コーヒー用にタニタの洗えるクッキングスケールを購入。めっちゃ使いやすい

去年から家で本格的にコーヒーを淹れるようになり、いろいろ器具を試している。

ドリッパーにサーバー、ミルやポッドなど一通り買いそろえて、唯一持っていなかったのがコーヒー用のスケール。

HARIO V60 ドリップスケールが定番かなと思ってたが、高いのに防水じゃないということで踏ん切りがつかず。

防水でもっと安いスケールはないのかと見つけたのが、タニタの洗えるクッキングスケール

安心のタニタで値段もHARIOより安かったので購入したが、予想以上によかったので紹介。

目次

コーヒー用にタニタの洗えるクッキングスケールを購入

こちらがAmazonで購入したタニタの洗えるクッキングスケール。型番はKW-220というやつ。元値は7,700円だが、値引きされてて3,500円ぐらいで買うことができた。

もともとHARIOのドリップスケールが欲しかったが、6,600円と高いうえ防水じゃないので躊躇していた。Amazonのレビューにも、防水じゃないので壊れたとあって不安しかない。

それがタニタのスケールなら3,500円、しかも防水ということで迷わず購入。

商品名としてはクッキングスケール、コーヒー専用というわけではない。

ただ特長として、

  • 防水仕様
  • 最小表示0.1g
  • mLモードも測れる

ということでコーヒー用のスケールにぴったりな仕様。HARIOのドリップスケールと違ってタイマーはないが、そんなのスマホか自分で測ればいいだろうということで迷わず購入。

気になる防水レベルだが、なんと丸洗いOK。防塵防水保護等級「IP65」で、

  • 粉塵が内部に侵入するのを完全に防止
  • あらゆる方向からの噴流水を受けても有害な影響がないもの

と防水性がかなり高いのが特長。シンクでそのまま洗えるというから驚き。参考までに公式動画も貼っておく。

最大計量は2kgだが、コーヒー用として使うには十分。

それでは早速開封。しっかりとビニールで保護されていて、お試し用の単四電池もついている。

保証書付き取扱説明書とアンケート用紙。

ビニールから取り出すとこんな感じで、思ったより大きくてしっかりしている。見た目はシンプルだが、清潔感のあって意外といい。

計量範囲0〜2kg。最小表示は1g。微量モード時は、0〜200gまで0.1g単位で、200〜1000gまで0.5g単位で計測可能。

裏面はこんな感じで、注意書きのシールと電池を入れる部分。

安定して測れるよう、滑り止めのシリコン脚付き。

電池のフタはスライド式で開閉。

付属の単四電池2本をセット。

本体と計量皿の間にスペースがあり、反時計回りに皿を回すと取り外しもできる。

パカっとこんな感じで取り外せる。

タニタの洗えるクッキングスケールを使ってみた

早速コーヒ=豆を測ってみた。電源を入れると、HELLOと表示されるのがかわいい。

少し反射して見にくいが、全く問題なし。

さらに微量モードで測ってみた。

微量と書いたボタンを押すと、0.1g単位まで表示される仕組み。

またmLボタンを押すと、gからmLに表示が切り替わる。豆を測るときはgで、抽出量を測るときはmLでと使い分けできる。

ハンドドリップで抽出中。mL表示も0.1gまで対応している。

防水なので濡れても安心。気を使わなくていいのでめっちゃ助かる。

やっぱりちゃんと測って淹れたコーヒーは、適当に勘で淹れたコーヒーより美味しい。

まとめ

コーヒー用に使える、タニタの洗えるクッキングスケール KW-220を紹介した。

  • 防水仕様
  • 最小表示0.1g
  • mLモードも測れる

ということでコーヒー用のスケールにぴったり。HARIOのドリップスケールは高いし、タイマーなんか必要ないと思っている人におすすめ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

🇵🇭マニラからお届け

目次
閉じる