SONYα7Cズームレンズキットを購入。買った理由とか

SONYα7C ILCE-7C ズームレンズキットを買いました。

定番のαシリーズの新機種で、Compactを意味するCが付いた小型軽量モデル。

キットレンズと合わせた重さは約676gで、世界最小・最軽量のフルサイズミラーレス一眼となっています。

今回は評判のいいキットレンズと一緒に買ったので、ファーストインプレッションを紹介します。

目次

SONYα7Cを買った理由

α7Cを買った理由は、高画質な映像を撮れるコンパクトなカメラが欲しかったら。

普段使っているGRIIIは動画性能がいまいちで、代わりに買ったGoProHERO8の画質にも満足できない。

そこでAPS-Cのα6000シリーズに目をつけ、なかでもコスパの良いα6400を買おうと思っている矢先にα7Cが発売。

値段は倍ぐらいするけど、α6400と同じコンパクトさなのにフルサイズということで、思い切って注文。

しかもキットレンズの評判がよく、別で高価なレンズを買う余裕もなかったので、ズームレンズキットを買いました。

SONYα7Cの外観

まずはα7Cのボディの外観から。従来のα7シリーズとの大きな違いが、ボディ上部にあったファインダーが背面に移動したこと。

左上についているのがファインダーで、このように背面に設置されました。

そのため見た目としては、APS-Cのα6000シリーズとそっくりになりました。

つまり、フルサイズでありながら、ボディはよりコンパクトになり、さらに軽量化を実現しています。

近い性能のα7III、最新のα6600とボディの重さを比較すると次のとおり。

α7C424g
α7III565g
α6600418g
ボディのみの重さ

α7IIIより約140g軽くなり、APS-Cのα6600とボディの重さはほとんど同じ。

今まで、フルサイズは大きいからとAPS-Cを選んでいた人にとっては、α7Cの登場はインパクト大。

僕は過去にα7IIを使用していましたが、コンパクトなカメラが欲しいと売ってしまったんですよね。

ただ、今回α7Cを買ってみて、フルサイズにも関わらずとてもコンパクトになっていて感心しました。

一点だけ気になったのが、メニューボタンの位置。なぜかモニターの上に付いていて押しにくい。

ほかのボタンと一緒に、右側にあると押しやすいのだけど、押そうとするたびに慣れない位置のせいで手間取る。

よく使う機能はカスタマイズボタンに登録することができるが、メニューボタンの位置だけは残念。

モニターはバリアングルで、横176度、上180度、下90度と可動域は広い。約180度回転するので、モニターを見ながら自撮りもできる。

α7IIIはチルト式で上方向にしか回転しなかったので、vlogを撮りたい人にもぴったり。

キットレンズ FE 28-60mm F4-5.6

キットレンズのFE 28-60mm F4-5.6こと、SEL2860をつけるとこんな感じ。

α7Cと同時に発売された世界最小・最軽量のフルサイズEマウント用標準ズームレンズで、最大の特徴はコンパクトさ。

レンズの重さは約167g、従来の標準ズームレンズが295gなので、100g以上軽くなっています。

またボディと一緒になったときの重さは約676g。α7IIIのズームレンズキットが約945gなので、約270gも軽量化。

α7IIIが1kg近くもあったことに驚きましたが、フルサイズのコンパクトデジタルカメラ、ライカQ2(約724g)より軽いから驚き。

またこのレンズ、沈胴式なのが特徴で、撮影するときはレンズを回して取り出します。

長さとしては、28mm(広角端)と60mm(望遠端)で最長になり、40mmで一度短くなります。

撮影中はそのぶん長くなりますが、使わないときはコンパクトに収納できるという仕組み。

F値は、F4-5.6と明るくはありません。

最短撮影距離は28mm(広角端)で30cm、60mm(望遠端)で45cmとあまり寄れない。

また、3枚の非球面レンズを採用し、諸収差を抑えた高い描写性能が特徴とのこと。

SONYα7Cと一緒に買うといいもの

HAKUBAの液晶保護フィルム MarkII。高い反射防止効果とキズに強いハードコート処理が特徴。信頼できる日本製で、α7Cにも対応しています。

キットレンズの口径は40.5mmなので、レンズフィルターも40.5mmを選びましょう。僕はKenkoのMCプロテクターを買いましたが、AmazonではHAKUBAのXC-PROが人気です。

あると便利なのが、HAKUBAのレンズペン。カーボン粉末が汚れを吸着して、拭くだけで一瞬でキレイになります。

小さいので外でもささっと使えるのもポイント。クリーニングペーパーより使いやすいのでおすすめです。

予備のバッテリーとバッテリーチャージャーもあると安心。BC-QZ1(チャージャー)とNP-FZ100(バッテリー)がα7Cに対応しています。

SDカードは、サンディスクなどの有名ブランドを選んでおけば間違いなし。人気のExtreme Proなら、UHS-I / V30 / U3 / Class 10と4K撮影にも対応しています。

安くて使いやすい三脚なら、Amazonベーシックの三脚もおすすめです。

あわせて読みたい
【Amazonベーシック 三脚レビュー】3,000円でコスパ抜群
【Amazonベーシック 三脚レビュー】3,000円でコスパ抜群家で動画を撮るために、Amazonベーシックのカメラ三脚 150cmを購入した。3,000円という手頃な値段ながら、約1.4kgと軽量最大約158cmの高さスムースな3WAY雲台重さ2.9kg...

SONYα7C活用講座

α7C活用講座として、ソニーの公式から動画も出ています。

SONYα7C ズームレンズキットの作例

早速、α7Cのズームレンズキットで写真を撮ってきたので作例として紹介します。

画像は撮って出しではなく、Lightroomで現像しています。

SONYα7C ズームレンズキットを使ってみて

フルサイズなので写りはいいし、何よりオートフォーカスが速い。これはαIIIから大きく改良された点です。

また、モニターをタッチしてフォーカスポイントを指定・固定できるので、ピント合わせに便利なんですよね。

レンズに関しては、コンパクトでかさばらずα7Cと相性抜群。

F4と明るくない、最短撮影距離30cmとあまり寄れないということが気にならないぐらい、使いやすくて優秀。

ボディ単体との価格差も約3万円なので、カメラ初心者が最初に使うセットとして最適。

もちろん動画も綺麗に撮れるので、これから動画を始めてみたいっていう人にもおすすめ。

あわせて読みたい
α7C+SEL2860(FE 28-60mm F4-5.6)|夕暮れの街を歩く
α7C+SEL2860(FE 28-60mm F4-5.6)|夕暮れの街を歩くα7CとSEL2860(FE 28-60mm F4-5.6)を持って夕暮れの街を散歩してきた。SEL2860は、α7Cと同時に発売されたキットレンズで、世界最小・最軽量のフルサイズEマウント用標...
あわせて読みたい
【Amazonベーシック 三脚レビュー】3,000円でコスパ抜群
【Amazonベーシック 三脚レビュー】3,000円でコスパ抜群家で動画を撮るために、Amazonベーシックのカメラ三脚 150cmを購入した。3,000円という手頃な値段ながら、約1.4kgと軽量最大約158cmの高さスムースな3WAY雲台重さ2.9kg...
あわせて読みたい
GRIIIのJPEG撮って出し。スタンダードの作例33枚
GRIIIのJPEG撮って出し。スタンダードの作例33枚究極のスナップシューター「RICOH GR III」を買いました。ポケットに入るコンパクトさで超高画質。日常使いのカメラとして最高の一台。それなりに写真も溜まってきたの...
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる