【マニラ】ロックダウンを強化。再びMECQへ

8月4日からMECQ(修正を加えた強化されたコミュニティ隔離措置)に逆戻りしたマニラ首都圏。

ロックダウン開始5か月、コロナ感染者数が10万人を突破し、再び規制が強化されてしまいました。

マニラはBGC(ボニファシオ・グローバルシティ)の様子を写真で紹介します。

目次

再びMECQに戻ったBGC

再びMECQになって初の週末をむかえたBGC。フィリピン政府によると、8月4日から18日までの2週間、マニラ首都圏全域がMECQに指定されました。


フィリピンのロックダウンはECQ・MECQ・GCQ・MGCQと4段階あり、2番目に厳しいMECQですが、人は意外と出歩いています。

一応不要不急の外出は制限されていますが、犬の散歩やランニングをしている人がいたり。以前のMECQのときに比べると、そこまで深刻さは感じられません。

ただ、飲食店は再びテイクアウトのみになり営業時間も短縮。GCQでは店内飲食が可能でしたが、MECQでは許されません。

こちらはハイストリートにあるレストラン。先週まで賑わっていたのが嘘のように、テイクアウトのみになって活気がありません。

15日からは、電車やバスの公共交通機関を利用する場合は、フェイスシールドの着用が必須になりました。

日曜日のハイストリート

土曜日は出歩いている人が多かったBGCですが、日曜日は雨の影響もあってかゴーストタウン状態。

メインのショッピングストリートであるハイストリートも、日中ほとんど人が歩いていません。

やはりテイクアウトのみになると、お店も閑散としています。「BO’S COFFEE」も閉店しているように見えますが、一応営業しています。

またテイクアウトに対応していないお店は、営業停止の措置をとるしかなく。すでに5か月以上ロックダウンが続いていて、飲食店もこかなり厳しい状態だと思います。

野良猫も食べるご飯がないのか、ぐったり。

だれかがご飯をあげてるのかわかりませんが、明らかに弱っている野良猫も。動物たちもピンチです。

そしてBGCの入り口には再び白いテントの検問所が設けられ、検疫パスがないと自由に移動できません。

ショッピングモールも、検疫パスを提示しないと入れませんでした。

BGCを一歩外に出ると別世界で、一般的なフィリピン人が住むエリアが広がっています。BGCに比べると人通りや交通量は多いですが、安全とは言えません。

コロナの影響でさらに治安が悪化し、地元のフィリピン人ですら危惧する状況に。外国人である僕が、のん気に歩けるほど安全ではないのは確か。

マニラ日本人学校

この日たまたま知った、BGCにあるマニラ日本人学校。日本政府が認める在外教育施設にして、フィリピン唯一の日本人学校です。

ロックダウンの影響で休校してますが、高層ビルに囲まれた近代的な場所にあるので、安心して子供たちも通えます。

近くにはブリティッシュスクールとインターナショナルスクールもあり、フィリピン屈指の教育施設が集まるエリアでもあります。

ロックダウンの影響で、ほとんど人は歩いていませんでしたけどね。

あらためて、BGCは綺麗で安全だということを感じました。

Number17
【フィリピン】コロナ感染者10万人突破。雨の3連休 | Number17
【フィリピン】コロナ感染者10万人突破。雨の3連休 | Number17先日、国内の新型コロナウイルス感染者数が10万人を突破したフィリピン。2日には、新規感染者が5000人を超え、4日連続で過去最多を更新しました。そんな3連休のフィリピン...

この記事を書いた人

1990年生まれ | 編プロ→ポスプロ→VFXデザイナー→カナダワーホリ→セブ島IT留学→マニラ現地採用 | TOEIC875 | フィリピン生活・英語学習・日々の暮らしについて書いています。

目次
閉じる