【作例】ライカQで撮る世界。その魅力

「LEICA Q (Typ116)」を購入して以来、ブログや日常の写真はライカQで撮っています。

フルサイズの解像度に、空気まで写す圧倒的な描写力。

自分が撮りたいと思った以上の写真が撮れ、しかもコンパクトで持ち歩きしやすい。

純粋に写真を撮る楽しさを教えてくれ、旅行やスナップに最適のカメラです。

この記事では、

  • ライカQのレビュー・使用感
  • ライカQの作例

を紹介します。

目次

「Leica Q」レビュー・使用感

コンパクトで持ち運びしやすい

ライカQはコンパクトです。

軽くて持ち運びしやすく、どこにでも持っていけます。

同じフルサイズのミラーレスや一眼レフに比べると格段に小さくて軽いです。

常に首からぶら下げて携帯していますが、重くて疲れるということもなし(バッテリー込みで約640g)。

そのため圧倒的に写真を撮る機会が増えました。

速くて正確なオートフォーカス

オートフォーカスも速くて正確です。

液晶がタッチパネルになっているので、指でタッチしてすばやくピントを合わせられます。

電源を入れてからの起動も速いので、撮りたいと思ったものがあればすぐ撮影できます。

同じフルサイズのミラーレスや一眼レフにはない機動力で、何気ないシャッターチャンスを逃しません。

以前は、ソニーα7 IIを持ち歩いていましたが、ライカQを購入してからは家に置きっぱなしです。

それくらい使いやすいカメラです。

圧倒的な描写力と解像度

レンズの描写力も圧倒的です。

その場の空気を優しく写しとるかのようです。

何気なく撮った一枚でも、ハッとするような写りをします。

解像度に関しても、開放F1.7でもピント面は非常にシャープ。

もちろん、F8ぐらいまで絞れば隅々まで解像してくれます。

初心者でも、被写体が大したことなくても、想像以上の写真が撮れるのがライカQのすごいところ。

写真を撮るのが純粋に楽しい、そう思えるカメラです。

シャッター音がとても静か

シャッター音が静かというか、ほとんど音がしません。

カチッと鳴ったかどうかわからないぐらい静かです。

よくレストランで料理の写真を撮るのですが、周りのお客さんの視線を感じたこともなし。

周りの雰囲気を壊さずに撮影することができるのもポイントです。

しかも、

  • F1.7の明るいレンズ
  • 強力な手ぶれ補正

のおかげで、暗い場所でも手ブレせずに余裕で撮影できます。

マクロモードで寄れる

マクロモードに切り替えれば、最短撮影距離17cmまで寄れます。

個人的にはあまりマクロは使いませんでしたが、撮影の幅は広がります。

ただ、通常モードでも最短撮影距離30cmなので、寄れないわけではありません。

最短撮影距離30cmというと、お店で目の前の料理を撮ることができる距離です。

「Leica Q」で使えるアクセサリー

レンズカバーは、ケンコートキナーの49mmのレンズプロテクターを使用しています。

レンズプロテクターをつけた状態でも、レンズキャップは被せられます。

大事なレンズを傷つけないためにも、レンズプロテクターは必須です。

予備のバッテリーとして、シグマのバッテリーを使用しています。

互換性に関しても問題ありません。

純正のバッテリーと予備のシグマのものがあれば、丸1日は持ちます。

レンズの掃除に便利なのがHAKUBAのレンズペンです。

軽くこするだけで、カーボン粉末が汚れを吸着して、簡単にレンズを掃除できます。

定期的にレンズペンで掃除していますが、メンテナンスはこれだけで十分です。

あと、センサーにゴミが入ったという話も聞きますが、いまのところ問題ありません。

いろんな場所に持ち運んでいますが、ボディは想像以上にタフでしっかりしています。

「Leica Q」を中古で購入


新品を買う予算がなかったので、マップカメラで中古で購入しました。

値段は約38万円。

まだライカQ2が発売されていなかったので、新品の値段が60万以上でした。

いまはQ2が発売して値下がりしてるので、ライカQは買い時だと思います。

「Leica Q」の作例

ここからは実際にライカQで撮影した作例を紹介します。

画像はJPEG撮って出しで、画角も28mmで撮影したまま。

RAW現像や加工をしなくても、こんな写真が撮れるという参考にしてもらえればと思います。

「Leica Q」レビューまとめ

以上が、実際にライカQを使用したレビューと作例になります。

簡単にまとめると、

  • コンパクトで持ち運びしやすい
  • 速くて正確なオートフォーカス
  • 圧倒的な描写力と解像度
  • シャッター音がとても静か

何気ない日常を、ハイクオリティーな写真で残したい人には最適なカメラです。

写真にこだわりがある人は、ライカQを買って後悔はないと思います。

あわせて読みたい
ブログ用にRICOR GR3買ったので作例を紹介
ブログ用にRICOR GR3買ったので作例を紹介ブログ用にリコーのGR3(GR III)を購入して、もうすぐ3か月。手のひらに収まるほどコンパクトなのに、超高画質。旅先での撮影だけでなく、何気ない日常生活を切り取る...

この記事を書いた人

1990年生まれ | 編プロ→ポスプロ→VFXデザイナー→カナダワーホリ→セブ島IT留学→マニラ現地採用 | TOEIC875 | フィリピン生活・英語学習・日々の暮らしについて書いています。

目次
閉じる