コラム

就職留年に失敗した早稲田卒が送る「成功するためのアドバイス」

就職留年に失敗しました。

早稲田大学というブランドにあぐらをかき見事に惨敗。入りたい会社には見向きもされず、あこがれの大手企業や有名会社への就職も叶わず。

就活は人生の一大イベントです。これから先の人生を大きく左右するのは間違いありません。現役時代にうまくいかなくて、就職留年しようか悩んでいる就活生もいるでしょう。

この記事では、僕が就職留年をして失敗した経験から、

  • 就職留年に失敗した理由
  • 就職留年を成功させるための心構え

について書いてみます。

就職留年に失敗した理由

やりたい仕事がわからなかった

当時の僕はやりたい仕事がわからず悩んでいました。就職留年して時間をかければ、自分に合った仕事が見つかるはずだと。

しかし、結局就職留年しても納得のいく仕事に出会うことはできず。都内の小さな編集プロダクションから内定をもらったのみで、自分の本心からやりたいと思える仕事ではありませんでした。

現役時代にやりたい仕事がわからない人は要注意です。就職留年してもやりたい仕事が見つかるとはかぎりません。なぜなら、留年しても就活しているだけでは視野が広がらないからです。

「もう1年あれば」という気持ちもわかりますが、就職に関しては時間をかければいいというものではありません。社会に出て数年、転職も経験して思うのは、就職は縁とタイミング。無理なら無理で、わりきって前に進むのが大切です。

学歴を過信しすぎた

やりたいことがわらないから、とりあえず大手を志望するという一番タチの悪い就活生でした。入社したら将来安泰で、周りからもチヤホヤされるだろうなと思っていました。

器用でコミュ力の高い就活生なら、それでも大手から内定をもらえるでしょう。しかし、残念ながら僕はそのタイプではありませんでした。

悪いことに、早稲田という学歴だけはあったので、自分のステータスを過信していました。実際は大学時代なにも成し遂げておらず、アピールポイントもないのにです。

正直にいうと「就職留年しても早稲田だからなんとかなるだろう」と甘く考えていました。現役時代は大手ばかり受けていましたが、中小企業なら余裕だと。

結果的にそのうぬぼれが、失敗につながったのはいうまでもありません。高学歴だから就職留年してもなんとかなると考えている人は要注意です。

現役時代に失敗した方針のまま、就職留年して成功するほど甘くはありません。現役時代に普通に通過したエントリーシートは通らなくなりますし、倍率の高い大手や人気企業ならなおさらです。

かといって中小企業なら簡単というわけでもありません。むしろ採用人数がすくない企業こそ、留年に厳しかったり。人生一度きりの新卒カードですが、安易に就職留年を選択するのは危険です。

就職留年は想像以上に厳しい

就職留年は想像以上に厳しいのは事実。現役時代の内定を蹴って、軽い気持ちで留年の道を選ぶと後悔するかもしれません。

  • 現役時代以上のプレッシャー
  • 留年という不利な立場
  • モチベーションの維持が困難

など。圧倒的に不利な状況がのしかかります。おそらく留年のために両親を説得する人もでしょうし、その期待に応える重圧ものしかかります。

また、いくら面接慣れしていても、企業によっては就職留年という時点でアウトという理不尽な場合さえもありえます。

さらに、モチベーションの維持も相当大変で、周りの友人が卒業して自分だけ就活を続行するのは苦行です。

早めに内定を獲得できればいいですが、長期戦になると本当につらい。投げ出したくなるような状況です。

就職留年を成功させるための心構え

就職留年の厳しさは想像以上で、正直僕はおすすめしません。ただ、だからといって成功する可能性はゼロではありません。

しっかりと対策を練って強い意志と覚悟を持って臨めば道は切り開けますし、留年しても望んだ企業から内定を獲得した人がいるのも事実です。

ようするに、あなた次第です。

デメリットや不利とか言われてますが、成功する人もいるし、失敗する人もいる。ただ、成功する人は一握りで、それをつかめるかどうかは自分次第ということです。

やりたいことを明確にする

自分のやりたいことを明確にしましょう。しっかり自己分析して、将来どういったキャリアを積んでいきたいのか。具体的な目標があって実現のために努力するなら、就職留年しても成功できます。

