【フィリピン】雨が降るとネットが繋がらなくなる国

フィリピンでは雨が降るとネットが繋がらなくなる。

回線速度が遅くなるとかじゃなく、本当にネット自体が繋がらなくなるから困る。

目次

ゲリラ豪雨でネットが繋がらなくなる

雨季に入ったフィリピンの天気は不安定で、晴れてたと思ったら突然ゲリラ豪雨が発生する。今日も遠くで雷が聞こえたと思ったら、直後、土砂降りになってネットが繋がらなくなった。

仕事は完全にストップ。雨が弱まってネットに繋がるまで待つという、日本では考えられないような事態が頻繁に発生する。

日本人からしたらイライラするのが普通だけど、周りのフィリピン人は慣れっこで、いつものことのように平然としている。

15分ぐらい経って雨が弱まってきて、ネットが徐々に繋がるようになって、でも話にならないぐらい速度が遅くて…。こんな感じでイライラするのがフィリピン生活。

雨が降ったら「天の恵みだな」と思う

こんな感じで、ネットが遅い・繋がらないでイライラしてたら、フィリピンでは生活にならない。ほかにもいろいろ不便なことは山ほどあって、いちいちイライラしてたら、ただの心の狭い日本人になってしまう(それはイヤだ)。

そうならないためには、自分の考え方を変えるしかなくて、たまたま読んだ斎藤一人さんの本『仕事と人生』にこんなことが書いてあった。

追突されたときは、「コノヤロー」って感じるかもしれない。

でも、あとになって「あのときはツイてた」と思い直すことができれば、魂が成長するんです。

だからさ、雨が降ったら、「イヤだな」ではなく「天の恵みだな」。

出典:斎藤一人『仕事と人生』

心の舵を切るのは、いつも自分自身。忘れかけていた大切なことを思い出すきっかけになった、そんなフィリピンでの生活。

この記事を書いた人

散歩と写真、コーヒーが好き | 内向的なHSP | 孤独を愛するソリタリー | 油断すると10時間以上寝るロングスリーパー。

目次
閉じる