深夜のティムホートンズで警察沙汰。原因はトイレか

毎日通っているティムホートンズで、深夜に警察沙汰のトラブルが発生。

ノースヨークにある店舗で、トイレの使用をめぐって客と店員が口論に。

しまいには、ヒートアップした客が警察を呼ぶ事態になった。

深夜のティムホートンズでトイレをめぐるトラブル発生

トラブルの原因ははっきりわからないが、トイレを使わせてもらえなかった客が店員に文句を言っているよう。

ここの店舗は24時間営業で、深夜12時を過ぎると防犯上の理由からかトイレがロックされる。

もちろん、店員に頼めば専用のキーを貸してくれるが、トイレのみの使用は認めていない。

そのためトイレを使いたければ、先に注文してからでないと鍵を貸してくれない。

おそらく、そこらへんの細かいルールに関して、客が文句をつけているよう。

トイレが異常に少ないトロント。

緊急事態に陥って店に駆け込んでくる客の気持ちもわかる。

切羽詰まった状態でトイレを求めて来店、スムーズに貸してくれなかったらイライラする。

結局トイレは間に合ったようだが、腹の虫がおさまらない客は、キーを店員に返すときにいちゃもんをつけ始めた。

韓国系vsフィリピン

文句を言っているのは若い韓国系のカップルで、英語の発音からカナダ育ちのよう。

最初は、女性の方が一方的に文句を言っていたが、店員も負けじと応戦。

店員は40代ぐらいのフィリピン人のおばちゃんで、色黒で金髪。

強面のラスボスみたいな存在感で、激しいクレームに一歩も引かない。

日本なら事態を丸く収めるため店員が謝るのが普通だろうが、トロントの店員は引かないどころか激しく応戦。

それを見てカップルの男性の方も加勢してますますヒートアップ。

汚い言葉を連発するわで、一向に事態は収束する気配なし。

途中、常連のイラン人のおじちゃんが仲介に入りカップルをなだめる。

しかし、店員に噛みつくのを止めないカップル。店員も自分たちは悪くないとわかっているので一歩も引きかない。

フィリピン人店員の頑とした態度に無理だとあきらめたのか、カップルは暴言を吐いて退散。

ふたたび店内は深夜の静寂を取り戻した。

あまりに無礼なカップルに店員も頭にきていたようで、近くにいた客に文句を言っている。

ほかの客もトラブルの原因がいなくなって、胸をなで下ろす。イラン人のおじちゃんグループもほっとして談笑をはじめる。

再び店に戻ってくるカップル

これで一件落着と思ったそのとき、ものすごい勢いで戻ってきたカップル。

再び店員に噛みつき、しかも今度は警察を呼ぶという始末。

その場にいた全員が、なぜ戻ってきたのかと天を仰いだ。

店員もあいかわらず毅然とした態度で、呼ぶなら呼べという感じで呆れた様子。

事態は完全に振り出しに戻ったが、どうやら本当に警察に連絡したらしく、いま向かっているとのこと。

意外とすぐに来る警察

数分で警察が到着。

ドレッドヘアの黒人女性と部下の白人男性だが、すごく陽気。コーヒーでも買いに来たようなノリ。

店員とも知り合いのようで「なにかトラブルでもあった?」と軽い。

その親しい雰囲気から負けを察知したのか、さっきまで吠えまくっていたのが嘘のように静まるカップル。

結局、店員から顛末を聞いた警察が、カップルと少し話をしただけで事態は収束。おとなしく帰って行った。

トイレが異常に少ないトロントという街

故障中の張り紙がしてあるティム・ホートンズのトイレ

トロントは、街にトイレが異常に少ない。しかもやっと見つけと思ったら、使用中止というのが日常茶飯事。

日本では考えられないが、基本的に駅にトイレはなく公園にもない。

24時間営業のコンビニのような店にもなく、必然的にカフェでトイレをかりることになる。

そのためスターバックスやティムホートンズなどで、よくトイレを借りに来ている人を目にする。

なので、カップルの気持ちもわからなくなもない。

僕も何度もギリギリの状況に陥って、トロントという街を恨んだ。でも、さすがに今回はヒートアップしすぎだ。

しかも、警察まで呼ぶとは。仮に警察に連絡するとしても、店側が呼ぶのが普通だが客も負けたくなかったのだろう。

頼もしいフィリピン人のおばちゃん

それにしてもノースヨーク店の店員は頼もしい。

フィリピン人のおばちゃんだが、この間もガラの悪い黒人を追い払っていた。

激しい口論の末、おばちゃんの強固な態度にあきらめて店をあとにする黒人男性。

彼もまた「警察を呼んでやる!」と叫んで出て行ったが、結局戻って来なかった。

終始、びくびくしながら見ていたが、まさか自分たちだけで追い払ってしまうとは。

日本人にはない肝の座りっぷりで、そのときは本当に感心した。

味方になると頼もしいが、接客のときは無愛想で残念ながらサービスがいいとはいえない。

毎日通っても笑顔を向けられたことは一度もないし、機嫌が悪いときは目すら合わせない。

慣れてしまったのでなにも思わないが、初めて注文したときはびっくりした。

この接客態度の悪さも韓国人カップルを異常なまでに怒らせた原因の一つだろう。

もうすこしぐらい客に笑顔を見せたらいのにと思う。