大切なのは会社にこだわるのではなく、仕事内容で選ぶこと。特定の会社に入社できるかどうかは、縁とタイミングでしかありません。なので、面接に落ちても落ち込まない。縁がなかっただけ。

あくまで自分のやりたい仕事を軸に、企業のブランドに対する憧れは捨てましょう。実際入社して働いてみると、理想と現実のギャップに苦しむなんてザラです。

会社に対する過剰な期待はやめる。大切なのは自分がなにをしたいかです。

相談できる友人をもつ

相談できる友人の存在は大きな助けになります。就職留年は孤独です。現役時代と違い、下手したら自分だけという状況です。

しかも、現役時代より不利な立場でプレッシャーも大きくのしかかる。そんなとき、相談にのってくれる友人の存在は大きな助けになります。

ちなみに僕は、就職留年中相談できる友人が皆無でした。それも失敗した原因の一つです。

就職留年という立場に引け目を感じるかもしれませんが、余計なプライドは捨てて一人で悩むのはやめましょう。

生活を律するよう心がける

就職留年は自分との闘いです。周りの誘惑や誤った情報に惑わされない強い意志が必要で、目標達成のために自分を律することができないと、望んだ結果を手に入れるのは難しいです。

僕の場合、うまくいかない就活に嫌気がさし、なげやりになって生活もボロボロ。一人暮らしだったので、一度堕落すると自分を律するのが難しく、それも失敗した原因の一つです。

大学時代に堕落した生活を送っていた就活生は要注意。留年中は周りの目がすくないぶん、油断してると簡単に堕落します。現役時代より気を引き締めて生活しないとおわります。

自信を持って堂々と振る舞う

自信を持って堂々とすることは大切です。就職留年すると負い目を感じて、自分でも気づかないうちに卑屈になりがちです。

面接では嫌になるほど「なぜ留年したのか?」ときかれ自信をそがれます。落ち込まずに、「留年してるけどなにか問題でも?」と堂々と開き直るほうがいいでしょう。

社会に出てわかりましたが、経験のない新卒には元気と明るさを求める上司や企業はあります。仕事ができない新人だからこそ、せめて一緒にいて気持ちのいい人がいいと。

面接でもひたすら前向きに明るく振る舞えば、いい結果を引き寄せられるはず。

海外で経験を積む

僕も痛感しましたが、就職留年は明らかに不利です。それを覆すには大きなアピール・経験が必要です。僕は行動力がなくできませんでしたが、海外に出て経験を積むのはありです。

ボランティアや短期留学など。自分で調べて行動にうつす実行力がないとできないこと。珍しい経験はほかの人と差別化できる強いアピールポイントになります。

それに海外に出ることは、自分の視野を広げることになります。将来を考えるきっかけとして、人生の糧になるのは間違いありません。

まとめ

僕が就職留年をして失敗した経験から、

  • 就職留年に失敗した理由
  • 就職留年を成功させるための心構え

を紹介しました。

いろいろ書きましたが、就職留年しようか迷っている人にアドバイスするとすれば、したければすればいいと思います。

結局、自分で選んだ道じゃないと、あとから後悔するからです。

もし、あなたが死ぬほど就職留年したくて、でも親に反対されてできない。そのまま現役で就職して、入社した企業に不満があれば、親を恨むことになるでしょう。

でも、自分で就職留年して結果的に失敗したとしても、それは自分の選んだ道だと自分で責任をとることができます。

あなたの人生なので、あなたが決めて責任をとりましょうよってことです。

この記事を読んでくれた方、みんなの就活がうまくいくことを願います。

ABOUT ME
宮本鉄馬
宮本鉄馬
アラサー。マイペース。人見知り。編集プロダクション→ポストプロダクション→映像デザイン会社→ワーホリでカナダ、現地就職に失敗→セブ島でIT留学、プログラマーを断念→フィリピンで働く。何気ない日々のことを書いています。