コラム

就職留年は不利だし失敗した。でも後悔はしていない

社会人になって早4年。

社畜のごとく働き、最近では就職活動も遠い昔の出来事のように感じます。

いま思うと就活ってすごい大変ですよね。

なかなか思うように結果がでず悩んでいる人も多いとおもいます。

かくいう僕もその一人で、なかなか上手く行かずに死ぬほど悩んでいました。

そして苦悩の末、就職留年という道を選択をしました。

結論から言うと、満足のいくような結果は得られませんでした…

しかし、社会人生活数年を経て振り返ってみると、

就職留年は必ずしも無駄ではなかったと思っています。

この記事では、なぜそう思うのか書いていきたいと思います。

就職留年しようか悩んでいる人にとって少しでも参考になれば幸いです。

就職留年のデメリット

まずは就職留年のデメリットをしっかり肝に銘じましょう。

僕みたいに軽い気持ちで選択すると、想像以上のプレッシャーに大変な思いをします。(笑)

現役生と比べられると確実に不利になる

これは間違いありません。

企業によっては気にしないところもあるかもしれませんが、ESの通過率が明らかに落ちました。

いろんなところで言われている通り、現役生と比べられると就職留年生は不利です。マイナスからのスタートです。

面接で突っ込まれたときに、上手く答える事ができずに気まずい思いもしました。

しっかりとした明確な理由がある、もしくは十分に対策を練らないと厳しいのが現実です。

モチベーションの維持がめちゃくちゃ大変

ただでさえ神経をすり減らす就職活動です。

それを1年以上も、常に高いモチベーションで続けてるのは並大抵の事ではありません。

長引けば長引くほど辛くなっていきます。

思考もネガティブになり、面接も上手くいかなくなるという負のスパイラルに陥りやすいです。

実際に僕も就職留年が決まってから一旦就活を止めました。モチベーションが持ちませんでした。

明確な目標と強い意志がないと詰む可能性大です。

なによりもお金がかかる

特に一人暮らしの学生にとって一番の問題がこれです。

一年間の生活費と活動費、そして追加の学費を合わせると馬鹿になりません。

なにより就活を重視しなければいけないのでバイトの稼ぎはあてにできず、結果的に親に頼ることになるでしょう。

就職留年の最初の壁は親の説得だと思います。

一般的な親なら反対して当然でしょう。僕は半泣きになりながら実家で土下座した覚えがあります。

一年遅れて社会人になることについて

この事実をそこまで気にしている人は少ないと思いますが、意外と大きかったりします。

社会人数年を経て、この一年は想像以上に貴重な時間のように感じます。

実際社会に出て働き出して自分より若くて優秀な人間にたくさん出会うと、もっと早くから働いていればよかったと数え切れないほど思いました。

特に僕の場合は経験がモノを言う技術職だったので、この一年の経験の差はかなり大きかったです。

もしやりたいことが具体的に決まっているなら、さらにそれが専門職ならいち早くその業界に入ることを強く勧めます。

就職留年を失敗した僕が思うこと

今まで上げてきたように就職留年のデメリットは大きいです。

もちろんしっかり対策を練って成功する人もいますが、失敗する人も少なくありませんよね。

僕も一般的に見れば就職留年失敗の部類に入ります。

それでもなぜ僕自身が無駄だったと思わないのか、考えてみました。

やらない後悔よりやる後悔

「納得のいくところから内定がもらえなかった」

「もう少し頑張ればもっといいところから内定がもらえるかもしれない」

と悩んでいる人も多いと思います。

ただ僕が一番に思うのは、

納得がいかないまま就職して後悔するぐらいなら、就職留年して失敗した方がマシ。
ということです

もちろん就職留年を推奨しているわけではありません。デメリットもたくさんあります。

でも仮に自分の気持ちを裏切って就職したとして、そこが自分にまったく合わなかったとしたら悲惨じゃないですか。

就職留年しなかったという後悔が尾を引いて残るだけですよね。

誰だって毎日後悔しながら働きたくないじゃないですか。

それなら就職留年というチャレンジを選択する方が、結果はどうあれ自分の人生に対して責任持てると思いませんか?

僕の場合は後悔したくなかったので就職留年を選びました。

簡単でないことは分かっていましたし、結果も満足できるようなもではなかったですが後悔はしていません。

就職留年しても成功できる人

僕の失敗した経験からどういう人なら就職留年しても成功できるのか考えてみました。

意志が強くて明確な目標を持っている人

まずは意志の強さですね。就活といっても結局は自分との戦いです。

どれだけモチベーション高く行動できるか。それを維持し続けられるか。

そして明確な目標を持っているか。

絶対にこの仕事がしたいという強い気持ちと、どうすればそれを実現できるか考え具体的に行動に移すことができる人。

長期間に渡る就活に耐えられる強い精神力と忍耐力も必要です。

周りの友達が一足先に社会に出て、おいてけぼりの状態でもくもくと就活を続けるのは予想以上に辛いです。

軽い気持ちで就職留年を選んでしまわないように注意しましょう。

すると決めたからには全ての結果を引き受け、自分の人生に責任を持つこと。

その覚悟を持つことが大切です。

ABOUT ME
宮本鉄馬
宮本鉄馬
アラサー。マイペース。人見知り。編集プロダクション→ポストプロダクション→映像デザイン会社→ワーホリでカナダ、現地就職に失敗→セブ島でIT留学、プログラマーを断念→フィリピンで働く。何気ない日々のことを書いています。