【作例】写ルンですのコツ。失敗した写真も紹介

エモい写真が撮れると「写ルンです」が話題です。

特に、フィルムカメラを使ったことがない若い世代の注目を集めています。

僕も久しぶりに使ってみたくなって、写ルンですを持って奈良公園に行ってきました。

この記事では、写ルンですの使い方やコツを作例を交えながら紹介します。

目次

写ルンですの種類

スタンダードなシンプルエース

写ルンですには種類がいくつかあります。

今回使用したのは、一番スタンダードなシンプルエースというやつです。

2001年12月に発売されたレトロなデザインのモデルです。

カメラのスペックは以下のとおり。

フィルム 135フィルム
撮影枚数 27枚
焦点距離 32mm
絞り F10
シャッタースピード 1/140秒
撮影距離範囲 1m〜無限遠
フラッシュ 内臓(有効撮影距離:1m~3m)
寸法 W 108.0×H 54.0×D 34.0mm
重量 90g

32mmの広角レンズに、絞りとシャッタースピードは固定。

無限遠(ピント調節が不要)で最短撮影距離は1m、露出の調整も必要なし。

そのため、シャッターを押すだけで誰でも簡単に撮れるのが特徴です。

カメラの知識ゼロでも問題ありません。

しかも、コンパクトでとても軽量です。

ボディはたったの90gで、ヤクルト1本分と同じ重さ。

価格はオープン価格で、Amazonでは27枚撮りが900円ちょっとで買えます。

また、フラッシュが内臓されていて、暗いところで撮影するときはフラッシュを利用します。

写ルンですニューウォータープルーフ

水深10mまでの水中で撮影できる防水カバー付きの写ルンです。

ウォータープルーフなので、海中やプールでも使えます。

価格は1500円と、シンプルエースより高めです。

写ルンです プレミアムキット

シンプルエースと専用ハードカバーがセットになったプレミアムキットもあります。

富士フイルムの高性能フィルムコンパクトカメラ「KLASSE W」をイメージしたカバーです。

首からぶら下げて、そのまま撮影することができます。

値段は5000円と若干高めですが、レトロでおしゃれなカバーが欲しい人もいるでしょう。

読み方は「うつるんです」

ちなみにですが、読み方は「うつるんです」。

「写ルンです」を知らない若い人は「しゃるんです」と読むそうです。

写ルンですを買える場所

ビックカメラやヨドバシカメラなどの家電量販店で売っています。

昔はコンビニでも売っていましたが、最近はあまり見かけなくなりました。

だた、観光地のコンビニでは売っていることがあり、奈良公園近くのローソンでは売っていました。

写ルンですを現像できる場所

写ルンですは家電量販店で現像できます。

  • ビックカメラ
  • ヨドバシカメラ
  • カメラのキタムラ

で現像ができ、L版プリント、CDへのデータ化、スマホへのデータ転送ができます。

ただ、ヨドバシカメラのみスマホへのデータ転送ができないようです。

店舗によって利用可能なサービスが違うかもしれないので、事前に電話して確認するのがいいでしょう。

現像にかかる時間は、早いところで1時間ぐらいで終わります。

お店の混雑状況によってもかわるので、あくまで目安ですが。

ちなみに、今回僕は地元の小さなカメラ屋で現像してもらいました。

