M1 MacBook Airと一緒に買ったもの。おすすめのアクセサリーを紹介

ついこの間、M1 MacBook Airを買いました。

選んだのは一番低スペックのモデルで、開封の様子や買った理由を前回の記事でお伝えしました。

今回はM1 MacBook Airと一緒に買ったもの、おすすめのアクセサリーを紹介していきます。

目次

M1 MacBook Airと一緒に買ったもの。おすすめのアクセサリーを紹介

Belkin USB-C to USB-A 変換アダプタ

M1 MacBook Air/Proを買ったら必ず必要になのが、USB-C to USB-A 変換アダプタ。

M1 MacBook Air/ProにはUSB-Cポートしかついていないので、普及しているUSB-Aタイプの外部機器を接続するのに必須なんですよね。

Amazonで山ほど売っている変換アダプタの中から、今回僕が購入したのは定番のBelkinの製品です。

Belkinと言えば、アップルストアでも取り扱いのあるブランドで、中華製のものより信頼できるので選びました。

値段も約800円とリーズナブルなので、とりあえず一個買っておけば安心かなと。

ほかのブログでよく紹介されているのが、Rampowの変換アダプタですね。

こちらはケーブルがないので場所を取らずに使えるのがメリット。

Anker PowerExpand USB-C ハブ

USB-C to USB-A 変換アダプタと並んで必須なのが、USB-C ハブですね。

LAN(イーサネット)・SDカード・microSDカード・HDMIなど、さまざまな外部機器と接続することができます。

USB-C ハブにはUSB-Aポートがついているので、ハブがあれば変換アダプタはいりません。

SDカードスロットが欲しい人や外付けモニターに接続したい人は、初めからハブを買うのがおすすめです。

USB-Cハブもいろんなブランドから出ていますが、一番定番なのはAnkerのUSB-C ハブです。

値段もそこまで高すぎず、M1 MacBookAirにも対応しています。

ちなみにUSB-C ハブについては、安い中華性の製品は避けるのが無難です。

パススルー充電で故障するケースが報告されていて、特に安い中華製のハブで起きているとのこと。

この問題はBig Sur 11.2.2へのアップグレードで解決されましたが、ハブを使って充電はしないようにしましょう。

値段は上がりますが、Belkinのハブも信頼できる商品の一つです。

ELECOM 液晶保護フィルム

忘れがちですが、液晶保護フィルムも必須。

掃除が面倒なので、絶対つけておいた方がいいですね。

のぞき見防止・アンチグレアー・ブルーライトカットなどいろいろありますが、僕が買ったのはELECOMのスクリーンプロテクターです。

特徴としては、

  • 反射防止
  • スムースコート
  • エアーレス加工
  • 指紋防止
  • ハードコート加工

で値段は約1,800円。安心の日本製ということで選びました。

実際に貼ってみると、視認性はとてもいいですね。

表面もスベスベで、指でうっかり触っても指紋がつかないのでおすすめ。

キーボードカバー:CrystalGuardMB

キーボードの隙間に入るゴミが気になるに必須なのが、キーボードカバー。

チリやホコリだけでなく、飲み物からもキーボードを守ってくれます。

で今回購入したのは、Amazonのレビューの評判がよかったALLFUNのCrystalGuardMB。

超薄型の0.15mmで、丈夫なソフトTPU素材を使っているのが特徴。

つけてもタイピングの違和感もなく、中性洗剤で水洗いもできるのでおすすめ。

値段は高めですが、MacBook Air/Proのキーボードカバーとしてはmoshiの製品も有名です。

Amazonベーシック PCケース

今回新たにPCケースも一緒に購入しました。

選んだのはAmazonベーシックの、13.3インチラップトップ用スリーブです。

Amazonで人気なので選びましたが、問題なく使えます。

若干余裕がありますが、13インチのM1 MacBook Airもすっぽり収まりますね。

