祝日になるとお店が閉まるトロント

カナダにも日本と同じように祝日がある。

仕事が休みになり、家族や友人と一緒に過ごしたりする。

ただ、日本と少し違うのが、店自体も休みになるということ。

小さな個人経営の店ならまだしも、大きなショッピングモールやスーパーまで休業する。

日本と同じような感覚で買い物に行っても、店が開いてなくてシャッターの前で呆然と立ち尽くすはめになる。

グッドフライデーとイースターマンデー

昨日はトロントに来て初めての祝日だった。というか最初は祝日だと知らなかった。

いつも通り図書館に行ったら、閉まっていたので祝日だと知った。

調べてみると、聖金曜日(グッドフライデー)という日らしく、イエスキリストの受難をしのぶ祭日だそう。

さらに土日をはさんだ3日後の月曜日もイースターマンデーとして祝日になっている。つまり4連休。

このイースターの日は毎年変動し、春分後最初の満月後の日曜日と決められていて、最大1か月ほど振れ幅がある。

2019年は4月19日(金)がグッドフライデー、2018年は3月30日(金)がそうだった。

予想だにしない祝日に最初は戸惑った。

図書館だけでなく、フードコートや大型スーパーなど、祝日に売り上げが見込めそうな大型店舗も休業していた。

スーパーや大型ショッピングモールは休業

調べてみると、メトロやロブローなどのトロントではお馴染みのスーパーをはじめ、ヨークデールショッピングセンターやヴォーンミルズアウトレットモール、ミシサガにあるオンタリオ州最大のモールであるスクエア・ワン・ショッピング・センターまでも休業していた。

ちなみに、ダウンタウンにあるイートンセンターは営業していた。

さらに、翌月曜日もイースター・マンデーという祝日にあたり、月曜日も同じく休業日の店がほとんど。

ただ、土曜日と日曜日は普通に営業しているようで、それだけに祝日はカナダの国民にとって特別なのかもしれない。

飲食店は営業している

スターバックスやティムホートンズなど、カフェやファーストフードは営業している。

ただ、祝日は営業時間が短くなっているようなので、いつもより早く閉まる店が多かった。

スーパーでも一部営業している店はあった。ショッパーズや韓国系のHマートなど。

ただ、いつも行っているスーパーが閉まっているかもしれないので十分注意が必要。

なので、祝日は事前にお店の公式サイトを確認しておく必要がある。

グーグルのお店情報だと営業中になっているが、ホームページだと休業と出ていたりするので必ず公式をチェック。