「とりあえず3年」は必要か。新卒1年で転職した

新卒で入社した会社を1年で辞めて転職した。

世間では「とりあえず3年働け」と言われてるが、後悔はしていない。

新卒で入社して「本当に3年も働く必要があるのか」と疑問に思っている人もいるだろう。

僕個人の意見としては、やりたくない仕事ならとりあえず3年働くのは時間がもったいないということ。

3年もやるほど人生は長くない

まず3年は長い。

やりたくない仕事を3年もするほど人生は長くない。

しかも、20代前半という人生で一番貴重な時期。

ほかにやりたいことがあって辞めようか悩んでいるなら、できるだけ早く行動をした方がいい。

仮に新卒で入社して3年間働いたとして、転職するころには26歳。

すでに20代後半で、業界によってはもう若くない年齢。

新しいことに挑戦するなら若ければ若いほどチャンスがある。

やりたいことが決まっているなら、1年目だろうがすぐに辞めて自分のやりたいことを目指すのが一番。

辞めようか悩んでずるずる働いていると、確実に辞めにくくもなる。

自分の将来のことを考えると、すぐに転職なり行動するのが吉。

やりたいことが分からないなら

一方、新卒で入社して辞めようか悩んでいるものの、やりたいことが分からないという人もいるだろう。

僕自身も当時は明確な目標がなく、ただ、ずるずる仕事を続けることに対する不安もあった。

では、その場合どうすればいいのか。

タイムリミットを決めてみるのはどうだろう。

1年間がむしゃらに働いてみる

たとえば1年間、がむしゃらに働いてみる。

1年というスパンを取れば、数か月働いただけでは見えてこないものが見えてくる。

タイムリミットを決めれば、気が乗らない仕事でも今まで以上に頑張れる。

世間が3年かけて学べということを、1年間で身につける。

3年は無理でも、1年だけなら続けられる人もいるだろう。

数か月しかない職歴だと転職では不利だが、1年の経験はプラスになり得る。

僕自身、1年で辞めて異業種への転職だったが、その1年の経験を買われた部分があった。

なので、やりたいことが分からない人は3年といわず、1年間だけ必死で働いてみる。

そうすると見えてくるものがあるし、その経験は自信にもつながる。

まとめ

簡単にまとめると、

  • 3年もやりたくない仕事をやるほど人生は長くない
  • やりたいことが明確な人は、すぐに辞めるて行動するのがベスト
  • 明確な目標がない人は、とりあえず1年間がむしゃらに働いてみる

というのが僕の考え方。

新卒で今の仕事を続けようか悩んでいる人の参考になれば。