努力しないのは悪いことじゃない。他人に強要する権利もない

日本には、負け組になりたくなければ努力しなければならないみたいな風潮がある。

年功序列・終身雇用が崩壊して新自由主義が謳われるようになってからは、個人の能力がより重視されるようになり激しい競争社会になった。

競争を勝ち抜くためには努力することが必至となって、その結果精神的に追い込まれて鬱や精神疾患に陥る人が増えた。

僕も小さいときから努力しなければならないという価値観に取り憑かれていたが、『メンタルの強化書』を読んで「おや?」となった。

努力しないのは悪いことじゃない

フィリピンには努力もせずダラダラ過ごしている人がたくさんいる。そんな人を見るたびにモヤモヤしていたが、『メンタルの強化書』を読んで自分が間違ってたことに気づいた。

努力は本人が自主的、主体的にするものであって、第三者が努力しろと強制する権利は本来どこにもありませんし、努力しなければいけないという義務など存在しないのです。当然そこに責任など生じるものではありません。

出典:佐藤 優 『メンタルの強化書』

努力して成功した人が賞賛される社会では、落ちこぼれないようがむしゃらに頑張ることを求められる。しかし、努力しなければいけないという義務など存在しない。

日本人は努力を絶対的な価値として捉え、努力しないやつは悪みたいな考え方に陥りがちだが、必ずしも努力しないことは悪いことではない。努力するしないはその人の自由でそこに責任は発生せず、他人に努力を強要する権利もない。

たとえば、ワープアなのはその人が努力しなかったからだという自己責任の問題にすり替えられがちだが、努力しなかったことの責任が問われる理屈はないという。

そしてこの大きくのしかかる自己責任感が、真面目な気質の日本人を精神的に苦しめているのは間違いない。

キリスト教は不完全な人間の責任を問わない

本書を読んで面白いなと思ったのが「キリスト教は不完全な人間の責任を問わない」という章。

人間は不完全で愚かであるから、必ずどこかで失敗し、罪を犯します。その時に神に向かってrespons、すなわち弁明することは許されています。そして神の前で反省し、悔い改めることだけが求められているのです。では、人間の罪の責任はだれが負うのでしょう?それは人間を作り出した神が自ら負うのです。神の子イエスがゴルゴタの丘で自らの命を捧げたのは、まさに愚かな人間の罪を贖うためでした。そんな視点から改めて世の中を見ると、巷間言われている「自己責任論」など、なんともちっぽけでつまらないものに思えてこないでしょうか?

出典:佐藤 優 『メンタルの強化書』

まさにカトリックが大半を占めるフィリピン人の国民性によく当てはまる。努力するもしないも、全ての結果は神の子イエスの責任だから本人は別に悪くないと。

フィリピン人が貧しいながらも日本人より幸せそうな生活を送っているのは、全ての責任を神に委ねて自己責任感から解放されているから。だから、あんなにのんびりしていられるんだと思う。

投稿日:
カテゴリー: 雑感