脳性麻痺のコメディアン、メイスーン・ザイード

「私には99の問題があるが、脳性麻痺はその1つに過ぎない」

聴衆に向かって力強くジョークを交えて語りかける彼女の名は、メイスーン・ザイード。

脳性麻痺で常に震えが止まらないという症状を抱えながら、コメディアンとして生きる道を自ら切り開いてきた。

屈託のない笑顔と澄んだ瞳が印象的なメイスーン。

苦難の連続だった半生を笑いに変えるたくましい姿には、笑いを越えたパワーがある。

脳性麻痺のコメディアン

パレスチナ人の両親のもとに、ムスリムとして生まれたメイスーン。

医者が母親のお腹に6回もメスを入れ、酸欠状態で生まれてきた彼女は脳性麻痺に陥った。

「酔っ払ってはいません」と前置きしておきながら、震えが止まらないという自らの病状を、シャキーラとモハメド・アリを同時にやっている感じと笑いに変える。

晩年、パーキンソン病におかされたモハメド・アリは震えが止まらなかったという。

自らを悲観することのないメイスーンはこう言い切る。

「私は99個の問題を抱えていて、脳性麻痺はその1つに過ぎない」

パレスチナ人でイスラム教徒、女性で障害書。

そして、ニュージャージに住んでいるという自虐ネタで笑いをとるメイスーン(日本でいうと埼玉のイメージ)。

自分の地元については、「ニューヨークまで歩いていけることろが好き」と脳性麻痺に負けずアクティブに生きるメイスーン。

彼女の父親の口癖は、

「お前はできる。絶対にできる(You can do it, yes you can can.)」

父親の愛が彼女を支えた

歩き方を教えてくれたのも父親だった。

5歳のときに、父の足の上にかかとを乗せて歩く練習をした。

また、目の前に1ドル札をぶら下げ、追っかけさせようとしたというジョークも飛ばす。

毎年夏にはパレスチナに帰って、あの手この手で娘を治そうと懸命だった。

鹿のミルクを飲ませたり、死海に浸からせて目が塩水で焼けると「効いてる! 効いてる!」と叫んだという。

叶えられない夢はないと両親から教わったメイスーンは、昼ドラに出演するという夢を抱く。

大学での挫折

奨学金を得てアリゾナ州立大学に進学したメイスーンは、演劇を学びはじめる。

成績はすべてオールAで、ほかの生徒の宿題まで引き受けた。

『ガラスの動物園』のあるシーンを演じるたびに教授たちは涙を流したという。

しかし、それでもメイスーンは役をもらえなかった。

4年生の時に脳性麻痺の女の子の演劇をすることになり、「私はこのために生まれてきた!」と大喜びした。

だが蓋を開けると、脳性麻痺ではない女の子がその役を演じることになった。

納得することができず、半狂乱で学部長のところに駆けつけ理由を問いただしたメイスーン。

学部長は、メイスーンがスタントをできないと思ったからだと答えた。

これに対し、興奮したメイスーンは言った。

「私がスタントをできないなら、そのキャラもできないはずよ!」

 

大学は人生の縮図だった。

脳性麻痺の役をそうでない子が演じている。

ハリウッドでも障害者の役を健常者が演じている。

大学卒業後、地元ニュージャージーに戻ったメイスーンは、昼ドラのエキストラの仕事を得る。

再びの挫折、コメディーとの出会い

夢が叶いつつあった彼女は、すぐにエキストラから脇役になると信じていた。

しかし、実際には彼女の頭の後ろしか映らなかった。

メイスーンは気づいた。

キャスティング担当者は、地に足のつかない障害者は使わない、健常者しか使わないと。

今までの努力を否定されるような状況に直面したメイスーンだったが、同時にあることをひらめいた。

子どもの頃よく見たウーピー・ゴールドバーグやロザンヌ・バー、エレン・デジェネレスにはある一つの共通点があると。

それは、コメディアンだった。

そして、彼女はコメディアンになる道を選んだ。

初めての仕事は、ニューヨークの有名なコメディアンをニュージャージーに車で案内することだった。

いまでも忘れられないのが、ニュージャージの高速道路を脳性麻痺の小娘の運転で走っていると気づいたときのあるコメデェアンの顔だという。

それからメイスーンは、アメリカ全土のクラブでショーを行うようになり、中東でアラビア語のコメディーも披露した。

そして、アラブ初のスタンドアップコメディアンと呼ばれるようになった。

2003年からはニューヨークで、アラブ系アメリカ人のコメディーフェスティバルを毎年開催している。

ビヨンセは車椅子の人になれない

幸いにもメイスーンは、子どもの頃から脳性麻痺でからかわれたことはなかった。

しかし、ネット上では彼女の障害が格好の餌食になってしまう。

「おい、こいつはヤク中か?」

「ガンビー人形の口をしたテロリストだ」

あまりに非情なコメントの数々に言葉を失うが、障害は肌の色と同じくらい明白だとしつつメイスーンは力強く言う。

「車椅子の人がビヨンセになれないのと同じで、ビヨンセは車椅子の人になれない」

エンターテイメントだけでなく、日常生活においても障害者のイメージを変えていきたと語るメイスーン。

私ができるなら、あなたもできる

そして、これまでで一番すばらしかった瞬間を振り返り、モハメド・アリの前でショーをしたことを挙げる。

パーキンソン病で自分と同じように震える彼の前でショーをできたこと、そして唯一父親が見にきてくれた特別なショーでもあった。

最後に、愛する父親の思い出に、アラビア語でトークを捧げたメイスーン。

「私の名前は、メイスーン・ザイード」

「私ができるなら、あなたもできる(If I can can, you can can.)」

 

この投稿をInstagramで見る

 

#Palestine #represent

Maysoon Zayid(@maysoonzayid)がシェアした投稿 –