無印でいい感じのボーンチャイナのコーヒーカップを買った

先日無印良品でボーンチャイナのコーヒーカップを買った。

ハリオのラウンドマグがあるので買うつもりはなかったが、見た目がいい感じで思わず購入。

なめらかな艶がとても綺麗で、眺めているだけで満たされる。

ということで、無印で買ったボーンチャイナのコーヒーカップを紹介します。

目次

無印でいい感じのボーンチャイナのコーヒーカップを買った

こちらが無印で買ったボーンチャイナのコーヒーカップ。容量は約235mlで、別売りのソーサーも一緒に購入。

なめらかな質感と光を通す美しい白に惹かれて、買うつもりはなかったのに買ってしまった。

ボーンチャイナとは

ボーンチャイナとは磁気の種類(中国産という意味ではありません)で、牛の骨灰(ボーンアッシュ)を陶土に混ぜて製造される。

もともとは18世紀のイギリスで発明された手法で、中国磁器で使用されていた白色粘土の代わりに牛の骨灰を使ったことから名付けれた。

透光性の高い乳白色のなめらかな艶が特徴で、ウェッジウッドやノリタケ、ナルミの洋食器に使われていることでも有名。

また一般的な磁器に比べて素地が薄くても強度が高いのも特徴。

ボーンチャイナはどうしても高いイメージがあったが、無印で700円ぐらいで買えるとは知らなかった。

なめらかで優美な見た目。老舗のノリタケやナルミのボーンチャイナと遜色ないように見える。

生産は三重県の志摩で、かたちの美しさだけでなく使い勝手にもこだわった食器とのこと。

重さは約130gと重すぎず軽すぎず。横から見ると光が綺麗に入って艶が際立つ。つるっとし手触りが最高。

丸みを帯びた飲み口。

こちらはカップと一緒に買ったプレート。直径約14cm、高さ約2cmで同じくボーンチャイナ。

値段は税込で600円ぐらい、カップと合わせて合計約1300円。

無印のボーンチャイナのコーヒーカップを使ってみた

早速コーヒーを淹れてみた。HARIO V60 耐熱ガラスドリッパーを乗せる。

容量が240mlなので、コーヒー1杯120mlにちょうどいい大きさ。

内側に繊細なラインが入っているのが特徴ですべすべしている。

いい感じのカップで飲むと、いつもよりコーヒーが美味しく感じる。

ということで、楽しみがまた一つ増えた。

あわせて読みたい
自宅コーヒー初心者におすすめの道具一式。安くて使いやすい器具 最近コーヒーにハマって自宅で美味しいコーヒーを淹れてみたいと考えている初心者の方に向けて。 それなりに美味しいコーヒーにこだわってきた僕が、安くて簡単に淹れら...
あわせて読みたい
コーヒーを勉強するために読んだ本まとめ|初心者向け コーヒーについて勉強し直したいなと思い、巷で評判のコーヒー本を何冊か買って読んでみました。 専門的な本を読むのは10年ぶりで、大学生のときに読んだ『コーヒー「こ...
あわせて読みたい
コーヒー用にタニタの洗えるクッキングスケールを購入。かなりいい 去年から家で本格的にコーヒーを淹れるようになって、いろいろ器具を試しています。 ドリッパーにサーバー、ミルやポッドなど一通り買いそろえて、唯一持っていなかった...
目次
閉じる