写ルンですの使い方

写ルンですを使ったことがない人のために使い方・撮り方を紹介します。

富士フイルムのホームページから画像を引用します。

使い方はとてもシンプルです。

  1. 巻き上げダイヤルを止まり切るまで回す
  2. フラッシュが必要か確認(室内はフラッシュ推奨)
  3. シャッターボタンを押す

以上の3ステップです。

シャッターを押して巻き上げダイヤルを回す、その繰り返しです。

フラッシュを使いたいときは、前面の丸いフラッシュスイッチを上にスライドさせます。

すると上部のパイロットランプが点灯するので、その状態でシャッターを切ればフラッシュが発光します。

写ルンですで撮るときのコツ

使い方はとても簡単ですが、撮るときのコツ・注意点があります。

暗いところでは必ずフラッシュをたく

明るい場所ならそのまま撮影できますが、暗い場所では必ずフラッシュをたきます。また、明るく感じるときでも、以下の条件ではフラッシュの使用が推奨されています。

  • 日陰・木陰
  • 室内・車内
  • 逆光

室内はもちろんですが、屋外でも、日陰などの日光が当たらない場所ではフラッシュを活用するのを忘れずに。上の写真でも失敗していますが、暗い場所でフラッシュなしで撮影すると、暗く緑っぽくなって写真が台無しです。

写ルンですは露出の調整ができないので、暗い場所ではフラッシュを使って明るさを補う必要があります。難しい設定がないぶん、そのことは頭に入れておきましょう。

また、フラッシュには有効撮影距離があります。フラッシュが届く範囲のことで、シンプルエースの場合は1m〜3m。夜などの暗い場所で人物を撮影するときは、被写体が遠すぎないよう注意です。

最短撮影距離は1mと寄れない

写ルンですは最短撮影距離1mです。被写体に寄れません。たとえば、料理などのテーブルフォトは、席を立ちでもしない限り撮れないと思っておいた方がいいでしょう。

1mは結構距離があります。しかも、ファインダーをのぞいてもピントが合っている範囲を確認できません。スマフォのカメラ感覚で近くのものを撮っても、現像した写真を見たらピンボケだったなんてこともありえます。上の写真では、手前にいる鹿が近すぎてボケています。

ただ、1mから先は無限遠です。ピントを合わせる必要がないのは、カメラ初心者にはありがたいですね。

ファインダーで見る範囲と、写る範囲にズレがある

ファインダーで見る範囲と、実際に写る範囲に誤差があります。どういうことかというと、ファインダーで見たときより、現像した写真の方が若干広く写ります。

上の写真では、ファインダーでのぞいたとき右端の鹿はフレームから外したんですが、現像した写真を見たら見切れていました。

ファインダーで見えているより広く写ると考えてフレーミングする必要があります。撮影中はうっかり忘れてしまいそうなので覚えておきましょう。

レンズに指がかぶらないように注意

写ルンですは、片手で持てるぐらい小さくて軽いのですが、レンズに指がかぶらないよう注意しましょう。ボディがコンパクトなので、普通に持ってるつもりでも、レンズに指が被ってしまうことがあります。

しかも、ファインダーでは指のかぶりを確認できません。現像した写真を確認したら、端っこに指が写っていたというのはよくある失敗です。上の写真でも、左上に指がかぶって黒くなっています。

