「貧しい人を助けたい」は自己満だったとフィリピンで悟る

貧富の差が激しいフィリピンに住んでいると、貧しい人を助けたいと思うことがある。

日本にいるときはそんなこと思わなかったが、フィリピンに来てリアルな状況を目の前にすると、自然とそういう気持ちが湧いてくる。

で、そのことについていろいろ考えてみた結果、結局自己満でしかないと感じた。

目次

超高層ビルの裏にあるスラム

BGCの高層コンドミニアム

僕が暮らしているのはフィリピン最大の都市マニラにあるBGC。フィリピンで一番綺麗で治安がいいエリア。

大企業の高層ビルが立ち並び、おしゃれなショッピングストリートに、高級コンドミニアムが密集するフィリピンの最先端都市。

日本で暮らしているのと変わらないレベルで、治安が良く住みやすい。

ただ、そんな最先端のBGCを一歩外に出ると、まったくの別世界が広がっている。

たとえば、この写真。

最先端都市BGCと壁ひとつ隔てて隣接するスラム街

BGC内から見た、リアルなフィリピン人の生活というかバラック。

いや、はっきり言うと、スラム。

これがBGCという高級エリアのすぐ横、コンクリートの壁ひとつ隔てたすぐそばに広がっているという現実。

この残酷なまでの境界線をはじめて見たときの衝撃はいまでも忘れられず、これが貧富の差かと痛感。

と同時に、「貧しい人を助けたい」という自分の考えがいかに浅はかだったかも気づく。

この写真をマニラ出身のフィリピン人の友達に送ったところ、スラム街で、まあ外国人が入ったらアウト。

ちなみに、BGCからこのスラム街への入り口には警備員が立っていて、一応だれでも中に入ることはできる。

ただ、今日前を通ったところ「No Outsiders Allowed」と書かれた張り紙がしてあり、部外者は入れないようになっていた。

おそらく、コロナの感染者がこのスラム街でも発生して、人の出入りが制限されている。依然として、コロナの感染者数がハイペースで増加しているマニラ。不思議でもない。

スラムの人と暮らしを理解する難しさ

BGCの道路と高層ビル。左手のコンクリートの壁の向こうに、スラム街が広がる

写真を送ったフィリピン人の友人も、スラムでNGO活動のボランティアをしたことがあるらしい。

その友人曰く、

「スラムにはスラムにいる人しか理解できないような問題がある。それを理解するのは、同じフィリピン人でも難しい。

たとえば、裸足で遊ぶ子たちにスリッパを履かせようとすると、親が激怒する。そういうふうに、簡単に気分を害されたと感じる人がいて、手の施しようがない」

この意見をきいたとき、同じフィリピン人ですら理解できない問題が、日本人である自分には理解できるはずがないと思った。

このスラム街をはじめて見下ろしたときに感じた絶望感と無力感。

「貧しい人を助けたい」という自分の浅はかな考え。

結局、それは自己満だったと気づいた。

ウチとソト

最先端都市BGCと壁ひとつ隔てて隣接するスラム街

このスラム街を見下ろしている自分が立っているのは、BGCというフィリピンで一番最先端なエリア。

綺麗で安全な高台から、スラムでの劣悪な生活を見下ろしている自分。

ウチとソト。

生まれも育ちもまったく違う、外国人である自分にとっては、とうてい彼らの環境や生活は理解できない。

自らスラムに入って彼らと一緒に数年間生活でもしないかぎり不可能だし、自分にはそんな覚悟はない。

「貧しい人を助けたい」という考えは、その覚悟がないかぎり、自己満でしかなかった。

https://number17.jp/konkyuhojin

この記事を書いた人

散歩と写真、コーヒーが好き | 内向的なHSP | 孤独を愛するソリタリー | 油断すると10時間以上寝るロングスリーパー。

目次
閉じる