【独学】初受験でIELTS6.0を取るためにやった僕の勉強法

先日、はじめてIELTSを受験しました。

留学したい学校の必要スコアがオーバーオール6.0(各セクション5.5以上)。

1か月という短期間で初受験かつ独学だったんですが、なんとか必要スコアを獲得。

この記事では、独学でIELTS対策をした際に使った参考書や勉強法を紹介します。

IELTS(アイエルツ)について

Cambridge

まず、IELTS(アイエルツ)について簡単に説明すると、海外留学や海外移住の際に必要な英語力を証明するためのテストです。

「International English Language Testing System」の略称ですね。

イギリス、アメリカ、カナダなど120カ国以上で採用されていて、全世界で140万人以上の人が受験している国際的な英語力試験です。

アカデミックモジュールとジェネラルモジュール

ご存知の方もいるように、IELTSの試験には、アカデミックモジュールとジェネラルモジュールの2つがあります。

2つの違いは

  • アカデミックモジュール:海外大学、大学院への進学に必要
  • ジェネラルモジュール:海外移住、海外での就労に必要

というように住み分けされています。

テスト内容は4セクション

肝心のテストの内容ですが、4つのセクションから構成されています。

  • リスニング
  • リーディング
  • ライティング
  • スピーキング

そう、ライティングとスピーキングがあるのが特徴で、この2つのセクションは日本人にとって鬼門です。

スコアは1〜9まで

スコアは1~9までの小さな数字で表されます。

最高スコアは9で、0.5刻みで点数がつきます(6.0、6.5など)。

最終的に、各セクションの個別スコア(1〜9まで)から、総合評価のオーバーオールスコア(1〜9)を算出する方式です。

留学の際に求められるスコアの目安としては

  • 海外の大学:5.5~6.0
  • 海外の大学院:6.5~7.0

上記はあくまで平均値で、学校によって要求されるスコアは異なるので、志望校の最低スコアは要チェックです。

また、オーバーオール6.0以上(各セクション5.5以上)というように、各セクションごとに最低必要スコアが設定されている場合もあるので気をつけましょう。

IELTSの勉強をはじめたときの状況

Studying

まず、僕がIELTSの対策を始めたときの状況について簡単に紹介します。

大学を卒業してすでに6年近く経過、本格的に英語の勉強をはじめたのは数年ぶりという状況でした。

当時、就活のためにとTOEICを受験したのですが、確か500点台後半ぐらい。

それから社会人になってますます英語に疎遠になっていたので、英語力としては平均ぐらい。

確かにもともと英語が嫌いじゃないとはいえ、ブランクがありました。

つまり僕の経験から英語がそこまで得意じゃなくても、しっかり対策すれば独学でオーバーオール6.0はとれます。

IELTS対策に使った参考書

Studying

ここからは実際に使用した参考書を紹介します。

まず、IELTSのテスト形式は独特なので、初心者なら専用の対策本は必須です。

TOEICとはまったく違うので、しっかり対策しないと平均点すらとれないと思います。

なので、初受験の人や英語が苦手な人は、まずはIELTSの問題形式に慣れることが重要。

そのためのIELTS専用の対策本もたくさん出ています。

なかでも、IELTSについて初受験のような人は日本語で書かれた対策本を使うのが効率的です。

IELTS対策本

IELTS完全対策&トリプル模試 (CD book) [ セーラ・モリカワ ]

created by Rinker

僕が使用したのはこの対策本。

これをやっておけば間違いないというぐらい、IELTS対策本の定番中の定番です。

結論から言うと、上記対策本だけでオーバーオール6.0はとれました。

ちなみにですが、初心者がケンブリッジの公式問題集をやっても理解するのに時間がかかるのでやめましょう。

英語初心者なら日本語の解説本が一番効率的です。

この対策本ですが、608ページと中身がかなり充実しています。

模試も3回分ついていて、公式の過去問は必要ありませんでした(もちろん時間がある人はやってもいいでしょう)

