【HARIO V60 耐熱ガラス透過ドリッパー レビュー】ガラス製で美しい

家で淹れるコーヒーにこだわりたくて購入した、HARIO(ハリオ)のV60 コーヒードリッパー。

コーヒードリッパーと言えばHARIOのV60シリーズ、その中でも今回購入したのは耐熱ガラスを使用した商品。

この記事では、HARIO V60 耐熱ガラス 透過 コーヒードリッパー 01について紹介します。

目次

HARIO V60 耐熱ガラス透過ドリッパー レビュー

こちらがAmazonで購入したV60 耐熱ガラス 透過 コーヒードリッパー 01 ブラック。

様々な種類が展開されているHARIOのV60シリーズ、その中でも耐熱ガラスを使用したのがこちら。

V60シリーズでは、プラスチック製のドリッパーが一番人気ですが、今回購入したのはガラス製です。

早速中身を開封。耐熱ガラス製のドリッパー、説明書、プラスチックの計量スプーンが付いています。

手に持つと重みがあり、重量は260gとのこと。プラスチック製のものより、しっかりとした作りです。

この黒いフォルダーは取り外し可能。

手に持つとしっかりとした重みがあり、重量は260gとのこと。

この黒いフォルダーは取り外し可能。

ガラス製なので、透明感があって美しい。厚みもあるので、重厚感があります。

HARIO(ハリオ)V60 レンジサーバー 360ml クリア

こちらは一緒に購入した、HARIO(ハリオ)V60 レンジサーバー 360ml クリア。

耐熱ガラスを使用しているので、レンジで温め直せるのが特徴。シリコンパッキン付きです。

V60用のサーバーで、ドリッパーを載せるとこんな感じ。

ドリッパーもサーバーも耐熱ガラスという組み合わせで、見た目もシンプルで綺麗。

同じく一緒に購入した、HARIO(ハリオ)V60用のペーパーフィルター。

円すい形

HARIO V60 耐熱ガラス透過ドリッパーの特徴は、円すい形のフォルム。

お湯が中心に向かって流れることにより、珈琲粉に長く触れ、味と香りの成分をしっかり抽出してくれるのがメリット。

スパイラルリブ

2つ目の特徴は、螺旋状のデザインのスパイラルリブ。

ひねりを加えることによって、ペーパーとドリッパーの密着を防ぎ、コーヒー粉がしっかり膨らむのを助けます。

大きな1つ穴

3つ目の特徴が、ドリッパーの底面にある大きな1つ穴。

この穴からペーパーの先端が出ることで、お湯がドリッパーの制限を受けず、よりネルドリップに近い抽出が可能に。

また、お湯がドリッパー内に長く滞留することを防ぎ、素早く注げばすっきりした味に、ゆっくり注げばコク深い味にと、抽出スピードで味を調整できるのがメリット。

ということで、HARIO(ハリオ)V60 耐熱ガラス コーヒードリッパーを使ってコーヒーを淹れてみます。

やはり螺旋状のスパイラルリブのおかげか、豆がいつもより膨らむ気がします。

大きな一つ穴のため、抽出スピードが速い。お湯がするすると、落ちていきます。

お湯を注ぐスピードで味は調整できるので、この辺は好みに合わせてという感じ。

すっきりした味のコーヒーが好きなので、抽出時間が速いのはいい。

あと何と言っても、ガラス製なので美しい。作りもしっかりしているので、手入れもしやすい。

HARIO(ハリオ)V60 耐熱ガラス コーヒードリッパーを買って正解でした。

あわせて読みたい
【HARIO V60 計量スプーン カパー レビュー】銅の輝きが美しい
【HARIO V60 計量スプーン カパー レビュー】銅の輝きが美しい銅の輝きが美しい「HARIO V60 計量スプーン カパー」を買った。銅の輝きが美しい、スタイリッシュなコーヒー粉の計量スプーンです。この記事では、HARIO V60 計量スプー...
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる