英語

海外旅行の英会話。初心者はこの本を読んでおけばOK

英語初心者だけでど、海外旅行に必要な最低限の英会話を勉強したい。

そんな人にぴったりにぴったりの本を見つけました。

『キクタン英会話【海外旅行編】』です。

『キクタン英会話【海外旅行編】』はこんな本

経緯としては、海外生活にも慣れてきて、初心にかえる気持ちでKindleで購入。

軽い気持ちで読んでみたんですが、「おぉ、これめっちゃいいじゃん!」と感動。

海外旅行のシチュエーション別に、簡単かつ使える英会話フレーズが掲載されていて、海外旅行の英会話はこれ一冊で十分だなと。

具体的には、次のようなシチュエーション別になっています。

  1. 機内
  2. 入国
  3. ホテル
  4. 移動
  5. 観光
  6. 買い物
  7. 食事
  8. 交流
  9. トラブル
  10. 出国

さらに細かく言うと、海外旅行で英語が必要な40のシーンと、372のフレーズが載っています。

しっかり入国から出国まで網羅されているので、これ一冊で海外旅行の英会話は乗り切れます。

というか、英会話力ゼロでも、これだけ持っていけばなんとかなると思いますよ。ホントに。

内容も充実していて、全部覚えなくても必要なフレーズだけ、その場に合わせて使えばOK。ちゃんとした会話形式になっているので、そのまま使えます。

特に、入国審査のやりとりとかリアルで、読むだけでイメージをつかめます。初めての海外旅行だと、審査官の質問にとまどうので、事前に読んでおくだけで全然違うと思います。

英語初心者じゃなくても使える

読んでて思ったのが、海外旅行が初めてのような初心者だけじゃなく、ある程度英会話ができる人でも復習用として使えるということ。

僕も最低限英語でコミュニケーションできるレベルですが、基本をおさらいする意味でも役に立ちましたし。

あと、一度でも海外旅行に行ったことがある人なら、「こういうシチュエーションなら、こう英語で言えばいいのね」みたいな感じで学べます。

ちなみに、Amazonオーディブルでも英語音声を聴くことができ、耳に入ってきて意外と覚えやすいですよー。もちろん、オーディブルじゃなくても、無料ダウンロードできる音声もついています。

僕が購入したのはKindle版でしたが、字も大きく読みやすい感じでした。紙の本と違って見たい箇所を探すのに若干時間はかかりますが、余計な荷物を持ちたくない人にはぴったりです。

スマフォのKindleアプリに入れておけば、かさばらないですし、一回アプリでダウンロードしておけば、Wi-Fiがなくても中身を確認できるので便利です。

『旅の指さし会話帳mini 英語』も買ってみましたが、解説とかもすくなくて、ちょっとシンプル過ぎるかなという印象。

一冊だけ持っていくとしたら、『キクタン英会話【海外旅行編】』の方が実践的で役立つと思います。

TOEIC875点獲得。僕が使った参考書3つ8年ぶりに受験したTOEICのスコアが875点でした。 意外と手応えがあったのもあり、800点を越えたのは素直にうれしいです。 ...
ABOUT ME
宮本鉄馬
宮本鉄馬
アラサー。マイペース。人見知り。編集プロダクション→ポストプロダクション→映像デザイン会社→ワーホリでカナダ、現地就職に失敗→セブ島でIT留学、プログラマーを断念→フィリピンで働く。何気ない日々のことを書いています。