就職留年は不利だし失敗した。でも後悔はしていない

社会人になって早4年。

忙しい日々が過ぎ去る中、就職活動は遠い昔のことように感じる。

いま思うと就活は苦行でしかない。

なかなか思うように結果がでず悩んでいる人も多いだろう。

僕も上手く行かず死ぬほど悩み、苦悩の末、就職留年という道を選択をした。

結論から言うと、満足のいくような結果は得られなかった。

しかし、社会人生活数年を経て振り返ると必ずしも無駄ではなかったと思う。

この記事では、就職留年のデメリット、そしてなぜそう思うのか書いていきたい。

就職留年のデメリット

現役時代に比べると明らかに不利

現役生のときと比較すると確実に不利になるのが就職留年。

企業によっては気にしないところもあるかもしれないが、ESの通過率は明らかに落ちた。

就職留年というだけで色眼鏡で見られるのは事実。

面接で突っ込まれたとき、上手く答える事ができず何度も気まずい思いもした。

留年にしたことに対する納得できる理由を用意できない限り、相手の反応は厳しいのが現実。

モチベーションの維持が大変

ただでさえ神経をすり減らす就職活動。

1年以上モチベーションを維持しながら続けるのは並大抵の事ではない。

長引けば長引くほどネガティブになり、面接も上手くいかず負のスパイラルに陥る。

僕自身、就職留年を決意してから一旦就活を止めた。

モチベーションが持たなかった。

お金がかかる

一人暮らしの学生にとって、お金は切実な問題。

1年間の生活費と活動費、そして追加の学費を合わせるとかなりの金額になる。

就活に時間を割くためにバイトの稼ぎもあてにできず、親に頼ることになるだろう。

しかし、一般的な親なら反対して当然。

就職留年の最初の壁は親の説得。

1年遅れて社会人になる

社会人生活数年を経て振り返ると、20代の1年は想像以上に貴重。

自分より若い優秀な人材を目の当たりにして、もっと早くから働いていればよかったと何度も後悔した

技術職だったので、1年の経験の差は想像以上に大きい。

もしやりたいことが決まっているなら、できるだけ早くその業界に入ることがおすすめ。

就職留年を失敗した僕が思うこと

以上のように就職留年のデメリットは想像以上に大きい。

成功する人もいるが、大半の人は失敗するだろう。

事実、僕も結果から見ると就職留年に失敗している。

しかし、それでもなぜ無駄だったと思わないのか考えてみた。

やらない後悔よりやる後悔

「納得のいくところから内定がもらえなかった」

「もう少し頑張ればもっといいところから内定がもらえるかもしれない」

そう悩んでいる人は多いだろう。

僕が一番思うのは、納得がいかないまま就職して後悔するぐらいなら、就職留年して失敗した方がマシだということ。

もちろん就職留年を一方的に推奨しているわけでない。

それ相応のデメリットと、それを背負う覚悟が必要になる。

でも仮に自分の気持ちを裏切って就職したとして、自分にまったく合わなかったとしたら…。

それなら就職留年というチャレンジを選択する方が、結果はどうあれ自分の人生に納得できるんじゃないだろうか。

僕は後悔だけはしたくなかったので就職留年を決意した。

結果的に満足できるようなもではなかったが、後悔はしていない。

強い意志と明確な目標が必要

最後に、就職留年を成功させるためには強い意志と覚悟が必要。

就活といっても結局は自分との戦い。

どれだけモチベーションを高く維持して、目標に対してコミットできるか。

具体的に行動に移す力、そして長期に渡る就活に耐えられる精神力も必要。

周りの友人たちが一足先に社会に出て、おいてけぼりの状態でただひたすら就活を続けるのは予想以上に辛い。

軽い気持ちで就職留年という道を選択するのだけはNG。

一度就職留年をすると決めたからには、全ての結果を引き受け、自分の人生に責任を持つ。

その覚悟を決めることが大切。