夜遊びに最適。マカティパレスホテルに泊まってみた

ブルゴス通りにあるマカティパレスホテルに泊まってみた。

歓楽街のど真ん中なので治安は良くないが、リーズナブルな値段で使い勝手がよく、夜遊びに最適なホテル。

目次

マカティパレスホテルに泊まってみた

今回利用したのは、Evening Abode(8PM – 12NN)というナイトパックで、2人で2,300ペソ。事前に公式ホームページから予約した。

当日夜8時にチェックイン。受付で宿泊代と1,000ペソのデポジットを支払う。本来は3,000ペソらしいが、知らなかったのでまけてもらった。

チェックイン時に政府発行のIDが必要で、パスポートの現物の代わりに写真でも大丈夫だった。ちなみにメトロマニラはアラートレベル4のロックダウン中で、レジャー利用できないホテルもあるが、マカティパレスホテルは問題なく利用できた。

部屋はこんな感じで、クイーンサイズのベッド。

リビングにはソファ。今回もともと予約した部屋が空いていなかったらしく、デラックスタイプにアップグレードしてもらった。なので予想以上に広い。

水も用意されてた。

シャワー。

ちなみにシャワーは2つあって、お湯もしっかり出た。

窓からの景色はこんな感じ。ブルゴス通りの反対側なのでそこまでうるさくなかった。

ということで、予想以上に広くてきれいで快適だった。

歓楽街のど真ん中なので治安の心配はあるが、一泊5,000円ほどで快適に過ごせる。

一般の宿泊客もいるが、深夜に中国人2人組がフィリピーナを連れ込もうとしていたり夜遊び向けのホテル。

ちなみに今回遊んだ子はレディーボーイで、あそこがついててびっくり。完全にだまされた。

あわせて読みたい
フィリピンに生きる「困窮邦人」の存在に驚愕 フィリピンについて最近知った衝撃の事実が、困窮邦人の存在。 Amzonnで『日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」という強烈なタイトルにひかれ思わず買っ...
あわせて読みたい
日本人が知らないフィリピンポップスの魅力 フィリピンのポップミュージックを知っているだろうか。 ピノイポップやP-popなどと呼ばれ、日本人には馴染みがないが、ハイレベルで聞き応えのある曲が多い。 高い歌唱...
あわせて読みたい
外国人をからかうフィリピン文化 フィリピンに住んでいると様々なことを経験するが、たまに「もしかしてからかわれている?」と感じるときがある。 例えばお店の前でどれを注文しようか悩んでいるときに...
目次
閉じる