クッション性もそれなりにあるので、とにかく入ればいい無難なケースを探してる人におすすめ。

ちなみにInateckのケースだと、マグネットに反応して勝手に起動するというレビューがあったので避けました。

マウス:MX MASTER 3

動画編集のスピードが上がるかもとマウスも購入しました。

普段仕事ではペンタブを使ってますが、自宅用にMX MASTER 3を使ってみることに。

ロジクールのマウスの上位機種の一つで、数多くのクリエイターが愛用していることで有名。

超高速スクロールやショーカット割り当て機能など、いろんな機能が搭載されています。

まだ使いこなせてはいませんが、手の形にすっと馴染むフォルムが素敵です。

見た目もM1 MacBookと相性がいいですし。

ちなみにMX MASTER 3には、for MacというMac用のモデルもあって、今回買ったのはfor Macじゃない方。どっちでも使えます。

キーボード:MX KEYS for Mac

キーボードは必要ない人も多いですが、今回MX KEYS for Macを買ってみました。

マウスのMX MASTER 3と同じロジクールのMXシリーズで、Macユーザー向けのキーレイアウトになっているのが特徴です。

そしてテンキーつきなので、動画編集やエクセルを使った数字入力の作業なんかにも向いています。

キーストロークも浅めで、Macのキーボードにそっくりです。

値段は1万円以上と高いですが、M1 Mac Book AIrに合う外付けキーボードを探している人におすすめです。

さすがにMX KEYSは高いよっていう人には、ロジクールのK380はどうでしょう。

安くて使い心地のいい、コスパ抜群キーボードとして人気ですね。

外付けHDD:LaCie ポータブルハードディスク

外付けHDDもいろいろありますが、LaCieのポータブルハードディスクをおすすめします。

理由としては、

  • クリエイターで使っている人が多い
  • LaCieという信頼のあるブランド
  • 安定している

ということ。

映像業界で使ってる人が多く、壊れにくいとか安定しているとかいろいろ理由があると思います。

安くはないですが、大切なデータを保存するなら仕方ないかなと、僕もメインの外付けHDDとして使っています。

G-technologyも業界で使っている人が多いです。Macとの相性がいいのか安定して使えるのでおすすめ。

安くて人気のMy Passportを使っていた時期もありましたが、急に認識しなくなったり、安定しないんですよね。

あわせて読みたい
「G-DRIVE mobile」映像クリエイター向けおすすめHDD MacのポータブルHDDとして「G-DRIVE mobile」を使っています。 コンパクトで頑丈、高速データ転送速度に、プロ向けの信頼性。 使いやすさ抜群で、MacのポータブルHDDと...

外付けSSD:Samsung T5

動画編集などクリエイティブ用途に必須なのが、外付けSSD。

HDDより読み書き速度が速いので、作業中の編集素材の置き場所として使います。

おすすめは、クリエイターに人気のSamsung T5の外付けSSD。

読み込みやファイルのコピーが爆速なのはもちろん、めちゃくちゃ静かで安定しています。

大きさも名刺サイズと非常にコンパクトで、持ち運びにも最適です。

あわせて読みたい
「Samsung T5」映像制作向け爆速SSD 動画を編集するときは、内臓メモリーに撮影素材を保存して作業している。 内臓なので安定して速度も出るが、素材のファイルサイズが大きいと無駄な容量をくう。 納品し...
あわせて読みたい
M1 MacBook Air開封。買った理由とか Apple独自のM1チップを搭載したMacBook Airを買いました。 従来のIntel製のCPUをはるかに上回る性能にひかれ、2015年モデルのMacBook Airから乗り換え。 選んだスペック...
あわせて読みたい
Udemyで人気のBlenderのコースを買ってみた感想 ここ最近3Dができないと仕事の幅が広がらないなあと感じる。 過去にCinema 4Dを少し使っていたが、サブスクリプション料が高くて新規で契約する気にならず。 なら最近人...
目次
閉じる