M1 MacBook Air開封。買った理由とか

Apple独自のM1チップを搭載したMacBook Airを買いました。

従来のIntel製のCPUをはるかに上回る性能にひかれ、2015年モデルのMacBook Airから乗り換え。

選んだスペックは、

  • 7コアGPU
  • 8GBユニファイドメモリ
  • 256GB SSDストレージ
  • スペースグレイ

という一番安い吊るしのモデル。ということで早速開封していきましょう。

M1 MacBook Airと一緒に買ったアクセサリーは下記で紹介しています。

あわせて読みたい
M1 MacBook Airと一緒に買ったもの。おすすめのアクセサリーを紹介
M1 MacBook Airと一緒に買ったもの。おすすめのアクセサリーを紹介ついこの間、M1 MacBook Airを買いました。選んだのは一番低スペックのモデルで、開封の様子や買った理由を前回の記事でお伝えしました。今回はM1 MacBook Airと一緒に...
目次

M1 MacBook Air開封

こちらが購入したM1 MacBook Air。

2020年11月発売のApple独自のM1を搭載した最新のMacBook Airです。

同じくM1を搭載したMacBook ProとMac miniもあってどれを買おうか迷いましたが、あんまり性能差がなさそうだったのでAirを購入。

YouTubeでいろいろレビュー動画を見た結果、Airが一番コストパフォーマンスが優れているという結論に達したわけです。

選んだスペックは、8GBユニファイドメモリ+256GB SSDストレージの最安モデル。税込で約11,500円です。

プラス約22,000円でメモリを16GBにするか迷いましたが、そこまで性能に変わりはないということで最安の8GB。

ストレージはSSDで512GB・1Tb・2TBと拡張できますが、そんな使わないだろうということで256GB。

またワンランク上のGPUが8コアのモデルもありますが、これもあまり性能差はなさそうだったので標準の7コアGPUに。

今回はフルHDの動画編集ができる最低限のスペックということで、吊るしのモデルがコスパ最高となったのです。

色は全部で3色展開でスペースグレイにしました。ほかにはゴールドとシルバーがあって、黒っぽいのがかっこいいよかったのが理由。

ちなみにAir本体の見た目は、前モデルのインテル製CPU搭載MacBook Air 2020年3月モデルと全く一緒です。

本体の下には入っている付属品。

Designed by Apple in Californiaと書かれた紙。中には説明書とAppleのロゴシールが入っています。

付属のUSB-C充電ケーブル。長さは2mとなっております。

こちらは30W USB-C電源アダプタ。大きさは手のひらサイズ。

M1 MacBook Air本体。大きさは、幅304.1mm、奥行き212.4mm、高さ4.1~16.1mm。

筐体の素材は再生アルミニウム100%、ロゴは鏡面仕上げで光が反射します。

側面には、USB Type-CのThunderboltが2ポート。残念ながら、USB Type-Aのポートはありません。

反対側には、 3.5mmヘッドフォンジャックがあるだけ。HDMI端子もSDカードスロットもないんですよね。

外付けHDDとかUSB Type-Aのものが多いので、変換アダプタかハブは必須になります。

重さは約1.29kgで、見た目ほど軽くはありません。

片手で持とうとすると結構重いです。

高さは一番薄い部分で4.11mm、薄いですね。

フタを開けると自動的に電源がついて、セットアップを促されます。

言語・地域・WiFi・アカウント作成など、めんどくさいですが一通り入力。

上の写真はすでにセットアップが終わった状態です。

キーボードはUS配列を買いました。

よく言われるダサいひらがなが表記がないので、シンプルでかっこよく見えるのがメリット。

キーボードはバックライトを内臓するMagic Keyboardで、評判の悪かったバタフライキーボードではありません。

バタフライキーボードを使ったことがないので違いがわからないのですが、普通に打ちやすいです。

右上にはあるのが、Touch IDセンサー(指紋認証型電源ボタン)。

2016年のMacBookから搭載されている機能で、人差し指でタッチするだけで電源が入ります。

M1のUSキーボードの特徴として、ファンクションキーに地球儀アイコンが入っていること。

これを押すと英語・日本語を切り替えることができるのですが、アイコンが無い方がシンプルでいい気がします。

またキーボードの横に付いている小さい穴はスピーカーです。

圧力感知機能を搭載した感圧タッチトラックパッド。

2015年モデルのAirとは、タッチ感が全然違いますね。

ディスプレイは13.3インチのRetina。ピクセル解像度は2,560 x 1,600。

環境光に応じて色温度を自動で調整するTrue Toneテクノロジー搭載。

ディスプレイ上部にあるのは、720p FaceTime HDカメラ。

前モデル同様に解像度は高くないんですが、新しい画像処理機能により以前より綺麗に映るとのこと。

今まで使っていたMacBook Air(Early 2015)と並べてみました。

同じ13インチですが、M1の方が小さくて300gぐらい軽いです。

こうして比べて見るとスペースグレイの色がかっこいい。

M1 MacBook Airを買った理由

今回M1 MacBook Airを買った理由としては、MacBook Air(Early 2015)でスムーズに動画編集ができないから。

シンプルに言うと、動画編集用に使えるノートPCが欲しかったからです。

実際購入にいたるまで結構迷いましたが、

  • Premiere Proでサクサク編集できる(HD素材)
  • After Effectsもそれなりに動く
  • Blenderも使える

というのをYouTubeのいろんな検証動画で確認して、M1 MacBook Airの吊るしのモデルを買いました。

さすがに4K 10bitは厳しいようですが、4Kは編集しないので問題なし。

ちなみに、M1ネイティブ対応のFinal Cut Proなら4Kもスムーズにプレビューできてるから驚き。

M1 MacBookでのAfter Effectsの検証動画。

プレビューがめちゃめちゃ高速ってわけではありませんが、これだけ動けば十分かなと。

Blenderも意外とサクサク動くようなので、3Dをはじめて見たい人にもいいんじゃないでしょうか。

まとめ

ということで、M1 MacBook Air開封の様子と買った理由を紹介しました。

まだ買ったばかりなので使い心地はこれからですが、ファーストインプレッションとしては満足です。

実際使ってみての感想は、また随時レビューしていきたいと思います。

M1 MacBook Airと一緒に買ったアクセサリーも紹介しています。

あわせて読みたい
M1 MacBook Airと一緒に買ったもの。おすすめのアクセサリーを紹介
M1 MacBook Airと一緒に買ったもの。おすすめのアクセサリーを紹介ついこの間、M1 MacBook Airを買いました。選んだのは一番低スペックのモデルで、開封の様子や買った理由を前回の記事でお伝えしました。今回はM1 MacBook Airと一緒に...
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる