未経験で映像デザイナーに転職。諦めなけらばなれる

最近まで都内の会社で映像デザイナーとして働いていました。

美大や専門学校を出たわけでもなく、まったくの未経験での転職でした。

当時の僕は、

  • 大学留年
  • 社会人経験2年
  • スキルなし
  • コネなし
  • センスなし

という状況で、しかも26歳と若くもなく、転職活動は大変でした。

この記事では、僕がどのように映像デザイナーに転職したのか紹介します。

目次

転職活動前の準備

やりたいことを具体的に決める

まず、やりたいことを具体的に決めます。一口に映像デザイナーと言ってもいろいろあります。モデラー、アニメーター、コンポジッター、エフェクトアーティスト、モーショングラフィックスデザイナーなど。

もちろんゼネラリストという選択肢もありますが、初心者には学ぶことが多すぎてハードルが高いです。なので、スペシャリストの道を選びましょう。

中途半端にいろんなことをできる人より、1つの分野に特化したスペシャリストの方が需要も高く将来的に生き残りやすいです。

レベルの高い仕事に携わりたい、海外に行きたいというのであれば自分の専門分野を極めるのが近道。また人手不足の職種を狙うというのも一つの手です。

アニメーターなどの花形で人気のある職種は避けて、マイナーだけど需要のある分野に応募してみるなど。とりあえず業界に入れば、後からジョブチェンジすることも可能です。

ソフトを準備する

まずはソフトが必要です。Adobe Creative Cloud、特にAfter Effects、Photoshop、Illustratorは必須です。

また職種によっては3Dソフトも必要で、業界的にはMayaが主流。モーショングラフィックスなら、CINEMA 4Dを使っている会社が多いです。

自分の働きたい会社があれば募集要項を見て、使用されているソフトを確認するのが大切です。

独学で勉強する

基本的に独学で大丈夫です。専門学校に行く必要はありません。社会人の方にとって専門学校に入り直すのは時間もお金もかかります。

まずソフトの入門書を買って基礎から一通り勉強します。そして実践的なテクニックは、YouTubeや専門的なサイトで学びます。

転職活動について

ポートフォリオを準備しよう

未経験でも必ずポートフォリオを作りましょう。ポートフォリオがないと面接にすら行けません。

美大や専門学校に通っていた人にとっては常識かもしれませんが、異業種の人にとっては一番ハードルが高い部分です。

僕も1分ぐらいのモーショングラフィックスの動画を作りましたが、今見るとひどいです。初心者でいきなり凄いのを作れる人はわずかなので、一旦ポートフォリオができたら、とにかく行動です。

ポートフォリオのフィードバックをもらう

できれば、ポートフォリオのフィードバックをもらうえればベターです。それもプロに見てもらうのが望ましいです。

特に未経験で作った場合は、自分では気づかないマイナスポイントばかりの可能性があります。フィードバックをもらい修正して、ブラッシュアップするのが大切。

ただ異業種から転職する人にとっては、なかなかその機会を得るのは難しいです。僕の場合、面接で自分の作品を見せたときに、フィードバックをもらうようにしていました。

いろいろ言われるかもしれませんが、勇気を持って感想を聞きましょう。それを次につなげていけば確実に成功に近づきます。

応募方法や転職サイトについて

映像デザイナー系の転職サイトとして有名なのが、CGWORLDCINRA.JOBです。また、直接ホームページから応募するという方法もあります。

ただ、求人内容を見ても分かるとおり実務経験が求められる場合が多いです。コツとしては、とにかくたくさん応募すること。

未経験だからといって決して引け目に感じる必要はありません。チャンスはどこに転がっているかわかりません。できるだけ多く登録して、可能な限り情報を集める。

未経験者にとっては、運とタイミングも重要です。それを引き寄せるには行動しかありません。

いろんな企業に応募して積極的に活動していると、意外なところにチャンスがころがっているかもしれません。僕の場合は書類選考の通過率は50%以下でした。

仮に面接まで行っても「ちょっと厳しいかな」と渋いリアクションをされるのがオチ。でも諦めずにとにかく探しました。

そしてタイミングが重なり結果的に良い会社に就職できました。なので諦めないこと、これに尽きます。

面接でのアピールポイント

書類選考を通過したら次は面接です。具体的に何をアピールすればいいのか分からない人もいると思います。ずばり未経験ならアピールポイントはやる気と体力です。やる気を証明する1つがポートフォリオです。

クオリティーがどうであれ、作った苦労が感じられる作品であれば、その点を評価してくれる場合がありますし、僕の場合もそうでした。

決してクオリティーが高いとは言えませんでしたが、未経験なりに頑張って作り上げたことを認めてもらい就職につながりました。

そして、映像デザイナーは労働時間が長いです。体力と忍耐力も必要です。そのためには部活やスポーツ、継続してきたことをアピールするのが一番です。

諦めないことが大切

そして最後に、諦めないことが大切です。未経験から映像デザイナーに転職するのは大変です。

書類選考すらなかなか通過できないかもしれません。しかし諦めずに行動し続ければ、僕がそうだったように必ずチャンスはやってきます。

あわせて読みたい
After Effects歴4年が選ぶ。初心者におすすめの本3選
After Effects歴4年が選ぶ。初心者におすすめの本3選After Effectsがあればなんでもできます。本格的な合成からモーショングラフィックス、アニメーションまで。映像制作には欠かせないソフトです。ただ、多機能ゆえに初心...

この記事を書いた人

1990年生まれ | 編プロ→ポスプロ→VFXデザイナー→カナダワーホリ→セブ島IT留学→マニラ現地採用 | TOEIC875 | フィリピン生活・英語学習・日々の暮らしについて書いています。

目次
閉じる