【Udemy】After Effectsを学ぶおすすめ講座4選

After Effectsを独学で学ぶ方法としておすすめなのが、Udemyのオンライン講座。

After Effectsを学べるさまざまなコースがあり、自分のレベルと目的に合った講座を選べるのが特徴。

かれこれ仕事で5年以上After Effectsを使ってきた経験から、Udemyで学べるAfter Effectsのおすすめ講座を4つ紹介します。

目次

Udemyとは

公式サイトより

まずはじめに、Udemyの特徴について紹介します。

Udemyとは世界最大のオンライン学習プラットフォームで、プログラミングやデザイン、マーケティングなどさまざまなスキルを学ぶことができます。

After EffectsやPremiere Proをはじめとした映像クリエイター向けの講座も多数用意されていて、独学で映像スキルを身につけたい人には最適。

特徴としては、

  • 動画なのでわかりやすく学べる
  • 自分の好きな時間に学べる
  • 買い切りなので何度も視聴できる
  • レビューが豊富で安心
  • 30日間全額返金保証
  • スクールより安い

特にセールのときは80%オフなど1コース$12.99から購入でき、スクールに比べて安いのが特徴。

しかもわりと頻繁に開催されているので、安くお得にAfter Effectsを学びたい人に最適。

ということで、ここからはAfter Effectsのおすすめ講座を4つ紹介していきます。

After Effects Class 初めてでも安心!現役クリエイターが教える動画コンテンツ制作術

公式サイトより
講座名After Effects Class 初めてでも安心!現役クリエイターが教える動画コンテンツ制作術
講師OMOKAGE TV
講座時間11時間
値段$94.99(セール中は$12.99〜)
受講者数16480人(11/2020時点)

After Effectsの日本語コースで一番人気なのが、After Effects Class 初めてでも安心!現役クリエイターが教える動画コンテンツ制作術

基本的なAfter Effectsの使い方から、キーフレームアニメーション、3Dカメラアニメーション、パーティクルエフェクトまで。After Effectsを使った映像制作の基本を学べるのが特徴。

モーショングラフィックスや実写合成の基礎にも触れていて、初心者がAfter Effectsでできることのイメージをつかむのに最適な講座です。

おすすめな人
  • After Effectsの基本的な使い方を学びたい人
  • After Effectsを使った映像制作の基礎を学びたい人
  • モーショングラフィックスの基礎を学びたい人

現役クリエイターが教える!After Effects モーショングラフィックス「超」入門

公式サイトより
講座名現役クリエイターが教える!After Effects モーショングラフィックス「超」入門
講師OMOKAGE TV
講座時間6.5時間
値段$94.99(セール中は$12.99〜)
受講者数4577人の受講生(11/2020時点)

上記コースと合わせて人気なのが、現役クリエイターが教える!After Effects モーショングラフィックス「超」入門

「たった一日で動画広告で使われるフラットアニメーション技術を学ぶ」と題して、モーショングラフィックスの作り方を学べるのが特徴です。

After Effectsを使ったグラフィックデザインの作り方から、エクスプレッションを使ったアニメーション、さらにはCINEMA 4Dレンダラーを使ったiPhoneの3D表現まで。

内容も充実しているので、初心者はもちろんモーショングラフィックスを本格的に学びたい人におすすめです。

おすすめな人
  • モーショングラフィックスを作りたい人
  • After Effectsでグラフィックデザインの作り方を学びたい人
  • エクスプレッションを使ったアニメーションを学びたい人

中二病が暴発するAfter Effects CC クリエイティブチュートリアル

公式サイトより
講座名中二病が暴発するAfter Effects CC クリエイティブチュートリアル
講師(あくしょん) Murakami Yoshiyuki
講座時間16時間
値段$94.99(セール中は$12.99〜)
受講者数5912人の受講生(1/2020時点)

After Effectsの日本語コースで長らく人気なのが、中二病が暴発するAfter Effects CC クリエイティブチュートリアル

タイトルアニメーションの作り方から実写合成、Trapcodeの使い方まで。After EffectsならではのVFX(視覚効果)を学べるのが特徴。

ちなみにVFXとはテレビや映画などで使われる視覚効果のことで、派手なエフェクトから自然な合成まで、さまざまな映像効果を表します。

コースの内容もとても充実していて、After Effectsを使ったさまざまな映像表現を学ぶことができ、まさに中二病をくすぐる講座になっています。

ハリウッド映画が好きで、After Effectsで実写合成やVFX(視覚効果)の基礎を学びたい人におすすめ。

おすすめな人
  • After Effectsで実写合成やVFX(視覚効果)の基礎を学びたい人
  • After Effectsを使ったさまざまなエフェクトを学びたい人
  • Trapcodeの基本的な使い方を学びたい人(Trapcodeは有料のプラグインです)

After Effects cc : はじめてのVisualEffects!プロが教えるVFX動画制作

講座名After Effects cc : はじめてのVisualEffects!プロが教えるVFX動画制作
講師OMOKAGE TV
講座時間7時間
値段$94.99(セール中は$12.99〜)
受講者数6052人の受講生(1/2020時点)

よりVFX(視覚効果)に特化した講座として人気なのが、After Effects cc : はじめてのVisualEffects!プロが教えるVFX動画制作

マズルフラッシュ(銃の火花)の合成や、スマフォ画面の差し替え、SFチックなホログラム表現、地割れエフェクト、さらにはオーディオスペクトラムを使ったサウンドグラフィックスまで。

テレビや映画に出てくるようなVFX(視覚効果)のV基礎から応用まで、みっちり学ぶことができます。

将来的にドラマや映画などのビジュアルエフェクトの仕事がしたい人は必見の内容です。

おすすめな人
  • After Effectsで実写合成やVFX(視覚効果)を学びたい人
  • ドラマや映画などのVFX(視覚効果)の仕事に興味がある人

まとめ

ということで、UdemyのAfter Effectsのおすすめ講座を4つ紹介しました。

初心者向けから実践的なコースまであるので、自分のレベルと学びたい内容に合った講座を選ぶのがおすすめです。

あわせて読みたい
After Effects初心者におすすめの本4選。入門から脱初級まで
After Effects初心者におすすめの本4選。入門から脱初級までAdobeが販売している映像制作ソフト、Adobe After Effects。映画のようなタイトルやキャラクターアニメーション、目を引く斬新なエフェクトまで。モーショングラフィッ...
あわせて読みたい
映像制作・動画編集におすすめのペンタブ2選
映像制作・動画編集におすすめのペンタブ2選普段仕事でペンタブを使っています。動画編集や映像制作がメインで、ソフトはアフターエフェクトとプレミアプロ。今回はペンタブ選びの参考として、僕が使っているペン...
あわせて読みたい
Adobe CCを安く買うならデジハリのAdobeマスター講座がお得
Adobe CCを安く買うならデジハリのAdobeマスター講座がお得Adobe CCを安く使う方法はいくつかありますが、僕がいつも使っているのがデジハリのAdobe(アドビ)マスター講座。1年間のAdobe Creative Cloudのライセンスが39,980円...
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる