「トロント・ピアソン国際空港」深夜に到着して夜を明かす

「トロント・ピアソン国際空港」に到着したのは深夜24:30。

バンクーバーから来たんですが、ホステルのチェックインは同日の午後。まだ15時間もあります。

もともと空港内で夜を明かすつもりでしたが、問題はどこで朝まで過ごすか。

最終的に、ターミナル1の2階にある「Booster Juice」で夜を明かしました。

ターミナル1にある「Booster Juice」

「トロント・ピアソン国際空港」には、ターミナル1とターミナル3があります。

朝まで時間を過ごした「Booster Juice」があるのはターミナル1の2階。黄色と紫の看板が目印。

「トロント・ピアソン国際空港」の公式ページから地図を確認することができます。

Toronto Pearson

上のサイトによると、営業時間は朝4:30から最終便までとなっています。

深夜2時ぐらいに店に行きましたが、普通に営業していて、そのまま朝まで店内で過ごしました。

営業時間は曖昧なところがありますが、朝まで過ごすことができるお店の一つです。

店内は1階を見下ろせる吹き抜けのような空間になっていて、席数は多くありませんが空いてました。

もともと寝るつもりはなかったんですが、チキンラップを買ってぼーっとしていると寝てしまって、気づいたら朝でした。

店内の席も、ちょうどカウンターから死角になっていて、注意されることもなく。

ほかにも寝ているお客さんが何人かいました。

人もほとんど来ないし、盗難の心配もないので、ある意味安全です。

ただ、あくまでお店の中なので、寝ることは推奨できません。

深夜に休憩するには快適な場所だと思います。

ターミナル1は広くてスペースが多い

また、ターミナル1は広くて寝転がれるシートがたくさんあり、寝る場所には困りません。

一方ターミナル3は小さくて座席やスペースもあまりありませんでした。

最初ターミナル3に着いたんですが、到着口を出てまっすぐ進んで行くと途中ティムホートンズがあるぐらい。

その突き当たりに、ちょっとした休憩スペースがあるぐらいで、すでに寝ている人が多く、空いている場所も少なかった。

「トロント・ピアソン国際空港」で夜を明かすなら、ターミナル1で寝る場所を探せば間違いないと思います。

ターミナル1と3の移動は「LINK Train」

ターミナル1とターミナル3の移動には、「LINK Train」という自動運転電車を利用します。

24時間、無料で利用可能。深夜でも数分置きに運行しているので、ターミナル間の移動に困ることはありません。

ただ、間違えて反対方向に乗車すると「Viscount station」という巨大な駐車場のビルに降ろされてしまうので注意。

一応、乗る前に行き先確認を忘れずに。ターミナル間の移動も数分で着きます。

ただ深夜は人もすくなく、自動運転で乗務員もいないので、すこし怖い雰囲気。

怪しい人と一緒の車両に乗らないなど、気をつけたほうがいいでしょう。