自撮りするときのコツ

自撮りするときのコツは、肘をピーンと伸ばすこと。肘を曲げると近すぎてピントが合わなかったり、顔が切れてしまうことがあります。

写ルンですで撮ったエモい作例

ここからは、写るんですの27枚撮りシンプルエースで撮影した作例を紹介します。基本的に、現像して上がってきたデータをそのまま載せています。

まずは奈良公園に向かう途中で一枚撮りました。シャッターを押したのは数年ぶりでしたが、ボタンが軽くてびっくりしました。

カシャッという小気味良い音に、ついシャッターを押してしまいます。光のやわらい感じがエモいです。

実家のアルバムに入ってる写真と雰囲気が同じで、昭和の終わりから平成にかけての懐かしさが蘇ります。

坂をのぼりきると、さっそく鹿の親子を発見。久しぶりに見る奈良の鹿に、思わずテンションが上がります。

ただ、デジタルカメラと違い写ルンですは撮影枚数が限られています。27枚は意外と少ないので、慎重にシャッターを切らないとすぐ終わります。

逆光だったのでどう写るか心配でしたが、しっかり鹿が撮れていました。白飛びし過ぎず、フレアもゴーストもなく、意外とちゃんと写っています。

コンパクトなのでスナップに最適です。とても軽くて、一切ストレスになりません。ミラーレスや一眼レフの重いボディに慣れていると、軽すぎて心配になるぐらい。

余談ですが、この日は平日で観光客ばかり。歩いてる人の半分以上は外国人でした。

天気は曇り気味。晴れているうちに撮っておこうと、ついシャッターを押します。

視線を感じて振り返ると、じーっと見つめてくる鹿がいて、思わずシャッターを押す。中心部分は解像しているものの、四隅は画質が落ちていて周辺光量も落ち気味です。

カメラの性能的に優れているとはいえませんが、逆にこの感じがエモさを演出しています。フィルム特有のざらっとしたノイズもいい感じ。

写ルンですの焦点距離は32mm。広角なので風景などの広い画を撮るのに向いています。旅行などに持って行って、観光地の景色を思い出として残すには最適。

ただ、ちょっと広いと感じるときもあるので、そのときは自分の足で調整しましょう。

右端に鹿が見切れていた一枚。フレームから外したつもりだったのが完全な誤差。ファインダーをのぞいて見える範囲より、実際に写る範囲の方が広いのが原因です。

後ろの木の葉っぱが、風でブレています。シャッタースピードは1/140秒で固定なので、日中でも風が強いと被写体ブレがおきます。

写ルンですの最短撮影距離は1m。近くを撮るのは苦手です。手前にいる鹿が1m以内に入っているので、ピントが合わずボケています。

おそらく、これでちょうど被写体まで1mぐらいです。

東大寺の南大門。

南大門の下。日が当たらない暗い場所なのに、フラッシュをたかなかったので緑ぽっくなりました。ノイズもだいぶのっています。

トーンカーブでグリーンを抑えるとすこしマシになりました。ただ、後処理にも限界があるので、日中でも暗い場所ではフラッシュ必須です。

海外からの観光客、特にアジアからの観光客が圧倒的に多かったです。

縦位置にしたら、レンズに指がかぶって左上が黒くなった一枚。コンパクトなので持つときに気をつけないと、指がかぶってしまいます。

この写真も明らかに緑っぽくなっていました。明るさが足りないとこういうことになるようです。

日の当たらない林の中。ここは明らかに暗い場所でした。今回完全にフラッシュを使うことを忘れていて、残念な仕上がりに。

無理やり修正しても、ノイズがひどくて細部がつぶれています。右側に光線漏れみたいなのも入っています。

これもフラッシュなしで暗くてグリーンっぽくなっったので修正しました。

すこしでも暗いと思ったら、フラッシュを使用するのを忘れずに。

そして、これが27枚目で全て撮りきりました。まだまだ撮りたい場所はあったんですが、27枚では足りませんでした。

昔はそれで十分な気がしたんですが、観光地などを周るときは何個か持っていくのがおすすめです。

まとめ

写ルンですの使い方やコツを作例を交えながら紹介しました。

コンパクトで使いやすい分、意識しないとうっかりミスをしてしまいます。

ただ、だれでも簡単に撮れるというメリットがあります。

また、ノスタルジックでエモい雰囲気は、スマフォやデジタルカメラでは出せない大きな魅力です。

現像するまで、どんな写真が撮れたかわからないワクワク感もあります。

気軽にエモい写真を撮りたい人は、写ルンですが最適です。

あわせて読みたい
「写ルンです」で撮影した秋の奈良公園26枚
「写ルンです」で撮影した秋の奈良公園26枚【作例】写ルンですのコツ。失敗した写真も紹介で、久しぶりに写ルンを使ってみて、すっかりその魅力にハマってしまいました。今回は写ルンですを持って、秋の奈良公園...

この記事を書いた人

1990年生まれ | 編プロ→ポスプロ→VFXデザイナー→カナダワーホリ→セブ島IT留学→マニラ現地採用 | TOEIC875 | フィリピン生活・英語学習・日々の暮らしについて書いています。

目次
閉じる