ライカQを売りました。後悔はなし

ライカQを売った。

今年の2月に購入して以来、かたときも離さず持ち歩いていたが、いろいろ考えた末に売った。

17万円で。

ボディに何か所も傷があったり決して綺麗な状態ではなく、店員の方も「結構使い込んでますね〜」と苦笑いしていた。

買取上限額は23万円だったが、ライカQ2が発売されたのも影響しているのだろう。

そこまでいい値段にならなかったが、中古で37万円で購入した以上の価値はあった。

自分のために撮る

L1070500_c

3月から半年間トロントに滞在したのも大きかった。

「もう二度と同じ瞬間は訪れない」という謎の強迫観念にとり憑かれ、行く先々でシャッターを切った。

当初は最低でも1年は滞在するつもりだったが、それができないとわかると、突然目の前の日常がいとおしく思えた。

それ以来、肌身離さずライカQを持ち歩き、目の前にあるものはなんでも撮った。

観光地でもないごく普通の場所や、フードコートで食べたご飯、借りていたシェアハウスの部屋や、よくわからない路地裏の風景まで。

周りから「こいつは一体なにを撮っているんだ?」という視線を幾度も感じた。

それこそ最初の頃は「SNSでいいねがつくような写真が撮りたい」と漠然と思っていたが、最後の方はもはや自分のために撮っていた。

「残りの人生、もうトロントに来ることもないかもしれない」と思うと撮らずにはいられなかったし、一種の寂しさの表れだと思う。

帰国する直前には初めてニューヨークにも行き、そこでも「次はないかもしれない」という思いに突き動かされて撮りまくった。

そして、日本に帰ってきたら嘘のように写真に対する情熱が冷めて売った。

1万7千枚の思い出

L1120457_c

もともと日常生活のお供として、コンパクトで持ち運びしやすいカメラを探していた。

せっかく海外に行くんだし、どうせならライカQで撮りたいという気持ちから買った。

そういう意味では、十分役目を果たしてくれた(もちろん現金が欲しかったというのもある)。

いろいろ思い出がつまっていただけに、売るときに躊躇しなかったわけではないが、いまとなってはそうするのが当然だったように思う。

この半年間、狂ったように写真を撮り続け、1万7千枚の写真が残った。

自分でもどうかしていると思う。データの管理も大変だし。

一貫したテーマもなく作品と呼べるようなものでもないが、後悔はしていない。

大量の写真を見返すと、あのときの貴重な体験が蘇ってきて、なぜだか自然と前向きな気持ちになれる。

他人から認められなくても、自分のために写真を撮るのが一番じゃあないかなと思う。

ニューヨークで撮った写真たち