プレミアプロ本の新定番「Premiere Pro よくばり入門」が分かりやすい

以前、Premiere Pro初心者が読むべき本。おすすめは1冊という記事で、初心者向けの本を紹介しました。

その記事では『プロが教える!Premiere Pro デジタル映像編集講座』をおすすめしたんですが、新たに『Premiere Pro よくばり入門』という本が出版されました。

実はリンク先の記事から売れていて気になって読んでみたのですが、予想以上に読みやすくていい。

これはプレミアプロ初心者本の新定番になるかもしれないということで、この記事で紹介します。

目次

プレミアプロ本の新定番「Premiere Pro よくばり入門」

タイトルPremiere Pro よくばり入門
著者金泉太一
価格¥1,474(税込)
発売日2020/9/18
特徴Premiere Proを使った動画編集の基本やさまざまなテクニックを豊富な作例を用いて、初心者にもわかりやすく解説。
おすすめな人
  • Premiere Proの使い方を学びたい人
  • 動画編集の基本を学びた人

Premiere Pro初心者向けの本として2020年9月に新しく出版された『Premiere Pro よくばり入門』

発売直後からAmazonのレビューでも好評で、Kindle Unlimitedで読み放題だったので読んでみたのですが、初心者向けの新定番になると確信。

まず読んでみて一番初めに感じたことは、デザインが綺麗で読みやすいということ。

Premiere Pro本ってどうしても取っ付きにくい印象があるなか、純粋に読みやすいことに感動。

読み手に負担を与えない洗練されたデザインで写真も豊富。初心者でも楽しみながらすいすい読めると思います。

「Premiere Pro よくばり入門」で学べること

入門という名のとおり、Premiere Proの使い方から動画編集の基本、アニメーションやエフェクト、さらにはクオリティアップのための演出手法まで学べます。

これ一冊しっかりやり込めば、Premiere Proを使った動画編集の基礎、プラスアルファのことは確実に身につくでしょう。

もちろん練習用ファイルもダウンロードできるので、実際に手を動かしながら学べるのもポイント。

特に素材のフォルダー管理の仕方から説明しているのは、初心者にとってとても親切だなあと。

動画のトーンの調整の仕方や、手ぶれ補正、マルチカメラの編集方法も載っていて、基本的なことはしっかりカバーされている感じ。

最終章では「レシピ動画をつくろう」と題して、構想と撮影の仕方、編集まで紹介されているので、初心者にとって役立つこと間違いなし。

『Premiere Pro 演出テクニック100 すぐに役立つ! 動画表現の幅が広がるアイデア集』は?

タイトルPremiere Pro 演出テクニック100 すぐに役立つ! 動画表現の幅が広がるアイデア集
著者井坂光博、谷口 晃聖、Rec Plus ごろを
価格¥3,520(税込)
発売日2021/3/23
特徴Premiere Proを使った100の動画表現の手法を学べる。
おすすめな人
  • Premiere Proの基本操作ができて実践的なスキルを身につけたい人
  • 動画を用いたプロモーションを行ないたい人

ちなみに3月には『Premiere Pro 演出テクニック100 すぐに役立つ! 動画表現の幅が広がるアイデア集』という新しい本も出版されました。

こちらは動画編集を一から学ぶというよりは、実践的で具体的なテクニックを学びたい人向けの本ですね。

たとえば、落書きアニメ風のエフェクトを付けるとか、波に漂うようにタイトルを揺らすとか、回想シーンっぽく演出するとか。

Premiere Proの基本操作を覚えたあとに、より実践的なスキルを身につけて、魅力的に動画を演出する手法を学びたい脱初心者向けの一冊です。

まとめ

ということで、そんな感じで褒めてばっかりでしたが、読みやすくておすすめなのが『Premiere Pro よくばり入門』

プレミアプロ初心者向け解説本の新定番になるんじゃないでしょうか。

単行本は2,948円ですが、Kindle版は1,474円と安いのも特徴です。

こういうソフトの解説本って3,000円以上するのが多いんですが、とても良心的な価格設定。

さらにKindle Unlimitedの会員なら読み放題に含まれているというサービスっぷり。

Premiere Proの使い方を学びたい、動画編集の基礎を学びたいっていう方は参考にしてみてください。

あわせて読みたい
After Effects初心者におすすめの本4選。入門から脱初級まで 映像制作ソフトといえば、After Effects。 映画のタイトルやキャラクターアニメーション、目を奪われるかっこいいエフェクトまで。 モーショングラフィックス•VFX業界の...
あわせて読みたい
映像制作・動画編集におすすめのペンタブ2選 普段ペンタブを使って動画編集や映像制作をしています。 使うソフトはAfter EffectsやPremiere Proが多く、作業スピードが格段にアップします。 ということで今回は映像...
あわせて読みたい
Udemyで人気のBlenderのコースを買ってみた感想 ここ最近3Dができないと仕事の幅が広がらないなあと感じる。 過去にCinema 4Dを少し使っていたが、サブスクリプション料が高くて新規で契約する気にならず。 なら最近人...
目次
閉じる