無印のボーンチャイナのコーヒーカップに入れるとコーヒーがうまい

無印良品でボーンチャイナのコーヒーカップを買った。

普段はハリオのラウンドマグを使ってるが、すべすべの見た目に惚れて思わず購入。

なめらかな艶が美しく、見ているだけで所有欲を満たされる、無印のボーンチャイナのコーヒーカップを紹介。

目次

無印のボーンチャイナのコーヒーカップを買った

こちらが無印で買ったボーンチャイナのコーヒーカップ。容量は約235ml、別売りのソーサーも一緒に購入。

なめらかな質感と光を通す美しい見た目に惹かれ、買うつもりはなかったのに買ってしまった。

ボーンチャイナとは

ボーンチャイナとは磁気の種類(中国産という意味ではない)で、牛の骨灰(ボーンアッシュ)を陶土に混ぜて製造される。

もともとは18世紀のイギリスで発明された手法で、中国磁器で使用されていた白色粘土の代わりに牛の骨灰を使ったことから名付けられた。透光性の高い乳白色のなめらかな艶が特徴で、ウェッジウッドやノリタケ、ナルミの洋食器に使われていることでも有名。

一般的な磁器に比べて素地が薄くても強度が高いのが特徴。ボーンチャイナはどうしても高いイメージがあったが、無印で700円ぐらいで買えるなんて知らなかった。

ツヤっとした滑らかな質感は、老舗のノリタケやナルミのボーンチャイナと遜色ないように見える。生産は三重県の志摩で、かたちの美しさだけでなく使い勝手にもこだわったとのこと。

重さは約130gと重すぎず軽すぎず。光の入り加減が綺麗で、つるっとし手触りが最高。

丸みを帯びた飲み口。

こちらはカップと一緒に買ったプレート。直径約14cm、高さ約2cmで同じくボーンチャイナ。値段は税込で約600円、カップと合わせて合計約1300円。

ボーンチャイナで入れるとコーヒーがうまい

早速コーヒーを淹れてみた。HARIO V60 耐熱ガラスドリッパーを乗せる。容量が240mlなので、コーヒー1杯120mlにちょうどいい大きさ。

よく見るとカップの内側に細いラインが入っている。

ボーンチャイナのカップで飲むと、いつもよりコーヒーが美味しく感じるから不思議。ということで、楽しみがまた一つ増えた。

あわせて読みたい
【HARIO ラウンドマグ レビュー】シンプルで美しい コーヒー用のシンプルで美しいガラスマグを求めて購入したのが、HARIO(ハリオ)のラウンドマグ。 耐熱ガラスを使用した、ホットでもアイスでも使える、ラウンド型のフ...
あわせて読みたい
HARIO V60 ドリッパー。おすすめはガラス製 家で淹れるコーヒーにこだわりたくて購入した、HARIO(ハリオ)のV60 コーヒードリッパー。 コーヒードリッパーと言えばHARIOのV60シリーズ、その中でも今回購入したの...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

🇵🇭マニラからお届け

目次
閉じる