セイムサン バンクーバー宿泊体験記。マリファナの匂いがする格安ホステル

バンクーバーの格安ホステル、セイムサン バンクーバー (Samesun Vancouver) に1週間宿泊した。

ワーホリという名のひとり旅、初めてのカナダだったが、安くて立地がいいという理由で予約。

実際に宿泊した感想を紹介。

目次

セイムサン バンクーバーに宿泊した感想

立地がいい

セイムサン バンクーバーはダウンタウンのど真ん中、グランビルストリート(Granville St)というメインストリート沿いにあり、立地がいいのが特徴。

観光スポットであるガスタウンやイェールタウン、チャイナタウンにも歩いて行くことができ、最寄駅のバンクーバーシティセンター駅からも徒歩10分ほど。

駅からまっすぐ歩くだけなので移動も楽ちん。バスも頻繁に走っているので、荷物が多い人も安心。

目の前のグランビルストリートはバンクーバーの目抜き通り。たくさんの店が並び、食事や買い物に困ることもない。バンクーバー観光の拠点としては抜群の利便性。

ただ、周辺はナイトクラブが密集するエリア、夜になるとすこし危険な匂いがするので、あんまり外には出歩きたくない。

無料の朝食がお得

宿泊費が安いだけでなく、無料で朝食がでついてくるのもポイント。

トーストをはじめ、ベーグル、マフィン、ヨーグルト、フルーツなど。無料とは思えないほど充実していて、外食費が高いバンクーバーでは本当に助かる。

写真は朝食がはじまる前の時間(7時半から)なのでまだトーストしか用意されていないが、これだけでも元がとれるぐらい。

朝食スペースは、1階フロント奥。早朝は空いているが、9時を過ぎると混雑する。

ほかの宿泊者と同じテーブルを囲むので、気軽に交流しやすい雰囲気ではある。また夜になるとバーになってお酒も飲めるが、若干うるさい。

Wi-Fi・電源ありの共用スペース

フロントから階段を上ったすぐのことろにあるのが、共有スペース。電源がある席もあり、コワーキングスペースのよう。

館内全域で無料のWi-Fiが使えるので、パソコンで作業している人も。ただ騒がしいときもあるので、静かに作業したい人は徒歩圏内にあるバンクーバー・パブリック・ライブラリーがおすすめ。

綺麗な共有キッチン

共有スペースの奥にあるのが共有キッチン。綺麗で調理器具や食器類も一通り揃っていて、食材を買ってきて自炊も可能。

無料の朝食で満足だったので自炊はしていないが、自分で料理したい人には十分な設備。

ドミトリー部屋は狭め

今回宿泊したのは、3階にある8人部屋ドミトリー。むきだしの2段ベットで、カーテンなどの仕切りはなし。

部屋自体も広くなく正直快適とは言い難いが、寝るだけなら十分。

ただ、換気が悪いのか部屋の中ににおいがこもるのが欠点。外から帰ってきてドアを開けると、ムッとしてにおいが鼻につく。

一応窓はあるものの、日があまり入ってこず薄暗い。

部屋にはロッカーも用意されているが、鍵はないので南京錠は必須。また上の階の足音が響くときもあったが、うるさくて眠れないほどでもない。

マリファナくさい?セイムサン バンクーバーの館内

入り口すぐにあるフロント。スタッフは親切で、困ったことがあれば丁寧に対応してくれる。

部屋があるのは3階から上の階。エレベーターがないので重い荷物を持って上がるときは大変。ただ、ほかの宿泊客が通りすがりに手伝ってくれたりもする。

ちなみに求人もしていた。

ゴミ箱。

館内の廊下。

窓から見えるバンクーバーの路地裏。

一応各階トイレがある。新しく改装されたようで、わりと綺麗だった。

シャワールームも意外と清潔感があった。ヘッドは固定だが、お湯もちゃんと出るし、手前に脱衣スペースもある。

今回は使用しなかったが、館内には洗濯機も用意されている。

それと一つだけ、館内が大麻(マリファナ)くさいときがある。

宿泊しているときは、ときおり漂ってくる不思議な匂いの正体が分からなかったが、後からマリファナだと知った。

カナダはマリファナが合法なので、街中を歩いていても普通に匂いがするし、大したことではないかもしれないが。

ホステルが主催するアクティビティ。ギャスタウンやチャイナタウンをはじめ、スタンレーパークやグランビルアイランド、キャピラノ吊り橋にも行くよう。

まとめ

とうことで、セイムサン バンクーバーに宿泊した感想をまとめてみた。

ダウンタウンのど真ん中という立地の良さに、無料の朝食。ドミトリー部屋は快適とはいかないまでも許容範囲。

総合的に見てコストパフォーマンスの高いホステルだなと。できるだけ宿泊費を節約したい人におすすめ。

あわせて読みたい
初めての海外旅行におすすめ『キクタン英会話【海外旅行編】』 「初めての海外旅行。英語が苦手なので事前に勉強しておきたい」 「でも、いろんなトラベル英会話本があって、どれがいいかわからない」 そんな人におすすめなのが、『...
あわせて読みたい
海外で使えるUSBポート付き電源タップを購入。旅行や出張に便利 海外で使えるUSBポート付き電源タップをAmazonで購入。 J & L since 2015という中華製の電源タップで、海外で一般的な電圧220Vのフィリピンで問題なく使えた。 ACと...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

🇵🇭マニラからお届け

目次
閉じる