フィリピンに生きる「困窮邦人」の存在に驚愕

フィリピンについて最近知った事実の一つが、困窮邦人の存在。

アマゾンで『日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」という強烈なタイトルにひかれ、思わずポチってしまいました。

困窮邦人とは

本書のタイトルにもなっている困窮邦人とは、海外で経済的に困窮状態に陥っている日本人のことを指します。その日暮らしの極貧状態で、路上生活やホームレスを強いられている人たちです。

海外でホームレスなんて聞くと、マジかよと思いますが、フィリピンの場合はやはり女性問題。若いフィリピーナを追っかけてフィリピンに渡り、現地で騙されたり、お金をつぎ込んで無一文になるというパターンです。

帰りの航空券を買うお金もなくなって、フィリピンで身動きが取れなくなり、家も追い出されてホームレスになってしまう。そういう人たちが一定数いるという事実に驚きます。

困窮邦人が世界一多いフィリピン

なにを隠そう、この困窮邦人の数が世界で一番多いのがフィリピンで、現地の大使館には3日に1人のペースで、助けを求めにやってくるらしいです。

ちなみに、自分の意思でフィリピンに渡り、自らのお金をつぎ込んで破産した場合、大使館は助けてくれません。というか、お金の援助はしてくれないのが普通のようです。

そんなことのために国民の税金を使えないというのが大使館側の意見で、親族に送金してもらうよう連絡しろと言われるのですが、そういう困窮状態に陥る人たちに限って日本に頼れる家族がいなかったり。

自己責任といえば自己責任なんですけど、そういう人たちを現地のフィリピン人が無償で援助したりしているのも事実です。

フィリピン人が持つ隣人愛

日本ではありえないですが、フィリピンではホームレスの人たちに積極的にご飯を分けてあげたり、貧困者を助けるのが文化の一つです。おそらくこれは、国民の80%以上がカトリック教徒なのに関係していて、「隣人を愛する」という教えが浸透しているでしょうね。

本書の一番はじめに登場する吉田さんなんて、教会で寝泊まりしつつ、デラルクさんというフィリピン人女性のお店の雑用をする対価として、ご飯を食べさせてもらって生活しています。

いまの日本だったら難しいだろうなーってことも、フィリピンだったら少し働く代わりに寝る場所を貸してもらったり、お小遣いをもらったり。かえってフィリピン人のホスピテリティーが、困窮邦人を産む土壌を形成しているのかもしれません。

不思議なもので、お金を持ってたら騙しにくるけど、お金がなくなったら助けてくれる。優しいんだか優しくないんだが分からないけど、弱者には同情してくれるのがフィリピン人。

他人事ごととは思えない

本書に登場する困窮邦人たちは、最終的に自己責任でホームレスになったりしてて、簡単に同情できないんですが、決して他人事とは思えないのが怖い。

一歩間違えれば自分もフィリピンで無一文になって、ホームレスになるかもしれないみたいな危機感があって、読んだ後は複雑な心境になりますね。。

内容も結構生々しくて、正直読んでいると気持ちが落ち込んできますが、フィリピンにこれから住む、もしくは興味があるっていう人は読んで損はないと思います。

「日本は大変じゃん。人間関係も窮屈だからね。南国にはヤシの木がある、バナナがなってるなあとか考えると行きたくなっちゃう。南国の雰囲気が好きだね。実際、ここへ来て、大きなバナナが実ってるのを見ると嬉しくなる。日本を逃げ出したみたいなもんだね。何とかなるかなあと思って」
水谷竹秀. 『日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」』 (p.5).

ABOUT ME
宮本鉄馬
宮本鉄馬
アラサー。マイペース。人見知り。編集プロダクション→ポストプロダクション→映像デザイン会社→ワーホリでカナダ、現地就職に失敗→セブ島でIT留学、プログラマーを断念→フィリピンで働く。何気ない日々のことを書いています。