【関西人必読】関西弁を英語に翻訳「なんでやねんを英語で言えますか? 」

「関西弁を英語に翻訳すると?」

英語を学習している関西人なら、一度は感じたことがある疑問。

「なんでやねん」「しょうもない」など関西人がよく使うフレーズは英語でなんていうのか。

英語が得意ならそれなりに近い訳が出てくるかもしれないが、関西弁特有の微妙なニュアンスを表現できているのか。

そんな英語学習者の悩みをどんぴしゃで解決してくれるのがこの本。

『「なんでやねん」を英語で言えますか?』

「なんでやねん」を英語で言えますか? 知らんとヤバいめっちゃ使う50のフレーズ+α Let’s speak in Kansai dialect / 川合亮平 【本】

created by Rinker

「なんでやねんを英語で言えますか? 」の内容

中身はタイトルそのまま。関西人がよく使う関西弁のフレーズを、英語でなんていうのかわかりやすく解説した本。

具体的には、6つのパートから構成されている。

  • 「めっちゃ使うフレーズ50」
  • 「やさしい活用講座」
  • 「関西特有の文化」
  • 「英語でツッコミマスター」
  • 「よくわかる使い分け」
  • 「英語で漫才」

最初の「めっちゃ使うフレーズ50」では、「なんでやねん」「しょうもな」「えげつない」「じゃまくさい」「なんのこっちゃ」など、50もの関西弁のフレーズが英語訳と掲載されている。

一部を紹介すると、

なんでやねん=No way、しょうもな=That’s dull、えげつない=Brutal、じゃまくさい=Can’t be bothered、なんのこっちゃ=What the hell!

また、第2章の「やさしい活用講座」では、基本語の活用を英語で学ぶことができる。

どういうことかと言うと、「ええ」の活用として「ええの?」「ええで」「ええやろ?」「ええやろ!」「ええなあ」など。

それぞれの微妙なニュアンスの違いを英語で表現されている。

ええの?=Are you sure?、ええで=Sure、ええやろ?=(It’s) nice, don’t you think?、ええやろ!=Who cares?、ええなあ=I’m jealous.

上記はあくまで一部で、本書ではさらにバリエーションが展開されていて驚く。

関西人でもなかなか意識しないような、かなり細かい部分まで網羅されていて圧倒的な充実度。

もちろん著者の川合亮平さんは大阪生まれ大阪育ちのバリバリの関西人。

イギリスを中心とした俳優やミュージシャンへインタビューなどをしている方。

関西の文化についても学べる

さらに関西弁の英語訳だけでなく、関西独自の文化も英語で学習することができるのがすごいところ。

「551の豚まん」「吉本新喜劇」など、関西ではお馴染みの文化について、愉快なキャラたちによる会話形式で説明がなされていて読み物としてもおもしろい。

関西人にとっては当たり前のことだが、改めて紹介されているのを読むと思わず笑ってしまう。

もちろん大阪のおばちゃんがよく使う台詞「飴ちゃんいる?」(Want a candy?)も。

関西の文化を外国人に説明したいときは、本書に載っている英語がそのまま使えるうえ、関西に興味がある人も楽しめる。

英語と関西弁を同時に学習することができる一石二鳥の本書。

英語を学習したい関西人だけでなく、関西に興味がある人にもおすすめです。

「なんでやねん」を英語で言えますか? 知らんとヤバいめっちゃ使う50のフレーズ+α Let’s speak in Kansai dialect / 川合亮平 【本】

created by Rinker