フィリピンのTinderで無職と会うと90%以上の確率でお金をたかられるから注意な

タイトル通り、フィリピンのTinderで無職の女の子と会うと高確率でお金をたかられる。

これに高卒、シングルマザーが加わると、99.9%の確率でお金のヘルプを要求してくる。

目次

Tinderで無職のフィリピーナと会う

Tinderでマッチした26歳のフィリピーナ。

メッセージのレスポンスがよく、トントン拍子で会うことが決まる。

事前に仕入れた情報によると、現在仕事探し中で、友達作りのためにTinderを使っているとのこと。

やりとりからは、そこまでお金を要求してきそうな感じは伝わってこなかったので、興味本位で会ってみること。

待ち合わせ場所は、BGCのアップタウンモール。

タクシー代がないので事前に払って欲しいとお願いがあったが、あらかじめ言ってくれるだけマシかと思い承諾。

当日仕事を終えて準備をしていると、待ち合わせ時刻の30分前に着いたとの連絡が入る。

てっきり遅れてくると思っていただけに驚きつつ、待ち合わせ場所に向かってみると、タイトなジーンズに黒いTシャツという落ち着いた服装で現れた彼女。

縮れ毛をカチューシャでまとめてオールバックにしているのが印象的で、キリッとした雰囲気だ。

実年齢より少し上に見えるが、20代前半にはない落ち着いた感じもある。

少し待たせてしまったが、特に怒っている様子もなく、話をしながら近くのメキシカンレストランに向かう。

いろいろと明るみにでるバックグランド

レストランに入って注文を待っている間、彼女の身の上についていろいろ聞いてみる。

現在仕事を探していて、ついこの間テレパフォーマンスにも応募したという。

コールセンターで働いた経験があるのかと思いきや、過去にはハウスクリーナーやネイルサロンで働いていたそう。

そもそも大学は行っておらず、高校卒業した直後から家族を支えるため働きに出ているとのこと。

5歳の子供が一人いて、両親と兄弟姉妹と一緒にサンタ・アナに暮らしている。夫とはすでに別れた。

プロフィールにシングルマザーと書いてなかったのでうっかりしていたが、普通に子供がいた。

しかも5歳だから結構大きい、小学校か分からないがオンラインで授業を受けているらしい。

写真を見せてもらうと、色白で目が大きく、クリンクリンの癖毛で白人の子供のように見えたが、夫はフィリピン人だという。

彼女は肌が黒いので、どうしてこんなに白いのか不思議だったが、ロックダウンの影響でずっと家にいたからだそうな。

そんな話を時折寂しそうな表情を見せながらする彼女。

そして過去にハウスクリーニングをしていた経験から、もし必要ならランドリーや部屋の掃除してあげるという。

掃除してもらうつもりはなかったので値段は聞かなかったが、話の節々からお金に困っているのが伝わってくる。

この時点でレッドフラッグだが、印象自体そこまで悪くないので、場所を変えて飲もうという提案を受け別の店に移動することに。

お願いがあると言われたら…アウト

店を変えて仕切り直して、さあ飲もうというタイミングで突然、神妙な顔つきで一つだけお願いがあると言う彼女。

なかなか要点を得ない回りくどい言い方だったが、一言で言うと、お金をヘルプしてほしいとのこと。

お願いと言った時点でなんとなく予想はついていものの、初対面の間柄でいきなりお金を無心されると怒るというより呆れる。

彼女曰く、明日のご飯を買うお金がないので、その分を支援してほしい。

初対面の男にいきなり金銭的支援の要求をできる神経の図太さはある意味すごいが、もちろん断った。

その後何度も「怒ってない?」と聞かれたが、これ以上一緒にいてもしかたないので解散することに。

ただ、微妙な雰囲気のまま別れるのもバツが悪いので、代わりに子供にチョコレートを買ってあげるよと提案。

ファミマに寄ってどれがいいのか聞くと、一番高いトブラローネのチョコレートを差し出してきて笑った。

すこしは遠慮するのかなと思ったら、迷わず一番高級なチョコを選ぶとは。この図々しさは逆に見習いたい。

そしてレジで会計している間に後ろを振り返ると、店の前にたむろしてるストリートチルドレンに小銭を恵んでいた。

さっきまでお金がないと言っていたのに、貧しい人に施す心理がよく分からないが、取れるところからはしっかり取って、貧しい人も助けるという考え方なのか。

最後にタクシー代はもともと払う約束だったのでいくらだったと聞くと、あきらかに盛った値段が返ってきて、こりゃダメだと思った。

目先の現金に目を奪われて安易にウソをついてしまうのは、救いようがないというか。

ということで、Tinderでもなんでも無職のフィリピーナと会うときはお金をたかられる確率大なので要注意。

これに高卒、シングルマザーが加わると、軽々んじょういろいろ理由をつけて、99.9%金銭的支援を要求される。

あわせて読みたい
英語で学ぶフィリピーナのハートを射止める方法『Truly Pinay: Complete Guide to a Filipina’s Heart&#... Myk's Philippine Journeyというフィリピーナとのデート情報を発信しているアメリカ人YouTuberがいる。 彼がフィリピーナを理解するための本としておすすめしていたのが...
あわせて読みたい
フィリピンに生きる「困窮邦人」の存在に驚愕 フィリピンについて最近知った衝撃の事実が、困窮邦人の存在。 Amzonnで『日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」という強烈なタイトルにひかれ思わず買っ...
目次
閉じる