関西人必読。関西弁を英語に翻訳した英会話入門書

「関西弁を英語に翻訳すると?」

英語を学習している関西人なら、一度は感じたことがある疑問。

「なんでやねん」「しょうもない」など関西人がよく使うフレーズは英語で何ていうのか。

そもそも関西弁特有の微妙なニュアンスを、英語に翻訳することはできるのか。

そんな関西人のための英会話入門書がこちら。

『「なんでやねん」を英語で言えますか? 知らんとヤバいめっちゃ使う50のフレーズ+α』

目次

関西弁を英語に翻訳した英会話入門書

『なんでやねんを英語で言えますか? 』は、関西人による関西人のための英会話入門書です。

著者の川合亮平さんは大阪生まれの関西人で、イギリスを中心に通訳・翻訳者として活躍するバイリンガル。

自らの経験をもとに、関西弁のフレーズを英語で何ていうのか、愉快なイラストを用いてわかりやすく解説したのが本書です。

英語を学びたい関西人だけでなく、関西弁を学びたい日本人、さらに外国人でも楽しめる一冊になっています。

「めっちゃ使うフレーズ50」

第1章の「めっちゃ使うフレーズ50」では、日常でよく使う関西弁のフレーズ50個を英語に翻訳しています。

たとえば、

  • なんでやねん = No way
  • しょうもな = That’s dull
  • えげつない = Brutal
  • じゃまくさい = Can’t be bothered
  • なんのこっちゃ = What the hell!

など。関西人なら思わず「なるほど!」と言ってしまうような表現の数々です。

関西弁のニュアンスがうまく英語に翻訳されていて、このパートを読むだけでも買う価値あり。

「やさしい活用講座」

第2章の「やさしい活用講座」では、関西弁の活用を英語で学ぶことができます。

たとえば、「ええ」の活用として次の5つが載っています。

  • ええの? = Are you sure?
  • ええで = Sure
  • ええやろ?= (It’s) nice, don’t you think?
  • ええやろ!= Who cares?
  • ええなあ = I’m jealous.

かなり細かく分類されていて、関西人ですら感心してしてしまうレベル。

しかも上記はあくまで一部、本書ではさらにバリエーションが展開されています。

圧倒的な中身の充実度で、関西弁に興味がある日本人でも楽しめます。

関西の文化も学べる

本書がすごいのは関西弁の英語訳の緻密さだけではありません。

551の豚まん、吉本新喜劇など、関西独自の文化も英語で学習できるようになっています。

大阪のおばちゃんの鉄板フレーズ「飴ちゃんいる?(Want a candy?)」も載っていて思わず笑います。

また、こいけぐらんじさんによる味のあるイラストも魅力。

愉快なキャラクターたちの会話形式になっているので、読み物としても楽しめます。

関西の文化を外国人に説明したいときは、本書に載っている英語をそのまま使えばOK。

英語を学びたい関西人はもちろん、関西弁を学びたい人でも楽しめる英会話本です。

あわせて読みたい
英語を話せるようになりたい!初心者が最初に読むべき本はこれ
英語を話せるようになりたい!初心者が最初に読むべき本はこれ「英語を話せるようになりたいけど、どうしたらいいかわかない」「TOEICは300点台だけど、最短で英語を話せるようになる方法が知りたい」そんな英語学習初心者が最初に...

この記事を書いた人

1990年生まれ | 編プロ→ポスプロ→VFXデザイナー→カナダワーホリ→セブ島IT留学→マニラ現地採用 | TOEIC875 | フィリピン生活・英語学習・日々の暮らしについて書いています。

目次
閉じる