コラム

【マニラの高級エリア】マッキンリーヒルとフォーブスパーク

今週末はマニラの高級エリア、マッキンリーヒルとフォーブスパークに行ってきた。

マッキンリーヒル

土曜日に行ったのがマッキンリーヒル。マニラにある高級エリアで、ベニス・グランド・キャナルモールっていうヴェネツィアをイメージしたモールがあるような場所。ロックダウン中で人はすくなかったけど、おしゃれな街並みが広がっていて、気持ちのいい場所。

マッキンリーヒルの入り口横にあったモニュメント。フィリピン陸軍の本部があるっぽい。

ただ、一歩外に出ると周りは開発中っていう感じでガランとしてる。遠くに見えるのがTELUSっていうカナダの大手通信事業者のビル。

奥に見える高層ビルがBGC(ボニファシオ・グローバルシティ)。マッキンリーヒルまで歩いて10分ぐらい。BGCに比べたら規模はかなり小さいけど、一応マニラの高級エリアの一つ。

マニラ・アメリカン・セメタリー

日曜日は、まずBGCに隣接するマニラ・アメリカン・セメタリーへ。第二次大戦で犠牲になったアメリカ兵とアメリカ軍に仕えたフィリピン人が眠る広大な墓地。ただ、ロックダウンの影響で中に入れず。

目の前には大きなサークルと緑があってBGCと隣接している。開放感があって気持ちよく、よく散歩で来るお気に入りの場所。

フォーブスパーク

時間があったのでそのままBGCの外に出て、フォーブスパークにある教会へ。BGCとマカティをむすぶマッキンリー・ロードにある、サントゥアリオ・デ・サン・アントニオ・パリッシュ(Santuario De San Antonio Parish)というカトリック教会。

グーグルマップの口コミを見ると結構人気の教会で、フィリピンで見た教会の中で一番おしゃれ。ロックダウンの影響で中に入れなかったけど、雰囲気は最高。周辺はフォーブスパークっていうマニラのビバリーヒルズと呼ばれるエリアで、フィリピン一の高級住宅街。

同じ敷地内にあるサン・アントニオ・プラザという小洒落たショッピングモール

マニラポロクラブという超高級クラブをはじめ、お屋敷みたいな家がたくさんあるエリア。フィリピンの財界人がたくさん住んでいるようで、ゲートがあって関係者以外中に入れないようなっていて警備も厳重。ちなみに、マニラポロクラブに入会するには2名の推薦と日本円で3000万以上の金額が必要らしい。

いつかこういう場所でのんびり暮らしたい、住みたいと思う。そのためになにをすればいいかわからないけど、今朝何気なく読んだ斎藤一人さんの『仕事と人生』に書いてあった言葉。

力まず、気楽に、楽しくしていれば仕事と人生はうまくいきます。

だって。