ただ、これ一冊やり通すだけでもかなり時間がかかるので、初心者ならこの一冊をみっちりやりこむのが王道です。

IELTS用単語帳

実践IELTS英単語3500 International English Lan [ 内宮慶一 ]

created by Rinker

自分の語彙力の確認のためにも単語帳も必須です。

僕は一番定番とされている「実践IELTS英単語3500」を使いました。

この単語帳がおすすめなのは、バンドスコア別にレベル分けされていること。

基本語と重要語(レベル1〜5)を合わせた全6段階の構成になっていて、目標とするバンドスコアのレベルまで覚えれば安心です。

実際に僕が覚えたのは基本語と重要語のレベル3ぐらいまで。

レベル4と5は、確実に高スコアをとりたい人、もしくは時間に余裕がある人向け。

またダウンロード音声も付いているので、リスニングの勉強にもなります。

時間がない人は、本書の重要語レベル3まで覚えておけばひとまず大丈夫です。

IELTSのリスニング対策

リスニングもメインは上記対策本を使い、それと平行してYouTubeの英語チャンネルを活用。

具体的にはTEDがおすすめです。

公式サイトやYouTubeで無料で視聴でき、リスニング対策の教材として使えます。

  • 発音が明瞭
  • そこまで速くない
  • 英語字幕を確認することができる
  • ライティング、スピーキング対策にも応用可能

TEDの動画は平均すると10分ぐらいで、リスニングのセクション4の長いトークを聞いて内容を理解するという対策になります。

また、聴衆が聞き取りやすいように話しているので、スピードも速くなく発音も明瞭。

IELTSのリスニングパートと合致する点が多く、TEDはかなり使えます。

また、英語字幕を確認することができるのも最大の特徴です。

言うまでもなく、ただ聞き流すだけではダメです。

1回目は字幕なしで聞いて、2回目で理解できなかったとこや聞き取れなかったとこを字幕で確認するのがベストです。

しかも、トーク内容が最新の研究やアカデミックなものが多く、ライティングとスピーキングのネタにも応用できます。

IELTSのリーディング対策

Felíz Día del libro

リーディングに関しては、上記日本語の対策本を使用しただけで、それ以外に対策はしませんでした。

リーディングの問題形式に慣れて、解き方のコツを押さえたら、対策本の問題をたくさん解くだけ。

日本人が一番得意と言われているだけあって、高得点もそれほど難しくないのがリーディングパートです。

僕もリーディングが一番高スコアで7.0でした。

なので対策本を解いてスコアがとれるようになったら、ライティングやスピーキングの対策に時間をまわしましょう。

もし、リーディングで点数が取れなかったら、語彙不足の可能性があるのでまずは単語帳を覚えるのも忘れずに。

IELTSのライティング対策

study

個人的に一番苦手なパートで、はじめて問題を見たときは白紙。

ライティングに関しても、例の対策本をしっかりやれば大丈夫でした。

IELTS完全対策&トリプル模試 (CD book) [ セーラ・モリカワ ]

created by Rinker

何をどのように書くべきか、模範解答を論理的かつわかりやすく解説してくれています。

また目標スコアに解答が数パターン載っているのもポイントです。

頭で理解した後は、模範解答を体に染み込ませるつもりで、ひたすらノートに書き写しました。

英語が苦手な人は最初何も書けないと思うので、模範解答のカタや定番のフレーズを暗記しましょう。

そうすると、少しづつ書けるようになってきて、本番でも自然と応用が効くようになります。

IELTSのスピーキング対策

Headphones

一番対策に時間をかけたパートで、はじめは英語がまったく口から出てこないという状況でした。

英会話教室に通う予算も時間もなかったので、業界No.1のレアジョブ英会話のレッスンを毎日受講。

レアジョブ最大のメリットは、IELTS対策をしてくれる講師が在籍していて、本番と同じようにスピーキングテストをしてくれます。

ちなみに、僕はレアジョブで受けた模擬スピーキングテストとIELTS本番のスコアが同じでした。

それくらいIELTS対策ができる講師は信用でき、具体的なフィードバックやアドバイスはとても役に立ちます。

まとめ

以上が、独学でIELTS6.0をとったときに使った参考書と勉強法です。

評判の対策本をコツコツこなし、スピーキングだけはレアジョブ英会話のILETS対策講師の助けを借りる。

すくなくとも6.0ぐらいなら上記方法で十分でした。

独学でIELTS受験を考えている人の参考になれば幸いです。

最新情報をチェックしよう!