上司から好かれる部下になるための3つのアドバイス

仕事をする上で上司との関係はめちゃくちゃ大事

どんなに好きな仕事でも上司との関係が悪ければ、会社に行きたくなくなります。

逆に言えば、上司との関係性さえ良ければ、つまらない仕事でも意外と続けていけるもの。

特に会社に入ったばかりの新人にとって、上司との関係は死活問題。

今回は自称上司に好かれることが得意な僕が、上司に好かれる部下、新人の特徴を挙げていきたいと思います。

目次

プライドを捨てて素直になろう

まずは素直になる。

分からないことは分からないと言う、できないことはできないと認める、ミスをしたらすぐに謝る。

仕事ができないのに変なプライドを持っている人もいるかもしれません。

上司のやり方が気にくわない人もいるでしょう。

でも最初のうちは余計なプライドは捨てることが大切。

仕事ができなくても、素直であることは確実に武器になります。

素直な部下の方が印象が良いのは確実で、上司も気持ちよく助けてくれるもの。

向上心を行動で示す

そして向上心も大切です。

上司の立場からすれば、向上心がある部下を育てたいと思うのが普通。

いくら仕事とはいえ、意欲がない部下に指導することほどつまらないことはない。

上司も人間です。常に向上心を持って仕事に取り組むことが大切。

たとえば、誰よりも早く出社して仕事に取り組むとか、遅くまで献身的に働くなど。

意外と上司はそういうところを見ていて、しっかり評価してくれます。

頼まれたことプラスアルファのことをする

上司から仕事を頼まれたら、何か一つプラスアルファして返すのも重要。

自分の仕事に付加価値をつける、たとえば、上司から資料集めを頼まれたとします。

ただ資料を集めて上司に渡すのは誰でもできますが、ジャンルごとに選別してちょっとした分析を足してみたり。

相手の立場になって考えてみて、ほんの少しの気遣いを加える。

そうすると実際仕事を頼んだ上司も「気がきくね」と喜んでくれます。

最初の頃は難しいかもしれませんが、ちょっと意識するだけで上司の評価もだいぶ変わってきます。

やはり上司にとって気がきく部下は、一緒に働いていて気持ちいい。

僕の経験から言うと、こういう気遣いは女性の方がうまい。

なので新人の頃は、女性の社員の方が仕事ができたり評価が高い印象。

まとめ

ということでまとめると、

  • プライドを捨てて素直になろう
  • 向上心を行動で示す
  • 頼まれたことプラスアルファのことをする

これらを意識して働くだけでも、上司からの目は確実に変わります。

あわせて読みたい
社畜にならないためのマインドセット 僕は以前の職場では社畜の鏡みたいな存在でした。 誰よりも遅くまで働き、休日も返上して仕事をしていました。 得たものは大きかったかもしれませんが、失ったものも大...
あわせて読みたい
一緒に働いて気づいた仕事ができない新入社員の4つの特徴 「仕事ができない」 「いつも上司に怒られてばかり」 と悩んでいる新入社員も多いでしょう。 スタートはみんな同じはずなのに、新入社員でも仕事ができる人とできない人...
目次
閉じる