トロントでフィリピン人の募金詐欺にひっかかる

トロントでフィリピン人の募金詐欺にひっかかった。

恵まれない子どもたちを助けてくださいという写真付きのカードを持って、突然話しかけてきた青年。

東京でも同じ手口で話しかけられたことがあったが、まさかトロントでも遭遇するとは。

しかも、今回は完全に油断していたのでまんまと募金した。

フードコートで募金をお願いされる

トロントはノースヨークセンターのフードコートでランチを食べているとき。

休日ということもあり人もいて賑わっている中、突然アジア系の青年が話しかけてきた。

彼によると自分はフィリピン人で同じアジア人に助けを求めているという。

最初は、何の助けを求めているかわからなかったが、なんだか困っている雰囲気は伝わってきた。

この時点でまだ募金とは気づかず「どこから来ましたか?」ときかれ、日本と答える。

すると急に笑顔になり、簡単な日本語で挨拶をする彼。

すこし驚くも同じアジア人であること、簡単な日本語も話せるとあって気が緩む。

すると写真付きのカードを渡され、ここではじめて募金だと気づく。

雰囲気的には募金するのが当然みたいな流れで、彼の親しみやすい人柄もあり署名して募金することに。

やっぱり詐欺だと気づく

署名する欄に募金額も記入するのだが、前の人たちは$20ぐらい募金していた。

さすがに怪しいと感じはじめていたが、無下に断って空気が悪くなるのも気がひけるので$5だけに。

それを見た彼は「$10にできないか?」と交渉してきて「えっ?」と思ったが、それは無理だと断る。

募金の金額を要求する時点で、これは詐欺だと確信。

断られたあとに、不満な態度を覗かせていたのも確信犯。募金した$5は彼の晩御飯代に消えるのか。

気の優しい日本人をターゲットにしている

タチの悪いことに、どうやらアジア人を狙っているよう。

署名欄にはアジア系の名前しかなかったこと、去っていくときはフードコートにいる白人たちは見事に無視。

おそらくアジア人同士という同胞意識・親近感につけ込んで募金をお願いするのが戦略。

なかでも、気の優しい日本人は格好の餌食で、日本人の名前を何人か見た。

実は数日前、募金をつのるフィリピン人に話しかけられたばかりだった。

そのときは女性だったが、声をかけてきたのがティムホートンズの店内。

あまりに唐突でしかも店内だったので即効で断ったが、そのまま店を出て行く彼女の後ろ姿を見て詐欺なんだろなと。

ただ、今回の青年は、あいまいな表現で助けてほしいという話題から入り、アジア人同士、さらに日本語を話して親近感を持たせ募金させるという。

募金詐欺にひっかからないために

募金詐欺にひっかからないためにはどうすればいいか。

もし募金詐欺だと気づいたら、すぐ断るか無視。断る勇気がないなら、自分から立ち去るのが一番。

ちょっとだけならと募金しても、優しさにつけこまれプラスアルファの金額を要求される可能性も。

トロントでは知らない人にお金は払わないと肝に命じておくのが大切。