トロントで大人気のシャワルマ。ケバブとの違いを解説

移民の国カナダ。その最大都市トロントは、世界中から様々な国の人たちが集まる多文化都市として知られています。

国際色豊かなトロントの街には、世界各国のレストランが軒を連ね、日本では目にすることができない珍しい料理に出会えます。

そんなトロントに来てはじめて知った料理の一つが、シャワルマ(shawarma)。

街中で名前を見たときは店名かと思いましたが、ケバブサンドに似た中東を代表する料理の一つです。

中東のドネルケバブ?シャワルマとは

L1020133_cc

シャワルマ(shawarma)とは、グリルした牛肉や鶏肉、ラム肉とトマトやレタスなどの野菜を一緒にサンドした中東の料理のこと。

ピタパンというナンのような薄いパンで具材を巻き、数種類のソースとあわせてラップサンドとして食べるのが一般的です。

日本、とくに東京でよく目にするドネルケバブのことで、お肉と一緒に野菜をサンドして食べることからケバブサンドとも呼ばれているストリートフード。

L1020139_cc

東京ではいたることろに屋台があり、日本人にもなじみ深いケバブですが、シャワルマという名前は聞いたことがありませんでした。

ドネルケバブとはトルコの呼び名らしく、トルコ人が多い日本だから広まったと考えられています。

トルコ発祥のドネルケバブですが、それが中東地域に広まってシャワルマと呼ばれ、ギリシャではギロと呼ばれるようになりました。

もともとは同じ料理ですが、それぞれの国や地域で独自の発展を遂げ、具材や味、見た目に違いがあるのが特徴です。

映画「アベンジャーズ」で話題になったシャワルマ

日本では浸透していないシャワルマですが、過去に一度映画の影響を受けて話題になりました。

2012年に公開された人気ハリウッド映画『アベンジャーズ』です。

そのエンドクレジット後に、作中のスーパーヒーローたちがテーブルを囲みシャワルマを食べるシーンが出てきます。

それを観た熱狂的なファンの間で、シャワルマという料理が一時期話題になり、海外ではシャワルマを求め店に殺到したほど。

実際のシーンは楽しい食事風景というわけではなく、気まずい空気でシャワルマを食べるスーパーヒーローたち。

だれも口をきかないのがシュールで逆に話題に。おいしいはずのシャワルマがおいしそうに見えないのが笑える。

トロントで人気ファーストフードとしてのシャワルマ

L1010564_cc

エジプトやレバント地方の中東の国々では、ポピュラーなストリートフードとして食べられているシャワルマ。

中東からの移民が多いトロントでも人気ファーストフードの一つとして定着していて、街中ではシャワルマと看板に書かれた中東料理屋がたくさんあります。

この点では、東京でも屋台で気軽に楽しめるストリートフードとして定着しているケバブサンドに似ています。

ただ、トロントでは屋台のシャワルマはほとんどなく、街中でイベントが開催されたときに見るぐらい。

もちろん、トロントでもケバブという名前は浸透していますが、こっちでケバブというとケバブサンドより、串焼き肉のケバブを指すことが多く、メニューにはシャワルマと串焼きケバブの両方がある店も多いです。

英語での発音はシュワーマ

L1050342_cc

英語でShawarmaと綴るシャワルマですが、発音はシュワーマと、ワにアクセントを置きます。

また、店によってはメニューにラップ(warp)と表記されていることもあり、チキンラップなどと注文しても通じます。

カスタマイズ自由なシャワルマ

L1010649_cc

日本のケバブサンドに似たシャワルマですが、違うのはトッピングやカスタマイズが自由なこと。

目の前のショーケースに色とりどりの具材が並べられていて、店員が客の好みをききながら、ピタパンに数種類の野菜やソースを詰め込んでいきます。

嫌いな野菜があれば抜いてもらうこともでき、サブウェイのような感覚で注文できます。

自分好みにカスタマイズするのが好きなカナダ人らしいシステムです。

野菜とソースの種類が豊富

L1020138_cc

なかの野菜は、トマト、レタス、玉ねぎ、ピクルス、キュウリ、オリーブ、ビーツなど。

日本のケバブサンドはレタスとトマトぐらいしか入っていませんが、シャワルマは野菜の種類が豊富でとてもヘルシーです。

さらに、日本のケバブサンドと違うのがソースの種類。

だいたい3種類のソースが用意されていて、フムス・ヨーグルトソース(ザジキ)・ガーリックソースなど。

これにホットソース(チリソース)をかけるかどうかもきかれます。

ピタパンにソースを塗って野菜を詰め込んだら、具材を包み込むように巻きます。

最後に鉄板で軽く焼いてできあがり。

日本のケバブと味の違いは

L1010651_cc

紙に包まれた細長い状態で渡されるシャワルマ。

日本のケバブサンドはパンが四角いですが、シャワルマは細長い筒状。具材もぎっしり詰まっていて重みがあります。

気になる味は、本当においしいです。

香ばしい肉にシャキシャキの新鮮な野菜。数種類のソースが絶妙に効いていて、ピタパンも香り豊か。

日本のケバブサンドは小さくおやつのような感覚ですが、シャワルマはボリューミーで食べ応え抜群。

やはり一番の違いはソースで、風味豊かなのが特徴です。

日本で簡単に食べられないのが残念としか言えず、トロントに来たら必食。毎日食べても飽きないおいしさです。

シャワルマプレートもある

L1050343_cc

シャワルマにはピタパンで包んだラップだけでなく、シャワルマプレートもあります。

その名の通り、お皿に具材が盛られた状態で提供され、プレートの方が値段が高いのが一般的。だいたい$10以上します。

プレートの最大のメリットは食べやすいこと。

シャワルマ ラップは手が汚れて食べにくいですが、プレートだとフォークで食べられます。

ピタパンの代わりにライスが盛られることもあり、がっつり食べられるのも特徴。

個人的にはシャワルマプレートの方がおすすめです。

使われるライスは香り高いバスマティライスが多く、ぱらぱらのお米が本当によく合います。

シャワルマのレシピ動画

最後に、YouTubeにあったシャワルマのレシピ動画を紹介。

なぜかベン・スティラーが出ていますが、とてもおいしそうで見ているだけでお腹が空いてきます。

とにかく、トロントに来たら必食のシャワルマ 。おすすめです。

「ポパイズ」ケンタッキーよりうまい?アメリカ発フライドチキンチェーン