暮らし

【注意点】トロントでシェアハウスを探すときはデポジットが大切

トロントでシェアハウスを探すときの注意点はいくつかあります。

周辺の治安の良さや、オーナーの人柄、共用スペースの清潔さなど。

どれも重要なチェック項目ですが、その前にまず、部屋探しをする上で絶対知っておきたい注意点があります。

それは、デポジットを支払ってはじめて家主との契約が成立するということ。

僕は、このデポジットの支払いを甘くみていたために、タッチの差で条件のいい部屋に住むことができませんでした。

こんな悔しい思いは誰にもしてほしくないので、あらためて言います。

部屋を内見するときは、デポッジトを持参しよう。

デポジットを支払ってはじめて契約が成立

一般的にトロントでは、家主にデポジットを支払った時点ではじめて賃貸契約が成立します。

つまり、住みたい意思を口頭で伝えても一切効力がありません。

もちろん、家主によって特別なルールや例外があるかもしれませんが、一般的に口約束は意味を持ちません。

そのため、内見に行くときはデポジットを持参しておかないと、あとから内見に来た人が先にデポジットを支払ってしまい、契約できないという事態になりかねません。

というか自分がそうなりました。

一般的にトロントの賃貸契約におけるデポジットとは、初めの月+最後の月の家賃の合計です。

平均的なシェアルームの家賃として$600なら、デポジットは$1,200となります。

もちろん、物件によって例外があるかもしれないので、事前に家主に確認するのは必須です。

ちなみに、バンクーバーではデポジットは家賃の半分の額とされていて、カナダでも地域によって違うようです。

デポジットはキャッシュが一般的

このデポジットですが、厄介なのが支払いは現金のみというオーナーが多いこと。

現地の銀行口座も持たず、仕事も見つかっていないまま、いきなりカナダドルで$1,000以上をキャッシュで用意するのは大変です。

日本から送金するにしても、クレジットカードでキャッシングするにしても、ある程度の手数料と利子が発生します。

しかも、日本円にして10万以上をキャッシュで持ち歩くのは、慣れない土地ではかなり抵抗があります。

そのため、万が一のためにも内見は友達と一緒に行くのがベストです。

ただ、ワーホリや留学でカナダに来て間もない人は、現地に親しい友人がいない場合がほとんどなので、最新の注意を払って内見するようにしましょう。

すこしでも怪しいと思ったらダッシュで逃げられるように心構えしておくなど。

条件のいい部屋はすぐ埋まる

その部屋は、トロントに来て初めて内見した部屋でした。

一番最初ということもあり、これから何軒か内見にいくつもりで期待はしていませんでした。

なので、デポジットも持参していなかったのですが、結果的にここが一番条件のいい理想の部屋でタッチの差で契約を逃しました。

内見が終わり、家主にテキストで、ここに住むという意思と明日デポジットを払いに行く旨を伝えました。

しかし、返ってきた応えは、たったいま他の人がデポジットを支払ったということ。

それから十軒近く内見しましたが、最初よりいい条件の部屋は見つからず。

ダウンタウンから東にバスで10分ぐらいの場所で、家賃は$550。

部屋はリフォームしたばかりで完璧で、建物自体も新しく、キッチン・バスルームなどの共用部分も清潔。

シェアメイトも日本人をはじめ全員アジア人で安心できる物件でした。

周辺は静かな住宅街で治安も悪くなく、オーナーは向かいの家に住んでいるので気を使わないですむ。

しかも、お金があまりないと言うと、$520にまけてくれるというサービスつき。

まさか、一発目でこんな好条件の部屋を引くとは思ってもいなかったので、それだけにかなり後悔しました。

この経験から、人気の部屋はすぐに決まってしまうということを学びました。

内見時はデポジットを忘れずに持参しよう

何度も言いますが、トロントで部屋探しをするときは、デポジットを用意しておくのを忘れずに。

条件のいい部屋はすぐに埋まってしまうので、ちょっとでも住みたいと思ったら、迷わずその場でデポジットを支払って契約を交わすぐらいがいい。

いろいろと部屋を探してみてわかったのが、なかなか自分の理想とする部屋は見つからないということ。

特にシェアハウスなどの安い部屋は、必ずどこかで妥協する必要があって、部屋がやけに狭かったり、建物がボロボロだったり、周辺の治安が悪かったりなど。

なので、少しでもいいと感じたら、その場で思い切って決めるのも大切です。

お金があって一人でダウンタウンのコンドに住めればいいですが、そんな人はごく一部です。

大多数のワーホリや留学生は、必然的に選択肢がシェアハウス・シェアルームになります。

自分の直感を信じて、思い切って決めてしまうのがトロントでの部屋探しのコツです。

ABOUT ME
KEN
KEN
映像デザイン会社を経てセブ島に留学中。英語学習やグルメ、旅、カメラなどについて幅広く書いています。詳しいプロフィール
RELATED POST