英語

【独学】IELTS6.0を取った僕の勉強法と参考書

先日受験したIELTSで、オーバーオール6.0(各セクション5.5以上)を取りました。

  • 独学かつ初受験
  • 勉強期間は1か月
  • TOEICは500点代後半ぐらい

という条件でしたが、なんとか目標スコアのオーバーオール6.0を獲得。

この記事では、独学でIELTS対策を考えている人に向けて、実際に僕が使用した勉強法と参考書を紹介します。

IELTS(アイエルツ)について

Cambridge

まずIELTSについて知らない人のために簡単に説明します。

IELTS(アイエルツ)とは、海外留学や海外移住の際に必要な英語力を証明するためのテストです。

「International English Language Testing System」の略称です。

イギリス、アメリカ、カナダなど120カ国以上で採用されていて、全世界で140万人以上の人が受験している国際的な英語力試験です。

アカデミックモジュールとジェネラルモジュール

ご存知の方もいるように、IELTSの試験には、アカデミックモジュールとジェネラルモジュールの2つがあります。

2つの違いは、

アカデミックモジュール海外大学、大学院への進学に必要
ジェネラルモジュール海外移住、海外での就労に必要

というように住み分けされています。

テスト内容は4セクション

IELTSのテスト内容は、4つのセクションから構成されています。

  • リスニング
  • リーディング
  • ライティング
  • スピーキング

一般的なTOEICと違い、ライティングとスピーキングがあるのが特徴です。

しかも、この2つは日本人受験者にとって鬼門で、しっかりとした対策が必要です。

スコアは9点満点

スコアは9点満点で、0.5刻み、1~9までの数字で表されます(6.0、6.5など)。

総合点はオーバーオールスコア(1〜9)といい、各セクションの個別スコア(1〜9)から算出されます。

留学の際に求められるスコアの目安として、

海外の大学5.5~6.0
海外の大学院6.5~7.0

上記はあくまで平均値で、学校によって要求されるスコアは異なります。

HPなどから志望校の必要スコアは事前にチェックしておきましょう。

また、オーバーオール6.0以上(各セクション5.5以上)というように、各セクションごとに最低必要スコアが設定されている場合があります。

なので、4つのセクションすべてで、ある程度のスコアを取らなければいけません。

IELTSの勉強をはじめたときの英語力

参考までに、僕がIELTSの対策をはじめたときの状況について簡単に紹介します。

  • 英語の勉強は大学生のとき以来(7、8年ぶり)
  • TOEIC500点代後半ぐらい(7、8年前に受験)
  • 退職したので時間だけはあった

本格的に英語の勉強をするのは大学3年生のとき以来で、約7、8年年ぶりという状況でした。

当時、就活のためにとTOEICを受験したのですが、500点台後半ぐらい。アピールにならない点数だったので忘れました。

それから社会人になっても英語を勉強する機会もなく。

よくて大学生の平均、もしくはそれ以下の英語力だっと思います。

ただ、ラッキーなことに、会社を退職したばっかりだったので勉強する時間はありました。

テスト本番まで、毎日平均すると4、5時間以上は勉強していました。

IELTS対策に使った参考書

Studyingここからは、僕が実際にIELTS対策に使用した参考書を紹介します。

まず知っておいてほしいのは、IELTSのテスト形式は独特だということ。

TOEICとは違い、しっかり対策しないと日本人の平均スコア(オーバーオール5.8)すらとれないと思います。

なので、初受験の人はIELTS専用の対策本で、問題形式に慣れることが重要です。

IELTS専用の対策本

実際に僕が使ったのが『IELTS完全対策&トリプル模試』です。

IELTS対策本の定番として知られていて、口コミでも評判だったので選びました。

結果からいうと、『IELTS完全対策&トリプル模試』をメインに、というかこれ一冊でオーバーオール6.0はとれました。

全部で608ページもあって、中身がめちゃくちゃ充実しています。

初受験の人ならこれ一冊やり通すだけでも、精一杯だと思います。

模試も3回分ついているので、時間がない人は、まずはこれ一冊をみっちりやりこみましょう。

IELTS公式問題集は必要なかった

ケンブリッジの公式問題集ですが、僕は使いませんでした。

そもそも公式問題集は全て英語なので、英語が苦手な人には学習効率が悪いです。

対策本一つで不安な人は、『IELTSブリティッシュ・カウンシル公認問題集』がおすすめです。

ブリティッシュ・カウンシルは、IELTSを協同運営している組織の一つです。

解説も日本語で、リーディング・リスニング・ライティング・スピーキングすべて対策できます。

一応、僕もこの問題集を購入しましたが、時間の問題で使わずでしたが。

