鉄分が豊富なミロ。貧血気味の大人におすすめ

フィリピンではミロが大人気。コンビニで紙パックが売られていたり、子供だけでなく大人にも愛されています。

ふと「ミロの栄養素」が気になったので調べてみると、ビタミンやミネラルを含むバランスのいい飲み物と判明。

特に鉄分が豊富に含まれているので、貧血気味な大人におすすめです。

目次

ココア味の麦芽飲料ミロとは

ミロは、ネスレが発売するココア味の麦芽飲料で、日本では1973年より販売されています。

名前の由来は、ギリシャ神話に出てくるチャンピオンアスリート、ミロン(Milon)。

今では世界30か国以上で販売されている人気ドリンクで、1934年にオーストラリアで考案されたのが始まり。

子供向けのイメージが強いですが、中南米や東南アジアでは大人にも飲まれています。

日本ではミロ(MILO)と呼ばれますが、正式な読み方はマイロゥ。海外でミロと言っても通じないので要注意。

ミロに含まれる栄養素

フィリピンに来てから飲むようになったミロ。調べてみると、とても栄養バランスの優れた飲み物と判明。

体に必要な2種類のミネラルと、6種類のビタミンが含まれています。

  • カルシウム
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • ビタミンD
  • ビタミンC
  • ナイアシン

特に、現代人に不足しがちな、カルシウム・鉄・ビタミンDが豊富に含まれているのが特徴。

成長期の子供だけでなく、大人にとっても手軽に栄養を補うドリンクとして最適です。

鉄が豊富に含まれているという点から、貧血気味の大人の女性にもおすすめされています。

フィリピンで人気のミロ

フィリピンでミロは大人気。子供だけでなく大人にも愛されています。

日本でミロを飲んでいる大人は見ませんが、フィリピンでは仕事中に飲んでいる人もいます。

フィリピン人の友人にきくと「体にいい」からと親に無理やり飲まされようで、その習慣が大人になっても残っていると。

また、フィリピンにいるとYouTubeで頻繁にCMが流れてくるので、メディアの影響も大きいでしょう。

コンビニで売っているミロ

フィリピンではコンビニで手軽に買えることから、毎日紙パックのミロを飲むようになりました。

値段は30ペソ、日本円で約60円。ココア風味でおいしいのでついつい飲んでしまいます。

フィリピンにありがちな甘すぎるドリンクと違って、ほどよい甘さなのも安心です。

貧血気味の大人に最適なミロ

フィリピンに来て、ミロは栄養バランスのいい飲み物だと知りました。2種類のミネラルに6種類のビタミン。

特に、カルシウム・鉄・ビタミンDが豊富なので、貧血気味の大人にも最適。

成長期の子供だけでなく、栄養が偏りがちな人も飲んで損はありません。

この記事を書いた人

散歩と写真、コーヒーが好き | 内向的なHSP | 孤独を愛するソリタリー | 油断すると10時間以上寝るロングスリーパー。

目次
閉じる