【作例】ライカQを買って後悔はなし

LEICA Q (Typ116)を購入して以来、ブログや日常の写真はライカQで撮っています。

フルサイズの解像度に、空気まで写す圧倒的な描写力。

自分が撮りたいと思った以上の写真が撮れ、しかもコンパクトで持ち歩きしやすい。

純粋に写真を撮る楽しさを教えてくれる、旅行やスナップに最適のカメラです。

この記事では、

  • ライカQのレビュー・使用感
  • ライカQの作例

を紹介します。

目次

ライカQ レビュー

コンパクトで持ち運びしやすい

まずライカQの特徴はそのコンパクトさ。

フルサイズとは思えなサイズ感で、どこにでも持っていけます。

バッテリー込みで約640gと、同じフルサイズのミラーレスや一眼レフに比べるととても軽い。

いつも首からぶら下げて携帯していますが、重くて疲れるということもなし。

そのため圧倒的に写真を撮る機会が増えました。

速くて正確なオートフォーカス

オートフォーカスも速くて正確です。

液晶がタッチパネルになっているので、指でタッチしてすばやくピントを合わせられるのもポイント。

さらに電源を入れてからの起動も速く、撮りたいと思ったものがあればすぐ撮影可能。

ほかのフルサイズのミラーレスや一眼レフにはない機動力で、何気ないシャッターチャンスを逃さない。

そいういう意味ではスナップ向きのカメラで、ストリートフォトグラフィーでも大活躍。

以前は、ソニーα7 IIを持ち歩いていましたが、ライカQを購入してからは家に置きっぱなしです。

それくらい使いやすいカメラで気に入っています。

圧倒的な描写力と解像度

レンズの描写力も圧倒的。その場の空気を優しく写しとるかのようで、初めて撮った写真を見たとき感動しました。

本当に何気なく撮った一枚でも、ハッとするような写りをします。

解像度もキレキレで、開放F1.7でもピント面は非常にシャープだから驚き。

もちろん、F8ぐらいまで絞れば隅々まで解像するのは言うまでもありません。

初心者でも、被写体が大したことなくても、想像以上の写真が撮れるのがライカQのすごいところ。

なんていうか、写真を撮るのが純粋に楽しい、そう思わせてくれるカメラです。

シャッター音がとても静か

さらに個人的にうれしいのが、シャッター音が静か。ほとんど音がしないこと。

カチッと鳴ったかどうかわからないぐらい静かで、外ではほとんど聞こえない。

そのためレストランで料理の写真を撮るのに最適で、周囲の人の妨げにもならない。

張り詰めた場所でも、その場の雰囲気を壊さず撮影できるのはすばらしい。

しかも、F1.7の明るいレンズ、強力な手ぶれ補正付きで、暗い場所でも手ブレせず余裕で撮影できます。

マクロモードで寄れる

しかも、マクロモードに切り替えれば、最短撮影距離17cmまで寄れるから驚き。

マクロを使わなくても、通常モード最短撮影距離30cmなので、手元を撮るのに最適。

50mmのクロップモード使えば、マクロから標準域まで幅広くカバーするポテンシャル。

レンズ交換できなくても、ライカQがあれば望遠以外は撮れます。

ライカQのアクセサリー

ライカQで使っているアクセサリーも紹介。

レンズカバーは、ケンコートキナーの49mmのレンズプロテクターを使用。

付けなくてもいいですが、個人的にはあったほうが安心なので常時オン。

ちなみに、レンズプロテクターをつけた状態でも、レンズキャップは被せられるので心配無用。

大口径ズミクロンレンズを傷つけないためにも、レンズプロテクターは必須です。

また予備のバッテリーとして、シグマのバッテリーを使用しています。

互換性に関しても問題ありません。

純正のバッテリーと予備のシグマのものがあれば、1日ぐらいはスナップ撮影できます。

そしてレンズの掃除に欠かせないのが、HAKUBAのレンズペン。

これが優れもので、軽くこするだけで、カーボン粉末が汚れを吸着して。簡単にレンズが綺麗になる。

定期的にレンズペンで掃除していますが、家でのメンテナンスはこれだけで十分。

センサーにゴミが入ったという話も聞きますが、いまのところ問題ありません。

いろんな場所に持ち運んでいますが、想像以上にタフでしっかりしています。

買ったのは中古


新品を買う予算がなかったので、マップカメラで中古で購入しました。値段は約38万円。

まだライカQ2が発売されていなかったので、新品の値段が60万以上でした。

今はQ2が発売され、若干値下がりしてるので、もう少し待てばよかったと若干後悔しています。

ライカQの作例

ここからは実際にライカQで撮影した作例を紹介します。

画像はJPEG撮って出しで、画角も28mmで撮影したまま。

RAW現像や加工をしなくても、こんな写真が撮れるという参考にしてもらえればと思います。

ライカQ レビューまとめ

というこで、最後にライカQのレビューをまとめると、

  • コンパクトで持ち運びしやすい
  • 速くて正確なオートフォーカス
  • 圧倒的な描写力と解像度
  • シャッター音がとても静か

何気ない日常を、圧倒的なクオリティーで残せる。

旅行やスナップに最適なカメラです。

あわせて読みたい
【作例】RICOH GR III を買った
【作例】RICOH GR III を買った究極のスナップシューター「RICOH GR III」を買った。ポケットに入るコンパクトさで、超高画質。日常使いのカメラとして最高の一台。この記事では、作例を中心にさくっ...
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる