2020年に読んでよかった本ベスト5

今年こそはたくさん本を読もうと思うも、なかなか読めなかった2020年。

おそらく15冊ぐらいかな、数としては少ないですが、その中から読んでよかった本を紹介します。

2020年に読んでよかった本ベスト5

結局、人生はアウトプットで決まる 自分の価値を最大化する武器としての勉強術

元マイクロソフトの伝説のプログラマー、中嶋聡さんの本。

これからの時代を生きていくためには、自分自身の価値を高める必要がある。

そのためには、アウトプットを通した信頼関係の構築が重要だと熱く説いた一冊。

中嶋さん自身ずっとブログ書いてきたのもあり、書くことが一番のアウトプットであると言っています。

ハマれることを見つけて、熱量を持って書くことがいかに大切か、ブログをやってる人にもおすすめです。

「仕事ができるやつ」になる最短の道

著者の安達裕哉氏が今まで出会った経営者やビジネスパーソンからきいた、仕事のやり方や考え方をまとめた一冊。

幅広い人の仕事論をエピソード的に紹介していて、興味深く読むことができます。

若手社員だけでなく、仕事に行き詰まっているマネージャーや管理職の人でも学べることが多いと思います。

ブチ抜く力

ネオヒルズ族として、一世を風靡した与沢翼氏の本。

秒速で1億円稼ぐ男から、自己破産、海外移住、そして4年で純資産70億まで。

ドン底からいかに立ち直り、最速で結果を出してきた、その強烈なマインドを学ぶことができる一冊。

世間のイメージとは裏腹に成功のために全てを犠牲にする与沢氏のストイックさは、読むだけでモチベーションがぐんぐん上がります。

生半可な覚悟は捨て、これ以上やりたくないと思えるまでやり抜く、それが 唯一絶対の成功法則だと熱く語ります。

大きな嘘の木の下で ~僕がOWNDAYSを経営しながら考えていた10のウソ。

OWNDAYS(オンデーズ)の社長、田中さんの本。

世の中にあふれるウソについて、鋭い切り口で「これって違うんじゃないの?」と気づきを与えてくれる本。

幸福論のウソ、お金論のウソ、仕事論のウソ、成功論のウソ、そして人生論のウソなど。

なんでもかんでも情報を鵜呑みにするのではなく、常識とされていることを疑って、自分の頭で考えることの大切さを改めて実感させてくれる一冊。

ジェームズ・クリアー式 複利で伸びる1つの習慣

習慣本の大ベストセラー。原題はアトミックハビッツ(最小習慣)。

小さな習慣の積み重ねが人生に与える大きすぎる影響について、論理的にかつ説得力をもって学べる本。

たとえば毎日1パーセントよくなれば、最初は変化が小さくて見えないが、1年間続ければ37倍の進歩につながる。

大きな結果を得るためには、習慣と継続がいかに大切か、日々の生活を見直すきっかけを与えてくれる一冊。

番外編

日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」

番外編ということで、フィリピンに住んだのがきっかけで読んだ本。

困窮邦人とは海外でホームレスや路上生活をしている貧しい日本人のことで、困窮邦人の数はフィリピンが最多。

若いフィリピーナにお金をつぎ込んで無一文というパターンが大半で、フィリピンでホームレスの日本人がいるとは思いもしませんでした。

自分の知らない世界を覗き込んだような感覚で、読むと視野が広がります。

2021年は毎月2冊読むのが目標

ということで、2020年に読んでよかった本ベスト5+番外編を紹介しました。

この記事を書くにあたって読み返しましたが、結構内容を忘れてることに気づきました。

どの本も学べることがたくさんあるので、しっかり自分の知識とし定着するまで何回も読み直したいと思います。

2021年は毎月3冊、年間30冊ぐらいは読みたいですね。あと洋書も何冊か読むのが目標です。