なので、『IELTS完全対策&トリプル模試』を一通りやって、時間がある人が買うべき問題集です。

IELTS専用の単語帳

自分の語彙力の確認のためにも単語帳は用意しておきましょう。

僕は一番定番とされている「実践IELTS英単語3500」を使いました。

この単語帳のいいところは、バンドスコア別に単語がレベル分けされていること。

レベルが1〜6まであり、目標とするバンドスコアのレベルまで覚えておけばOK。

実際に僕が覚えたのは、レベル3ぐらいまでで、レベル4と5は確実に高スコアをとりたい人向け。

ダウンロード音声も付いているので、リスニングの勉強にもなります。

時間がない人は、重要語レベル3までは最低覚えておきましょう。

IELTSのリスニング対策

リスニング対策も『IELTS完全対策&トリプル模試』を使い、それと平行してTEDを活用しました。

公式サイトやYouTubeで無料で視聴でき、リスニング対策教材として使えます。

理由としては、

  1. 発音が明瞭
  2. そこまで速くない
  3. 英語字幕を確認することができる
  4. ライティング、スピーキング対策にも応用可能

TEDの動画は10分ぐらいで、IELTSリスニングの長いトークを聞いて内容を理解するセクション対策に使えます。

また、聴衆が聞き取りやすいように話しているので、適度なスピードで発音も明瞭。

IELTSのリスニングパートと共通する点が多く、TEDはかなり使えます。

また、英語字幕が確認できるのも大きなメリット。リスニングの勉強は、聞き流すだけではダメです。

1回目は字幕なしで聞き、2回目で聞き取れなかった箇所を字幕で確認、というのがリスニング力アップのコツです。

TEDのトーク内容自体、最新の研究やアカデミックなものが多く、ライティングとスピーキングのネタにも応用できます。

IELTSのリーディング対策

Felíz Día del libro

リーディングに関しては『IELTS完全対策&トリプル模試』を使用しただけ。

それ以外に、参考書を使ったり対策はしませんでした。

IELTSのリーディング問題形式に慣れ、解き方のコツを押さえたら、あとは問題をたくさん解くだけ。

日本人が一番得意といわれるパートだけあって、高得点も難しくないのがリーディングです。

僕も、リーディングが一番高スコアで7.0でした。

なので、対策本を解いてスコアが取れたら、ライティングやスピーキングの対策に時間をまわす。

もし、リーディングで点数が取れなかったら、語彙不足の可能性があるので単語帳を覚えること。

IELTSのライティング対策

study

個人的に一番苦手なのがライティングパートで、はじめて問題を見たときは白紙。

ライティングに関しても、『IELTS完全対策&トリプル模試』をやれば本番で5.5はとれました。

なにをどう書くべきか、論理的にわかりやすく解説されています。

また、目標スコアごとに解答が数パターン載っているのもポイント。

解説を読んで頭で理解したあとは、模範解答を丸暗記するつもりで、ひたすらノートに書き写しました。

英語が苦手な人は最初はなにも書けないと思うので、模範解答のカタや定番のフレーズを暗記。

そうすると、だんだん書けるようになってきて、本番のテストでも自然と応用が効きます。

IELTSのスピーキング対策

スピーキングに関しては、とにかく必死だったので、DMM英会話 レアジョブ英会話に登録して毎日レッスンを受けました。

参考までに、スピーキング6.0の英語力を紹介した動画を貼っておきますね。

僕は1か月間オンライン英会話を続けて、なんとか5.5。それくらいスピーキングは難しいです。

個人的には、IELTS対策講師がいるレアジョブ英会話の方がよかったです。

IELTS対策をしてくれる講師が在籍していて、本番と同じようにスピーキングテストを受けられるのがメリットです。

ただ、スピーキングに関してはどれだけアウトプットするかが重要なので、自分に合った方を選べばいいと思います。

【公式】レアジョブの無料体験はこちら

【公式】DMM英会話の無料体験はこちら

まとめ

以上が、独学でIELTSオーバーオール6.0を取ったきに使用した参考書と勉強法です。

  • 独学かつ初受験
  • 勉強期間は1か月
  • TOEICは500点代後半ぐらい

という条件で、毎日4、5時間ぐらい勉強すれば、オーバーオール6.0(各スコア5.5以上)はとれます。

独学でIELTS6.0を目指している人の参考になれば幸いです。

TOEIC875点獲得。僕が使った参考書3つ8年ぶりに受験したTOEICのスコアが875点でした。 意外と手応えがあったのもあり、800点を越えたのは素直にうれしいです。 ...
ABOUT ME
宮本鉄馬
宮本鉄馬
アラサー。マイペース。人見知り。編集プロダクション→ポストプロダクション→映像デザイン会社→ワーホリでカナダ、現地就職に失敗→セブ島でIT留学、プログラマーを断念→フィリピンで働く。何気ない日々のことを書いています。