仕事を辞める勇気がない人への3つのアドバイス

「仕事がつまらない」

「職場の人間関係に耐えられない」

「将来が見えず不安でしかたない」

でも,仕事を辞める勇気がない…と悩んでいる人は多いと思います。

僕自身何回か転職を経験しましたが、上司に「仕事を辞めます」と伝えるのは本当に勇気が必要でした。

この記事では、仕事を辞める勇気がない人への3つのアドバイスを僕の経験から書いていこうと思います。

目次

辞めることによる周囲への心配をやめる

仕事を辞められず躊躇している人は、こういう悩みを持っています。

「自分が辞めると職場のみんなに余計な迷惑がかかるんじゃないか」

「ただでさえ人手不足なのに自分が抜けると仕事が周らなくなるかもしれない」

僕も1年ちょっとしかいなかった会社を辞めるときでさえ、このような心配にとりつかれました。

しかし今思えば、すべて杞憂です。

あなたが仕事を辞めても仕事は周るし、職場のみんなにも迷惑はかかりません。

一切かからないといえば嘘になりますが、びくびく心配して自分の将来を犠牲にするほどのことではありません。

もしあなたがいなくなっても、すぐに代わりの人が入ってきて会社は周ります。

むしろ一旦転職してみれば、あれだけ心配していたのが馬鹿らしくなります。

辞めることによる周囲への心配は杞憂

新人のときから指導してくれた上司に恩義を感じる人もいるでしょう。

でも義理や恩は、必ずしもあなたが仕事を辞めてはいけない理由になりません。

今いる会社でしっかり働いていれば十分で、いい上司ならそれを理解して気持ちよく送り出してくれます。

自己中心的に聞こえるかもしれませんが、自分のことを一番に考えるのが大切。

他人の心配をするより、自分の将来の心配をすべきです。

特に真面目で優しい人ほど自分を犠牲にしてしまうので、このことをしっかり肝に銘じておかないといけません。

辞めたいと思いながら働くのは周りに迷惑

また、毎日辞めたいというネガティブな気持ちで働いていると周りにも迷惑です。

気づかないうちに態度に出てしまったり、社員のモチベーションを下げるかもしれません。

そもそも辞めたいと思っている社員と一緒に仕事をしたいと思う人はいません。

そんな気持ちで働くぐらいなら、思い切って辞めたほうが会社にもあなた自身にもためになるのは明らか。

まとめ

仕事を辞める勇気がない人への3つのアドバイスを紹介しました。

  • 辞めることによる周囲への心配は杞憂
  • 他人の心配をするより自分の将来を心配する
  • 辞めたいと思いながら働くのは周りに迷惑

これらのことをしっかり理解しておくと決断しやすくなると思います。

あわせて読みたい
会社に愚痴ばっかり言う人に限って辞めないという事実 あなたの周りに、会社の愚痴ばっかり言う人っていませんか? 「給料が安い」「休みがない」「残業が多い」などなど。 口をついて出るのは会社や仕事に対する文句や愚痴...
あわせて読みたい
転職は縁とタイミング。20代で2回転職して思うこと 新卒で就職して、約3年間で2回転職を経験しました。2回とも未経験の職種への転職です。 日本では転職に対して悪いイメージを持っている人が多く、なかなか一歩踏み出せ...
目次
閉じる