国庭園(中山公園)の目の前にあります。

「International Village Mall」という、チャイナタウンの入り口、ミレニアムゲートの手前にあるショッピングモールです。

モールの2階にフードコートがあって、「Giant Panda」という店の中華料理を食べました。

チャイナタウンにもレストランはあるんですが、グーグルマップの口コミで評判の店があまりなく。

バンクーバーでおいしい中華料理を食べたいなら、ダウンタウンのチャイナタウンではなく、リッチモンドに行くのが正解です。

ショッピングモールの反対側には、「大統華T&T」という台湾系のスーパーマーケットがあります。

アジア系のスーパーとしてはカナダ最大規模で、バンクーバー近郊に8店舗。中国だけでなく、韓国・日本の商品も豊富に取り揃えています。

「大統華T&T」の裏が、スカイトレインのスタジアム・チャイナタウン駅(Stadium- Chinatown Station)です。

まとめ

バンクーバーのチャイナタウンの治安や観光スポットについて紹介しました。

北米屈指の規模、100年以上の歴史を誇るチャイナタウンです。

孫文中国庭園(中山公園)などの観光スポットをはじめ、歴史的な建物が残る街並みは歩いているだけでも新鮮です。

日本の中華街にはない、欧米の中の中国を感じることができます。

ただ、治安については要注意で、ヘイスティングスストリートだけは昼間でも絶対に近づかないようにしましょう。

あわせて読みたい
バンクーバーの日本人街。ジャパンタウンと呼ばれたパウエルストリートのいま
バンクーバーの日本人街。ジャパンタウンと呼ばれたパウエルストリートのいま戦前、バンクーバーにもジャパンタウン(Japantown)という日本人街がありました。ダウンタウンの東、パウエル・ストリート(Powell St)を中心に、最盛期は8400人もの...

この記事を書いた人

気になるガジェットやモノ、サービスなどについて紹介しています。

目次
閉じる