コラム

センスがないデザイナーに送るセンスを磨く方法

僕は最近までCGデザイナーとして働いてました。

未経験で就職したためにいろいろ苦労したんですが、

その中でも一番の問題が、センス。

始めの頃は、本当に毎日のように上司に言われてました。

「センスないねー」

って。

デザイナーとして働いているのにセンスがないなんて…

それくらい最初の僕はヒドかったんです…。

でも泥臭いですがなんとか努力でカバーしてきました。

いやー大変だったなー(遠い目)

この記事では僕の経験から学んだセンスを磨く方法みたいなのを、

センスがないと悩んでいる新人デザイナーに向けて書いてみたいと思います。

センスは生まれつきなのか

「センスは生まれつきで決まるんじゃないの?」

と信じている人もいると思いますが、必ずしもそうとは限らないと思います。

確かに始めからめちゃくちゃセンスのある人ってたまにいます。

本当に何をやってもいいものを作っちゃうみたいな。いとも簡単に。

でも、そういう人って本当にごく一部です。

おそらく大概のデザイナーは、新人時代にボロクソ言われつつ努力してセンスを磨いてきたと思います。

センスを磨く方法

じゃあデザイナーとしてセンスを磨くには具体的にどうすればいいのか。

僕の経験から学んだことを考えてみたいと思います。

とにかくインプットを増やす

まず最初にとにかくインプットしましょう。

未経験の人や経験の浅いデザイナーって圧倒的にインプットが足りなかったりします。

そのことに自分では気づいていなかったり。

僕も恥ずかしい話ですが自分でインプットが足りないなんて思ってませんでしたから。

しかもインプットって意識的にしようと思わないと意味がなかったりします。

ただ何となく見るのと、少しでも仕事に使えそうな部分はないか意識しながら見るのとでは大違いです。

センスのあるベテランのデザイナーもみんな言いますよね。

「インプットは大事だと」

インプットなくしては、良いアウトプット、デザインは生み出せません。

いいもの、クオリティの高いものとは何かを理解する

次に大事なのが、クオリティの高いものに触れるということです。

すごく当たり前ですよね。いいものを作るにはいいものに触れるしかありませんから。

でも本当に最初の頃って、

なにがいいものなのか分からない

ってことありませんか?

とりあえずインプットを増やしたはいいけど、いいものって何だろうみたいな。

そういう場合はセンスのある人に聞いて教えてもらうのが一番ですね。

「よく参考にしている作品とかありますか?」

とか。

でも本当に最初の頃って教えてもらっても、何がいいのか分からなかったりします。

僕も最初の頃は教えてもらっても、どこがいいのか首をかしげることもあったりしましたが、

そうしてちょっとずつクオリティの高い作品に触れてると、不思議とだんだん分かってくるようになります。

いいもの、クオリティの高いものの基準みたいなやつが。

それが分かれば、自分のセンスもぐっと伸びると思います。

センスのある人の真似をする

本当にセンスがないと悩んでいるなら、センスのある人の真似をすればいいんです。

変な話、その人の趣味や考え方、仕事のやり方をコピーする。

たぶん一番早く仕事ができるようになる方法って、仕事ができる人の真似をすることなんです。

よく初心者にかぎって自分独自のオリジナルの方法でやろうとしたりしますが、かえって遠回りです。

なのでセンスのある人になりたかったら、センスのある人の真似をする。

自分のプライドやセンスを捨てて、素直に真似をできる人が一番成長できると思います。

例えそれが嫌いな上司であっても、自分のためには必要かもしれないですよ。

まとめ

まとめると、

[box class=”box2″]・とにかくインプットを増やす
・いいもの、クオリティの高いものとは何かを理解する
・センスのある人の真似をする
[/box]

僕も新人の頃は、本当にダメ出しばかりでした。やれセンスがないだなんだのと。

センスがないデザイナーに送るセンスを磨く方法でも努力をすればデザイナーとしてのセンスを磨くとこは十分可能です

ABOUT ME
Kenta
Kenta
写真・カメラ・映像制作。ワーホリ→セブ島留学→海外就職。時間と場所に縛られずに生きる。 お問い合わせはこちら
こちらの記事もおすすめ