【メリタ フレンチプレス スタンダード】全パーツ分解可能。スリムなデザインで手入れのしやすいガラス製フレンチプレス

シンプルで使いやすいフレンチプレスを探して見つけたのが、メリタのフレンチプレス スタンダード。

スリムで無駄のないデザインに、全パーツ分解可能と、洗いやすくて使いやすいのが特徴。

この記事では、メリタのフレンチプレ スタンダードについて、実際に使ってみたレビューを紹介します。

目次

メリタ フレンチプレス スタンダードについて

Amazonで購入したメリタのフレンチプレス スタンダード。口コミ数だとボダムのフレンチプレスが圧倒的に人気で、どちらかというとマイナーな部類。

ただ、ボダムのガッチリとしたデザインとは対照的に、スリムでミニマムなデザインにひかれ購入を決意。メリタはドイツに本社を置くコーヒー機器メーカーで、1つ穴のコーヒードリッパーや、最近では全自動コーヒーメーカーが有名。

スリムで無駄のないデザイン

そんなメリタのフレンチプレス スタンダード。スリムで無駄のないデザイン。

耐熱ガラス((耐熱温度差120度))を使用して、本体だけでなく、取っ手もガラス製。

最大容量は350ml 。一度に3杯までコーヒーを抽出することが可能。本体には目盛りがついていて、いちいち湯量を測らなくていいのは助かる。

底には黒いゴムのカバーがついていて、しっかり衝撃をカバー。

もちろん取り外し可能で、ゴムがない方がよりシンプル。

プランジャーを取り外すと、本体はガラスのコーヒービーカー。

プランジャーは清潔感のあるステンレス製。編み目は、手持ちのボダムのフレンチプレスと比べると若干粗めな感じ。

フタの裏側は白いプラスチック。

ステンレス製のコイルがついたコプランジャー。洗いやすく劣化しにくいのが特徴。

全てのパーツを分解可能

メリタのフレンチプレスを選んだ理由の一つが、全てのパーツを分解して洗浄できること。プランジャーはもちろん、本体もガラスだけになるので、とにかく洗いやすい。ボダムのフレンチプレスは、本体と取っ手が取り外せない場合があり、隙間に汚れがたまってストレス。

メリタのフレンチプレスは完全に分解できるので、すみずみまで洗浄でき、清潔に保つことができるのはうれしい。

重さもわずか230g。無駄な装飾がないので、とても軽い。スリムでコンパクトで、場所を取らないのもポイント。

唯一気になる点を挙げるとすれば、指が本体の底まで届かないこと。底まで丁寧に洗うにはスポンジが必要になる。細長い形状で女性の手でも入らないので、注意が必要。

メリタ フレンチプレス スタンダードの使い方

実際にメリタのフレンチプレスの使い方を紹介します。基本的にほかのフレンチプレスと使い方は同じ。

1杯分10〜12gのコーヒー粉を、本体に投入します。濃いめのコーヒーが好きなら、多めに入れるのがおすすめ。

フレンチプレスなので、挽き加減は中挽きが最適。

お湯の温度は95度前後が適温。沸騰したら火を止めて、すこし冷ました温度です。挽いた豆の上に、直接お湯を注いでいきます。

目盛りを参考に、入れる杯数分までお湯を注ぎます。1杯分なら2と書いてある目盛りの下までになります。

お湯を注いで3分後、プランジャーをぎゅーっと押し込みます。

プランジャーを押してたら、グラスに注いでできあがり。

メリタ フレンチプレス スタンダードのレビューまとめ

メリタのフレンチプレス スタンダードのレビューをまとめると、

いい点
  • スリムで無駄のないデザイン
  • 本体に目盛りがあるので便利
  • 230gと軽くてコンパクト
  • 全てのパーツが分解可能で洗いやすい
気になる点
  • フィルターの目が少し粗い
  • 指が底まで届かないので、洗うときはスポンジが必要

シンプルなデザイン洗いやすい、使いやすい、フレンチプレスを探している人におすすめです。

あわせて読みたい
【HARIO V60 計量スプーン カパー】銅の輝きが美しい。持っているだけで満たされるコーヒーメジャー
【HARIO V60 計量スプーン カパー】銅の輝きが美しい。持っているだけで満たされるコーヒーメジャー先日アマゾンで購入した、HARIO(ハリオ)V60 計量スプーン カパー。銅の輝きが美しい、スタイリッシュなコーヒー粉の計量スプーンです。この記事では、HARIO V60 計量...

この記事を書いた人

気になるガジェットやモノ、サービスなどについて紹介しています。

目次
閉じる