【Samsung T5 レビュー】超軽量コンパクトポータブルSSD

動画を編集するときは、内臓メモリーに撮影素材を保存して作業している。

内臓なので安定して速度も出るが、素材のファイルサイズが大きいと無駄な容量をくう。

納品したら随時保存用のHDDに移行しているが、複数のプロジェクトが入ってくると、100GB近くになってしまう。

ということで、動画編集用に使える外付けSSDを求めて、Samsung T5のポータブルSSDを買った。

結論から言うと、素材のコピーが爆速で、安定して動画編集ができ、超軽量でコンパクトなので買って正解だった。

Samsung T5 レビュー

Amazonで購入したSamsung Portable SSD T5。速度や容量によって色が違うのが特徴で、選んだのはブルーの500GB。

1TBにしようか迷ったが、値段が上がるのと、編集用に素材を一時的に保管するだけなので500GBに。WindowsでもMacでも使えるよう。

開封してみるとこんな感じで、小さくてびっくり。SSDを買ったのは初めてだけど、こんなにコンパクトなのね。

付属のケーブルと説明書。ケーブルは、USB TypeC→TypeAと、USB TypeC→TypeCの2本。TypeAの端子の機器でも使える。

手に持ってみると、本当にコンパクトで軽い。名刺ぐらいの大きさで、調べてみると51グラムしかない。USBメモリーと変らない。

横から見ると、この薄さ。指でつまむのにちょうどいい。

側面にUSB TypeCの端子がついている。

G-Technology ポータブルHDD 1TBと比べてみた。容量は違うが、大きさは半分以下。普段外付けのポータブルHDDを使ってると、小さすぎてびっくりする。

実際に使ってみた

ということで早速使ってみると、転送速度がめちゃくちゃ速い。10GBのファイルのコピーが、20秒で終わった。

WDのポータブルHDDで試すと1分30秒かかったから、3倍以上のスピード。初めて外付けSSDを使ったけど、こんなに速いとは思わなかった。

カタログスペックでは、最大転送速度540MB/秒、外付けHDDの4.9倍の速度。実際測ってみると、390MB/秒ぐらいだったが、それでも十分すぎるくらいのスピード。

実際に素材をSSDに保存して、プレミアプロで編集しているが、読み込み速度も問題なし。書き出し速度についても、内臓ストレージよりは遅いが、気になるほど変らないかなという印象。

USBの接続も安定しているし、書き出しエラーも起きていないので、今のところ問題なく動画編集用の外付けSSDとして使えている。

一点だけ、500GBだと少なかったかも。納品が終わったデータは保存用HDDに移しているが、同時進行でプロジェクトがたまると500GBでは不安。容量が圧迫されると速度が低下する原因になるので、1TBにしとけばよかった。

まとめると、

  • 超軽量でコンパクト
  • 転送速度がめちゃくちゃく速い
  • 接続も安定している
  • 衝撃にも強い

動画編集用の外付けSSDを探している人におすすめ。