「とりあえず3年」は無駄。新卒1年で辞めて転職しました

新卒で入社した会社を1年で辞めて転職しました。

よく世間では、

「とりあえず3年は働かないと意味がない」

「最低でも3年は働け」

などと言われたりしますが、後悔はしていません。

新卒で入社して「本当に3年も働く必要があるのか」と疑問に思っている人もいるでしょう。

僕の意見としては、やりたくない仕事ならとりあえず3年働くのは時間の無駄です。

この記事では、なぜ「とりあえず3年」は無駄なのか、僕自身の経験から考えてみます。

3年もやるほど人生は短くない

まず3年ってめちゃくちゃ長いです。やりたくない仕事を3年もするほど人生は短くないです。しかも20代前半という人生で一番貴重な時期ですよ。

なので、ほかにやりたいことがあって辞めようか悩んでいるなら、できるだけ早く行動をした方がいいと思います。

仮に新卒で入社して3年働いたとしたら、転職する頃には26歳ですよ。気づいたら20代後半で、業界によってはもう若くない年齢だったりします。

言うまでのなく、新しいことに挑戦するなら、若ければ若いほど有利です。

なので、やりたいことが明確に決まっている人は、すぐに辞めて自分のやりたいことを目指す方がいいです。

それに辞めようか悩んでずるずる働いていると、僕の経験上確実に辞めにくくなります。なのでもし辞めたいと思ったら、すぐに行動に移すことですかね。

でも反対に、やりたいことが明確に決まっていない人もいると思います。

新卒で入社した会社を辞めたいと思っているけど、やりたいこともよく分からない。

それにせっかく入った会社を数ヶ月で辞めるのに、抵抗がある人もいると思います。

僕も始めは明確な目標がなく、さすがに数ヶ月で辞めるのはまずいんじゃないかと心配でした。転職するときに、やっぱり不利になるんじゃないかと。

じゃあその場合、どうすればいいのか。

まずタイムリミットを1年と決める。そしてその1年間がむしゃらに働いてみるというのはどうでしょう。

1年間ひたすら働いてみる

すぐに辞める勇気がないあなた。最初に1年間というタイムリミットを決めて、その1年間がむしゃらに働いてみましょう。がむしゃらに働くというのは、世間が3年かけて学べということを、1年で身につけてやればいいんです。

それに3年は無理という人でも、1年間なら我慢できそうな気がしませんか?

数ヶ月しかない経験だと明らかに転職で不利かもしれませんが、1年間死ぬ気で働きましたと面接でアピールすることは十分可能です。

僕自身も、ちょうど1年で辞めて転職しました。転職先はまったく違う業種でしたが、面接でその1年間の頑張りを認めてもらうことができ内定につながりました。

なのでちんたら3年といわずに、1年間とにかく必死で働いてみる。

そしてその必死で働いた経験を面接でアピールする。やりたいことがあったけど、とりあえず1年がむしゃらに頑張りましたと言えば向こうも理解してくれると思います。

まとめ

まとめると、
・3年もやりたくない仕事を我慢する必要はない
・やりたいことが明確な人は、すぐに辞めるべき
・反対に明確な目標がない人は、とりあえず1年間がむしゃらに働いてみる

新卒で入社したけど、「とりあえず3年続けるべきかどうか」悩んでいる人も多いと思います。

何かほかにやりたいことがあって、このまま今の仕事を続けていくべきか迷っている人もいるでしょう。

確かに、新しいことにチャレンジするときは早ければ早いほど有利です。でもそれに伴うリスクもあります。

なので、勢いも大切ですがよく考えてから行動するようにしましよう。

人生は一度きりです。悔いのないよう生きましょう。

最新情報をチェックしよう!