フィリピンで一番美味しいフムス

先週の日曜日のこと。

まずはコーヒー豆を買いにCommuneへ。

ベンゲット州アトック産のアラビカ種を購入。しかもピーベリーという希少性の高い丸豆。250gで580ペソと値段も良心的。

ついでにフラットホワイトを注文。エスプレッソにミルクを加えたドリンクで、カプチーノとの違いはミルクの量。基本的にここはなにを飲んでも美味しい。ロックダウンが緩和されて、店内でゆっくりしている人も増えました。

帰りにHummus Elijahへ。本場のフムスが有名なレストランですが、薄汚れたビルでなかなか入りづらい雰囲気。

店内も薄暗い雰囲気でお客さんは誰もおらず。「本当に大丈夫かな?」とすこし心配になりますが、フィリピンで一番美味しいフムスの店ということで料理を待つ。待ってる間、店に入ってくるのはデリバリーのドライバーばかり。

注文したのは人気メニューのHummus Elijah(250ペソ)。フムスとはヒヨコ豆をペースト状にした中東料理。ピタパンがセットになっています。パンにつけて食べるのですが、コーラも注文してしまいました。

フムスは、オリーブオイル・ニンニク・タヒーニ(練り胡麻)・レモン汁を合わせて作られます。見た目はオイリーですが、風味豊かで美味しい。一人で食べるには量があったので、スモールにすればよかったなと。オイルのせいかお腹を下してしまいましたが、手頃な値段なのは助かります。ただ、もうすこし店が綺麗だったらいいのにな。

久しぶりに雨が降った週末でした。ポブラシオンという場所柄、雨が降ると余計ジメジメした感じがします。

投稿日:
カテゴリー: 日記