フィリピンのサガダコーヒーを飲んでみた

最近フィリピンのコーヒーにハマっていて、休日に足を運んだローカルカフェ。

そこで初めて飲んだのが、サガダ(Sagada)コーヒー。

ルソン島北部の山岳地帯で生産されているフィリピンを代表するスペシャリティコーヒーです。

この記事では、マニラのBlue Wonder Coffee & Bean Roasteryに行った様子とともに紹介します。

目次

サガダコーヒーを飲みに行く

Blue Wonder Coffee & Bean Roastery

やってきたのはマニラのパッシグ市にあるBlue Wonder Coffee & Bean Roastery。スペシャリティコーヒーを扱うサードウェーブ系のカフェで、創業者はSoo Yee Changという韓国人バリスタ。

COOKOというバリスタアカデミーも運営していて、カルティマールとオルティガスセンターにも店舗があります。

店内に一歩足を踏み入れると、コーヒーの芳ばしい香りに包まれます。焙煎所が併設されていて、日本の喫茶店に似たぬくもりがあります。まさかマニラに、こんなカフェがあるとは思いませんでした。

スペシャリティコーヒーは、サガダ、マウントアポ、シダモ、イルガチェフ、ブラジル、コロンビア、ケニヤ、グアテマラの8種類。サガダとマウントアポはフィリピン産のコーヒーです。

サガダはルソン島北部の山岳地帯で生産されているシングルオリジン。国際的な賞も受賞するほどで、品種はアラビカ種。

抽出方法はカリタドリップ、ハリオドリップ、フレンチプレス、エアロプレスの4種類から選べます。

サガダコーヒー:ビターな甘みと深みのある苦味

フレンチプレスで抽出したサガダコーヒー。ダークチョコレートのようなビターな甘みと、深みのある苦み。そして華やかな香りも併せ持つ絶妙なバランスの一杯。これで120ペソ(約260円)は、かなりリーズナブル。

マウントアポ:フルーティーな香りで爽やか酸味

予想以上に美味しかったので、マウントアポ(アポ山)も注文してみました。アポ山というミンダナオ島にあるフィリピン最高峰の山でとれるコーヒー豆です。

とてもフルーティーな香りで、後味スッキリ。サガダより酸味が効いていて、まろやかな口当たりで飲みやすく、エチオピアに似ています。

フィリピンに来て初めて知ったフィリピン産のスペシャリティコーヒー。こんなにレベルが高いとは思いませんでした。

古くからあるバラコというリベリカ種のコーヒーだけでなく、サガダやマウントアポなどアラビカ種も見逃せません。

あわせて読みたい
フィリピンを代表するバラココーヒーとは? 日本ではあまり知られていないが、フィリピンはコーヒーの生産国である。 古くはスペイン植民地時代から栽培されていて、最も伝統的なのが「バラココーヒー」。 タガロ...
あわせて読みたい
世界的に希少なエクセルサ種のコーヒー豆を買ってみた フィリピンがコーヒーの生産国と知って以来、すっかりローカルコーヒーにハマっている。 先週末はマニラのとあるカフェに行って、エクセルサ種という世界的に希少なコー...
あわせて読みたい
なぜフィリピン人は日常的に祈るのか 国民の9割以上がキリスト教徒(クリスチャン)のフィリピンでは祈りが日常生活に浸透している。 食前に祈りを捧げるのはもちろん、教会の前を通るときですら十字を切る...
目次
閉じる